2018年01月17日

太茎の水菜

町のスーパーでは野菜は相変わらずの高値で、手を出しにくい状況が続いて
いる。
白菜は価格が少し落ち着いてきた感があるが、水菜、ホウレンソウ、小松菜、
青梗菜や青ネギ、中でも特に、水菜や青ネギの高さには卒倒しそうになる。
いろいろな事情が重なっての高値は仕方がないのだろうが、そんな折の頼み
の綱の豆苗までもが入荷制限が掛かっていると聞いて、いよいよ危機感が募っ
てくる。
こんな時には冷凍野菜を使うのも一つの方法だとは思うが、今まで使ったこ
とがないので、手を伸ばしかけては引いてしまう。


久しぶりにJA牧野の直売所に立ち寄り野菜を購入してきた。
JA牧野で買い物
発見、太茎の水菜。
思わず5束もレジ籠に入れてしまった。
青ネギ、白ネギ、サニーレタス、青梗菜、キクナを各2ずつ、蕪を1で、
計2300円だった。
普段よりは少し高めだが、良心的な値付けをされているのが有難い。

「この太茎の水菜を見たら、そりゃぁ何といっても今夜は水菜鍋でしょ!!」
kiiさんが言い立てる。
水菜1

え〜っ、また水菜鍋にするの?? 
油揚げも豚肉も豆腐も常備はしているけれど、今年、もう三度目だよ!

水菜鍋の一番いい点は飽きがまったく来ないところだよねと、涼しい顔の
kiiさん。
水菜鍋
「細い茎の水菜と違って、鍋にするにはこれが一番旨いね」とホクホク顔で
ある。

「このタイプの水菜、今年は早めに種を蒔いて絶対に作ろうな!」
ハイハイ、しっかり作ってくだされや。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

ラベル:水菜 水菜鍋
posted by けい at 08:21| 奈良 ☔| Comment(4) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

落ち葉を踏みしめて。。。

木々の葉がすっかり落ちて丸裸になってしまった山の庭は、隅々まで陽が差し
込んで気持ちがいい。
ただし、寒くてゆったりできないことを除けばだが。
鬱蒼としていた庭奥の小道もこんなに明るい。
庭奥から見た小道

エビネランに種ができていた。
エビネランの種

ウバユリの種は面白い。
ウバユリの種
風が吹くとヒラヒラ舞って飛んでいく、その様は幻想的だ。
舞い降りた先で根付き、またいい香りを漂わせてくれるだろう。
数年前に北海道から届いたオオウバユリの種はうまく発芽しなかった。
ウバユリよりも豪華なあの姿に憧れていたのだが、、、とても残念だ。

シュウカイドウの種は面白い。
シュウカイドウの種
まるで簪のようで、つい揺すってしまう。

台風の時に倒れていた椿を起こしておいたが、危機感を感じているのか根元
から数本の芽を出していた。
椿の根元から
逞しいものだね。

先日の積雪の際に倒れてしまったダケカンバは、根元にテッポウムシが入っ
ていた。
旭川からお嫁入してきて根付き、ログの傍らで夏の日陰になっていてくれた
のに残念である。
ログの巣箱を利用しているガラたちも止まり木にしていたのに、来春から
困るだろうなぁ。
ダケカンバ
テラスに木陰を作る木が欲しいが、ナナカマドはまだ小さすぎて頼りない
し、さて何を植えようか。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

posted by けい at 05:06| 奈良 ☁| Comment(2) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

多肉ちゃんは元気がない。。。

冬の窓辺に彩りが欲しくて春先からせっせと集めてきた多肉ちゃんだが、
野迫川村の凍てつく寒気にはやはり弱いのか。。。
元気のない品種を優先して室内に取り込んでみたが、留守の際は0℃まで下
がってしまうリビングキッチンで、彼らの姿は痛々しい。
四六時中適温を保てたらこんなことはないのだろうにと、申し訳ない気持ち
でいっぱいである。
多肉ちゃん1

多肉ちゃん2
幾鉢かでも無事に越冬してくれたら嬉しいと、祈る思いでいる。

ところで鉢受け皿だが、いつも忘れてしまうので今回はしっかりメモして
買ってきた。
鉢受け皿
同色、同タイプのものが欲しかったのだが、無かったので仕方がない。
10cm20枚と12cm10枚、これで320円だから安かったと思う。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

posted by けい at 17:49| 奈良 ☁| Comment(2) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

連れ帰った苗のこと

「チェーンソーオイルを買うからホームセンターに寄るよ!」
「ウ〜〜ン、分かった」
「どうぞごゆっくり!」と呟きながら、私はいつものごとく花の売り場へ。

痛そうな棘だなぁ。。。と言いつつサボテンを手にする。
連れ帰り苗1

宿根草はうまく根付いたら値打ちがあるよねと撫子を6ポット。
連れ帰り苗2
品種名は「エレガンスピンク」

来年に期待して残っていた大文字草を3ポット。
連れ帰り苗3
品種は「雪娘」「雪輪」「小夜」

三種12ポットで計750円だった。

「どうして毎回、そういうものを見つけられるのかなぁ」とkiiさんが呆
れている。
「待っているんだと思うよ、連れ帰ってくれる人を。。。」
「たまたまだとしてもだよ、頻繁過ぎやしないか。なんでそんなにうまいこ
と出合えるのさ、不気味だよ」
「失礼だなぁ、そんな言い方」
それにしても、最近は少し出合いすぎなのではないかと、一瞬ゾクッとし
てしまった私である♪

陽だまりでにローンデージーが咲いていた。。。
ローンデージー
あちこちに爆発的に株が増えているので、来春の開花を想像してうっとり
している。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村


posted by けい at 16:39| 奈良 ☔| Comment(2) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

まっくろくろすけ、早く咲け!

多肉のくろすけに花芽が出てきたので大喜びしたのは先月のこと。
くろすけ1
でも、ずっと開花を待っているのだけれど、一向に咲かないのはどうして?
くろすけ2

くろすけ3
蕾の先から赤い色も見えてきたのに、そこからなかなか進まないのだ。
寒すぎるのかなぁ。
室内に取り込まないとダメ?

虹の玉も火祭りもイマイチ赤くならない。
虹の玉

火祭り
寒くなると赤くなるそうで、他所では美しく赤変したものをよく見かけるの
だが、我が家のものはここから先が全然なのだ。
個体差があるのだろうか。

月兎耳(つきとじ)は軒下に置いておいた親株が、まるで霜にあたったかの
ようにペタペタに萎れてしまった。

難しいです、凍てつく土地で多肉と共に暮らすということは。。。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村


posted by けい at 16:16| 奈良 ☀| Comment(2) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

シモバシラの霜柱

ログ前の庭にふっと目を向けたら、ミナヅキの株下に白いものが見えた。
何だろう。。。
近づいてみたら、こんな所にもシモバシラが出張っていたから吃驚。
シモバシラ3
1メートルほど離れた場所には昔の名残で、抜いても抜いてもまた顔を出す
ご一党さんがいるのだが、それほど強いのに移植すると何故か上手く根付か
ないのが不思議だ。
消えてしまっても寂しいので、仕方なく諦めて放っておいたら、こうです
もんね。

愛用の電子フリー百科事典ウィキペディアによるとシモバシラの学名は
「Keiskea japonica」で属名は植物学者の伊藤圭介氏にちなむとある。
日本固有種だというのが嬉しい。
シソ科の多年草で、花は地味系だが枯れた茎に霜柱が出来ることでよく知
られている。
今年10月初旬に咲いたシモバシラの花がこちら。
シモバシラの花
ネッ、地味系でしょ。

シモバシラ1

シモバシラ2
枯れた茎の道管に水が吸い上げられて氷柱ができる。

綺麗だなぁ。。。
シモバシラ4

此処はスズランの住処だし、君たちがあまり増えてくれても困るんだけど、
でもね、抜けないよ。。。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

ラベル:霜柱 シモバシラ
posted by けい at 16:14| 奈良 ☁| Comment(4) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

庭を巡る2

庭奥への小道を辿る。
ゆりかごの中のホオズキを見つけた。
ホオズキ

小道の両脇の木々は努めて大きな枝を切り落としているので、日の当たりが
ずいぶんよくなってきた気がする。
この調子なら本シャクナゲにもいずれ花芽がたくさんつくようになるだろう。

オオバクロモジの近くに見つけたこれは、ひょっとして実生?
クロモジは雌雄異株。
オオバクロモジ?
「このオオバクロモジは雄木なのが残念だね」と言っていたのだが、今年
初めて実を発見して吃驚した。 「君は雌木だったのかい」
この実生はもう数年経っているよね。
気づかないうちに種子を落としていたのだろう。
クロモジか、オオバクロモジか。後者だったら嬉しいなぁ。

ふっと目を転じた先、ヒメシャラの根元にあるのはキチジョウソウ?
キチジョウソウ?
こんな所にも出てきたんだ〜〜

また目を転じて、その向こうに発見したのがカンアオイ。
カンアオイ
此処のカンアオイは全部移植したはずだが、根が残っていたのだろうか。
移植する前よりも増えているのが可笑しい。
こういう発見があるから、この時期の庭巡りも愉しいのだ。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村


posted by けい at 09:29| 奈良 ☁| Comment(0) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

庭を巡る1

クリスマスローズエリアにも落ち葉が散り敷いている。
クリスマースローズのエリア
先日作った小山にも、うっすらと。。。

朽ちかけた落ち葉の下には「はんぺん」と呼ばれる有用微生物の白い菌糸の
塊がたくさんあり、それが山の庭の大切なサポーターである。
土壌も合っているのか、特にこのクリローエリアには「はんぺん」が多い。

手を掛けたいけれど草を引くだけで精いっぱい。
水も肥料も貰えないのに、毎年健気に花を見せてくれる。
「ズボラガーデナー」を自認して久しいが、それでも何とか維持していけ
ているのは、落ち葉や「はんぺん」、朝晩湧く霧のおかげだろう。

最近とてもよく目につくのが実生の子たち。
オモトの実生
ここにもオモトの芽が出ている。

椿も多い。
椿2

草に埋もれていて今まで気付かなかったけれど、こんなに大きく育っていた
ものもあった。
椿1
どんな花が咲くのか見当がつかないけれど、自然交配で、ちょっと変わっ
た子が出てきたら嬉しいなぁ。


山の日の暮れは早い。
我が家は前面道路を隔てた向かいの山が高いので、冬場は午後三時頃になる
と一気に翳り、ズンと冷え込んでくる。

これは、午後二時半ごろ、ログから裏山を撮ったところ。
此処を見ていると、「あぁ、あったかそうだなぁ。。。」
午後二時半

午後三時。
裏山にはまだ日の光が残っているのに、庭の大部分はもうこんな具合だ。
午後三時2

東側には裏山があるので朝の日が遅く、西側にはこの前面の山という訳で
冬場は日照時間がとても短い。
冷えてきたからもう切り上げようか。。。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

posted by けい at 06:37| 奈良 ☁| Comment(2) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

裸木ばかりの庭とイノシシと野菜

支離滅裂なタイトルですが、ご容赦!

一週間前にはまだ枝先に僅かばかり残っていた葉が、もうすっかり落ちて
しまった。
落葉樹が多い山の庭は前面道路から丸見えの頼りなさ。
裸木の庭1
これは敷地の入り口から見たところ。

葉が落ちたので、クラブアップルの真っ赤な実がよく目立つ。
クラブアップル

裸木の庭2
こちらは隣地から撮ったものだが、張り巡らされている防獣ネットが見苦
しい。
グリーンのネットの中で生活している私たちを「無粋だね、まるで檻の中
だ」と称する人もいるが、無粋と言われようが檻と言われようが獣害対策
としてこれだけはどうしても外すことができない。

隣地側の防獣ネットの外には無数の足跡や掘り穴がある。
イノシシ
イノシシがミミズでも探したような。

街へ出る際に見送ってくれたのが裏山のネット際まで来ていた鹿だった。
昼日中でもお構いなしに現れる。
声を嗄らすほどに脅してから出かけたのだが、どこかから侵入されている
かもと帰着するまで心穏やかでなかった。
一応見回ったが無事だったのでホッとしている。

イノシシも鹿もカモシカも野ウサギも、隙あらば押し入ろうとぐるりを窺っ
ている。


野菜が高値で、このところ我が家の台所にはもやしと豆苗がよく登場してい
たが、低価格で栄養があるので庶民のお助けである。
ニンジン、ジャガイモ、玉ねぎは安定していたので助かったが、流石にそれ
ばかりでは飽きてくる。
青菜類も白菜も高くて手が出ないが、JAでも同じような価格帯だろうか。
恐る恐る立ち寄った五條市のJA牧野にて。
購入した野菜類
ホウレンソウ、キクナ、ブロッコリー、白ネギ、白菜、青ネギ、大根各2
ミズナとピーマン各1、これ全部で2000円弱だったからほんとうに嬉し
かった。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

posted by けい at 14:08| 奈良 ☀| Comment(2) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

咲き急がなくてもいいのに。。。

天気予報の雪マークを見ながら、恨みがましく呟いてしまう。
「咲き急がなくてもいいのに、、、」

山茶花も早咲きの椿も毎年どっさりの蕾をつけるのだが、咲ききれず寒さ焼
けして茶色になってしまうのが哀れだ。

「白花のサザンカ」
白花の山茶花1

白花の山茶花2
品種名は解らないけれど、この白はかなり好き♪

ブルーベリー畑の傍らには、すくすくと育って陰を大きくしすぎたので、
やむを得ず切り詰めた山茶花が二種。
どちらも根際から枝を伸ばして再び繁りだしていた。
山茶花・想夫恋
これは「想夫恋」だったと思う。
優しい色調の花が好きだ。
切り詰めると花が咲かないし、だからといって伸びるのは困る。
根を動かすことができないので、挿し木して移動させようと思う。

椿の「初刈り」と同じく年内に咲きだすのがこの椿。
椿
品種は分からないが、やわらかい色合いの花が美しい。
毎年数輪咲いて、そのうちに寒さが来てしまう。
開花を遅らせる、、、そんな学習はしないのだろうか。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

ラベル:想夫恋 椿 山茶花
posted by けい at 09:37| 奈良 ☁| Comment(2) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

多肉ちゃんの花

朝晩はマイナスに下がる日も増えてきた山の庭だが、ログハウスの軒下で
多肉ちゃんたちはとても元気である。(今のところはまだ、、、)
全鉢を室内には取り込めないので、弱いもの以外はビニールを張るなりして
屋外で保護するしかないかと思っている。
優先順位でいけばビニールハウスなどの設置はまだ先の話になりそうなので、
当座はこれで凌ぐしかない。

こんな時期に花が咲く品種もあるのだと吃驚。
何しろ多肉ちゃんデビューしたばかりの初心者だから、なにもかも知らな
いことだらけ。

「火祭」
火祭り

「くろすけ」
クロスケ
どんな花が咲くのだろう♪

「玄海岩蓮華」
玄海岩蓮華
参考図書には「野生は北九州市と下関市のごく一部の海岸線の岩場にしか
残っていないので、流通品を入手出来たら大切に育ててください」
とあった。
うちの子は花は咲いたがそのあとがあまり元気がない。
ハラハラしながら見守っている。

「虹の玉」も「火祭り」も寒さにあたれば真っ赤になるそうだが、我が家の
火祭は全然紅くなっていないし、虹の玉もこんな様子だ。
虹の玉
果たして、紅くなるのだろうか。。。?

冬場の窓辺に緑が無いのは寂しいと集め始めた多肉植物だが、それにしても、
多肉植物に填まっている人が多いのに驚いている。
可愛く寄せ植えなどにして、、、
加齢に負けているとは絶対に言いたくないが、雑草に追われ手を掛ける時間
も限られる上に、センスもなく、私にはとても無理な話。
羨望の溜息をつきながら、多肉の本を眺める。。。


♪ブログ村のランキングに参加しています♪
♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

posted by けい at 17:35| 奈良 ☀| Comment(6) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

木の実を探す♪

そろそろ裸木が目立ってきた山の庭である。
前面道路から丸見えになるなんとも頼りない気分を、これから5か月ほど
我慢しなくてはならない。
落葉樹を多くし過ぎたらこうなるということは解っていたはずだが、それに
しても行き過ぎだった。
常緑の木もあるのだが、目隠しの役にはまったく立っていない。

裸木の庭では鳥の姿がよく見えるから楽しい。
草や木の実にも気づかされる。

「サルトリイバラ」(山帰来)
サルトリイバラ
ナニワノイバラやハトヤバラと並んで鋭い棘に悲鳴を上げるのがこれ。
成長して木々に絡みついているものは何故か雄株が多く、裏山まで行かなけ
れば雌株は見られなかったのだが、最近目に留まる一人生えには雌株も多い
ので嬉しい。
「痛いから切ろうよ」というkiiさんに「ダメ!!」を連発している。
変な性格でしょうか? 好きなのです、サルトリイバラ。

「ツルウメモドキ」
ツルウメモドキ

「ノイバラ」
ノイバラ

「クロモジ」
クロモジ
クロモジも自生が多いが、雌木はとても少なくて雄木ばかりが目立つ。
確認できている雌木は二株しかない(はず)。。。

「サルココッカ」
サルココッカ

「ヒメナンテン」や「クリスマスホーリー」の実は、これから真っ赤に
なってくるだろう。
ヒメナンテン

クリスマスホーリー

これは木ではないけれど、「シオデ」の実が熟してきた。
シオデの実
果肉を取り除き、ポット植えにして発芽を待とう。
三年経ったら少しは大きくなって定植できるかな。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

posted by けい at 06:38| 奈良 ☔| Comment(0) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

ガーデンシクラメン

野菜を仕入れに町に下りた際、ホームセンターに寄る。
私はいつものごとくバーゲンコーナーへ一直線。
ガーデンシクラメン1
「ガーデンシクラメン」が並んでいたので、悩んだ挙句3ポットだけ購入
してきた。

「原種系のミニシクラメン」と呼んでいたけれど、最近はおしゃれにガーデン
シクラメンなどと名付けられているんだね。

ミニのシクラメンは寒さに比較的強いというが、野迫川の寒さに耐えて
くれたのは今までに原種系のうちでも二種だけ。
このようなフリル付きの改良品種は耐えられないかもしれないが、可愛かっ
たのでつい手が伸びた。
ガーデンシクラメン2 ガーデンシクラメン3 ガーデンシクラメン4
窓辺は多肉ちゃんに占領されているし、屋外越冬で大丈夫だろうか?
1ポット税込み100円で安かったといっても無謀すぎたかと、少しばかり
反省している。


♪ブログ村のランキングに参加しています♪
♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村


posted by けい at 19:34| 奈良 | Comment(2) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

紅葉ももう終わり

庭奥への小道を辿る。
庭奥への小道
裸木が多くなり奥まで日が差し込むようになってきた。

庭奥の紅葉、黄葉。
庭奥の紅葉1

庭奥の紅葉3
小道の突き当りから見た様子。

「モミジ」
モミジ

山の庭の紅葉のトリを飾るのはカイノキ。
今年はどんな姿を見せてくれるのだろう。。。

鬱蒼となりすぎた木々の枝などの伐採も続けている。
枝ともいえない太さなので処理にもずいぶん手間取っているが、少しずつ
片付いてスッキリしてくるのが気持ちいい。
今回は育樹園やその周囲の整理、ブルーベリーの徒長枝を思い切って
バッサリ。
思い切りよくし過ぎたきらいもある。。。
まぁ一時は不細工でもそのうち見られるようになるさ。

育樹園のヌシ
育樹園の紅葉1
自生のこの「ケヤキ」は、開拓当初からをずっと見守ってくれた。
今はもう抱えきれない太さになっている。
手前の茶色っぽい葉はナツツバキ。

一番懸案だったのがこの「モミ」
育樹園の紅葉3
細かい葉が美しいのですごく悩んだが、上の段のブルーベリーが陰になって
しまい、日照通風すこぶる悪し。
「仕方ない、切るか」「いや、待って」
取り敢えず下部の枝を伐採して様子を見ることにした。
伐れない私、なのだ。

モミの周囲にあったハナノキや十月桜、バラアカシアの枝をかなり切り落と
し、カリンやニシキギは伐採したのでずいぶん明るくなった。
育樹園の紅葉2

クリスマスローズのエリアが見渡せるようになった。
落ち葉1
どこもかしこも落ち葉だらけ。

落ち葉2
敷地内道路にもびっしりの落ち葉だ。

挿し木床のブルーベリーも真っ赤になった。
育樹園の紅葉4


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村




posted by けい at 07:35| 奈良 | Comment(2) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

ツルリンドウの赤い実

ログハウスの仕様を少し変更するために、もう一本、杉を伐採しなくては
ならなくなった。
ログ内は収納部が少なく、予定では吹き抜けにするつもりだった部分に桁
を入れてロフトを広げようということになった。
といっても畳5枚分ほど広がるだけなのだが、、、
明るいのがいいので吹き抜けには拘りたいが、ロフトが広がるのも使い勝手
がよくなるのでありがたい。
どの杉を伐採するか思案しながら眺めていたkiiさんが、「あの赤いの、
ツルリンドウみたいじゃない?」
薪を用意するための先の伐採の際にすっかり傷めてしまったツルリンドウ
だったから、実を見ることは無理だと諦めていたのだ。

ツルリンドウ
独特のこの色、何ともいえないでしょ?

ふっとその傍らの土手に目をやると、あら、リンドウが、、、
リンドウ
自生のものはほんとうに愛しい。

その上には「これアジサイだよね」
アジサイ
どのアジサイの実生なのか、何年生なのだろうか、どんな花が咲くのか。
庭には自然交配で生まれるものが多いけれど、この子も開花が待ち遠しい。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

posted by けい at 16:41| 奈良 ☀| Comment(4) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする