2018年09月03日

シュウカイドウの赤花と白花

大きな台風が直撃しそうで予報を見聞きするたびに不安が増してくる。

これは昨日の夕方。
久しぶりに眺めた美しい夕焼けだった。
9月2日夕方

こちらは先ほどの空。
9月3日昼
こんなにいい天気なのにと、信じられない思いである。

止まっていた渓からの引き水もやっと復活したのにね。。。
雨も激しくなるそうなのでどうなることか。
渓からの引き水

皆さま、どうぞ気をつけてくださいね!!


シュウカイドウが咲いている。
獣害が少なくなっているのとこぼれ種のおかげで、増え始めたのが嬉しい。
シュウカイドウ赤花1

吃驚するところにまで出張っているのを見ると、ついニマニマしてしまう。
シュウカイドウ赤花3

赤花に比べると白花は控えめなのか、なかなか増えてくれない。
数えられるほどの株数から、数えきれないまでになってくれていいんだよ。
そう思って、エリアも広めに取ってあるのだけれど。。。
シュウカイドウ白花1

シュウカイドウの赤花は葉裏が緑のまま。
シュウカイドウ赤花2
白花は表面は緑だが裏面の赤い筋が特徴。
シュウカイドウ白花2
面白いでしょ♪


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


posted by けい at 13:46| 奈良 ☁| Comment(5) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月31日

晩夏を彩る花たち(2)

花色がだんだん少なくなってきた山の庭。
平地の季節を一気に追い抜く日も近い。

薄暗がりで白いキキョウが咲いていた。
キキョウ白花
白いキキョウも素敵だけれどやはり青が好き。
再び植えたいと思うのだが、最近は矮性が多いのか、草丈のある青いキキョ
ウを見かけない。

抱えきれないほどの大株に育っていたキキョウは今は何処の庭にあるのだ
ろう。
大切にしてもらえていたらいいのだが。。。


「ワイルドオーツ」は地味だけれど存在感が大きい。
ワイルドオーツ
違う場所に種をばらまいたのだが、似たような草が出てきたので喜んでいたら、
成長した姿はまったく違っていたのでガックリ。

「マツカゼソウ」は花としては山の庭で一番小さいのではないかしら?
マツカゼソウ
花も葉も目立たないけれど、微かな風にもゆらりと揺れる姿が美しい。

「洋種サワギキョウ」
洋種サワギキョウ
在来種のサワギキョウを探しているが、なかなか見つからない。

「シキンカラマツ」の実が生っていた。
この形、ほんとうに面白いでしょ?
シキンカラマツ
ままごと遊びに使えそうな。。。

そういえば、レンゲショウマやサラシナショウマはどうなっているかしら?
杣道のリンドウやナデシコも見に行かなくては。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村



posted by けい at 07:24| 奈良 ☁| Comment(6) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月30日

センペルビウム、くろすけ、レウイシアに花が咲いた

多肉植物は半分ほどが極寒を乗り切り、それなりに元気に育っている。
多肉ちゃん

センペルビウムの茎がにょきにょきと伸びてきたので、切って挿してみよう
かなと思っていたらその先に花が咲いていたので吃驚した。
センペルビウムの花
何とも渋い色合いの幻想的な花。
すっかりファンになってしまった♪

「くろすけ」
くろすけ
名前に似合わない(くろすけさん、ごめん!)可愛い花だ。

「桜吹雪」
桜吹雪
蕾は早くに上がってきたのだが、一向に開かない。

「ハガイトリメンシス」
ハガイトリメンシス
先っちょのツブツブ、ひょっとしてこれ、花みたいじゃない?

最終のバーゲンで手に入れたレウイシアは雨に打たれてほとんどが傷んで
しまった。
レウイシア
雨に弱いとは知らなかったから外に出したままにしておいたら、葉がペタペタ
にとろけてしまったのだ。
風防室の屋根の下に置いてあった二株だけは健在で、花を咲かせていた。
うまく冬越しするのだろうかと不安。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村



posted by けい at 07:41| 奈良 | Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

ありがたくない置き土産

台風20号の通過時はたまたま町に居た。
町でも風雨は一時きつかったが、直撃でなかったのが幸いだったとホッとして
いたのだが、、、
日曜日に山入りの際、五條市の知り合いから「すごい風と雨だったよ。野迫川
は大丈夫だった?」と声を掛けられた。
雲一つない晴天の下での快適なドライブが、一気に不安マックスになる。


背の高くなった草花はなぎ倒されているものが多く、敷地内道路は水の道がで
きたようで、えぐられてぼこぼこになっていた。
「また砂利を埋め込まなくてはいけないね」と、この時点ではまだ悲観もせず。

ログに入ろうとして「何か変だよ!」
あららら、白樺が倒れている!
シラカバ1
樹高13メートルほどには成長していたので、ログハウスに倒れ込まなかった
のが幸いだった。
シラカバ2
10株植え込んだものがついにあと一株になってしまった。
それと実生苗が一株。
この地域では白樺は丈夫ではない。
植え込む前に気づけばよかったけれど、何しろシラカバとライラックとスズラ
ンは私の原風景だから、それらに囲まれた生活は夢だったのだ。
もう購入して迄植え込む気は無いけれど。。。
シラカバ3
倒れたシラカバには実もたくさん付いていて、この中からまた実生苗が生まれ
たかもしれないのにね。

タラやヤマボウシなど今回は何故かログハウス周りの木々が多く傷んでいた。
タラやヤマボウシ

60年生の杉の重量ときたら半端なものではないから、その倒木が無かった
のは幸運だった。
ログハウス周りの杉だけは何とか早く伐ってしまいたいものだ。


渓からの引き水は勿論のこと、飲料用の湧水もトラブル。
その修復で滞在時間のほとんどを費やしてしまった。
渓からの引き水

停電も有った様子で、電話やインターネットが使えない状況になっていたのに
は参った。
町なら復旧させるのは簡単なのに、山の通信はケーブル。
Wi-Fiや簡易電波局の機器など4個も繋がっているので、メカにまったく弱い私
は停電のたびに頭を抱えるのだ。
もっと簡単にできないものかなぁ。。。

今回は時間が無いので、全体の見回りや倒れた木々や折れ枝の始末、防獣ネッ
トの点検補修なども次回以降に持ち越す。
庭奥などどうなっているだろうか、想像もしたくない。

ほんとうに有難くない、台風20号の置き土産だった。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 07:50| 奈良 ☁| Comment(8) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

晩夏を彩る花たち(1)

大きな葉のギボウシは全種、とっくに花が終わってしまったのだが、細葉の
ギボウシたちは今が花盛り。
細葉ギボウシ1
あまり目立たないけれど一輪一輪はとても美しいし、全体で眺めるとけっこ
う絵になる光景だ。
細葉ギボウシ2

傍らではエキナセアがまだ咲き続けている。
エキナセア

切り詰めそびれたので、伸び放題のキクイモ。
キクイモ
食用にはしていない。

名前が定かでない。
???

これも。
???
何だっけかが最近多い^^;

ホオズキが可愛い♪
ホオズキ
大分復活してきた様子で、あちこちにこの姿を認めると嬉しい。

山の庭で相性が悪いのはバラ。
何しろ山の庭のあちこちに食用のものがあるので、薬剤を一切使えない。
従って虫食いだらけで上手く育たないのだ。
唐辛子リカーを使うなどして躍起になったことも有ったが、育ちにくいもの
を無理する必要はないとやっと思うに至った。

この山の庭にバラは如何なものでしょうとkiiさんには散々言われてきた
のだが、私も少しは成長したのかな。。。(笑)

園芸種とは相性が良くないが、サンショウバラや野生のバラは元気がいい。
ミニバラもとてもよく育つ。
ミニバラ1

ミニバラ2

ゲンノショウコの白花はブルーベリー畑の中に有ったが、草刈りの際に
kiiさんに切られてしまったようだ。
ゲンノショウコ赤花

草むらにモナルダ。
モナルダ赤花
「私はちゃんと此処にいますよ!!」と言われているようで後ろめたい。
来年は早めに草を処理するからね!!

ログハウスの前庭にある白花のモナルダ。
モナルダ白花2

まじっと眺めたら、美しい姿だね。
モナルダ白花1

そういえば、パープルやローズのモナルダが咲かなかったなぁ。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 06:17| 奈良 ☁| Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

ナツズイセンや草抜きのこと

ナツズイセン(夏水仙)はリコリス・スクアミゲラ、リコリスの早咲き種。
リコリス・スクアミゲラ1

花が少なくなった季節にこの花色はとてもよく目立つ。
リコリス・スクアミゲラ2
ようやくこれだけ増えたけれど、此処のナツズイセンはもっと一面に広がっ
ていたのだった。

ポッカリと空間ができていることに気づいたのは数年前。
アッ、また盗られたな。。。
それまでに盗られたものは結構多くて、キキョウの大株、ピンクの一重シュ
ウメイギク、八重の白花シュウメイギク、水仙がかなり多種で多数、オーニ
ソガラム・ウンベラタムが一群れごっそり、リコリスの遅咲き種も多種など
など。

2メートル高さのネットを張り巡らしたのは獣害防止のためだけではなく、
このための対策でもあった。
檻の中で暮らしているような情けない気分になる時も有るけれど、だが、
それ以降盗難が少なくなったのは事実。
また、駐在さんにも相談して、見回りを強化してくださったのは有り難か
った。

うちの庭とまったく同じものたちが植えられているのを見かけて吃驚する
ことが有るが、証拠が無いので何も言えない。。。
今後は防犯カメラの設置も考えたほうがいいのかもしれない。
そういうことをしなければならないというのが、ほんとうに哀しいけれど。

さて、気を取り直して、此処は一番最初に植え込んだ上のリコリスの親元。
リコリス・スクアミゲラ3
薄暗い木陰をポッと明るくして咲いているのを見ると、気持ちが和らぐ。


夏季休暇後半はkiiさんは草刈り、私は草抜きと、ひたすら草と格闘して
いた。
ツル草に覆われていたタカノハススキとアジサイをやっと救出した。
草抜き1

同じくツルに絡みつかれて埋もれていたダリアには花が咲いていた。
ダリア
ダリアの芋はどれも枯らしてしまったが、この種だけは寒さに強いのか植えっ
ぱなしでも大丈夫だったのが不思議。

同じ場所にあったラムズイヤーは瀕死の状態で、復活は難しいかもしれない。
ユウスゲとトクサは辛うじて生き延びていた。


自分の背丈よりも高い草たちを払い引き抜き奮闘すること丸二日、やっと土
が顔を見せた。
こんな難儀を避けるために早め早めの手当てをと毎年思うのだが、見積もり
が甘くいつもこんなことになるとぼやいたら、kiiさんに慰められた。
「山に居る日は雨、晴れた日は町で仕事が入っていたし、仕方がないよ」
多分8月いっぱい掛かっても庭全体を整理しきれないだろうなぁ。。。
草抜き2
此処は一面がハイブリッド種のブルーベルのエリア(↓)。
雑草の根と共に抜かれてしまった球根を見るとかなり太っている。
来春が楽しみだ。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村



posted by けい at 18:54| 奈良 ☁| Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

寒いです!

今朝のこの寒さは何だろう。。。

夜中にkiiさんが窓を全部閉めているのを夢うつつで聞いていたが、明け
方、ノースリーブでむき出しの腕が冷え切っていて震え、目が覚めた。

8月18日午前6時の気温
午前6時、13℃!!
日中はまだ暑いのだが朝晩のこの涼しさ、紀伊半島のど真ん中だけれど、
これが此処の特性なのだ。


夏季休暇の前半は寝込んでしまい、いざ動きはじめたらしょぼしょぼと雨。
今になってようやく梅を干している。
梅を干す
もうガンガンの日照りではないが、雲の流れを眺めつつ日向を見つけて移動さ
せながら。。。

梅が実るのが遅い分、梅の土用干しが今になってしまう山ではいつも仕方がな
いことだが、陽差しが弱いのが気に掛かる。
天気も変わりやすいので、今年は三日干せるだろうか、、、


山椒の実を摘んで、粉ザンショウ用にしている。
山椒の実
皮をむいてしっかり乾かし、ミルで粉末にする。
子供たちが好物なので、これは全て娘宅行き。
結構手間がかかる細かい作業で肩こりが厳しいが、喜ぶ顔を思い浮かべてコツ
コツと作業している。

取り出した種は、今回は敷地奥にばら蒔こうと思う。
手を入れにくい敷地奥なら山椒だらけになってもいいかなと。。。(笑)


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村



posted by けい at 06:46| 奈良 | Comment(0) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

暫しご無沙汰いたしました

11日午後には山の家に帰ってきたのだが、夏季休暇になったことで気が緩
んだのかバテが出て寝込んでいた。
昨年の熱中症救急搬送も町から山に戻ってから起こしたので、用心深くなっ
ている。
久々に頭痛も体験しそれがなかなか消えないので、10年ぶりぐらいに頭痛
薬を服用した。

カラカラの山は谷からの引き水も敷地奥の湧水も枯渇気味で、雨が待ち遠し
い。
それでも草だけはすくすくと伸びているのだから、まったく嬉しくない。

ミナヅキがますます大場を広げ、白さも増している。
ミナヅキ1

ミナヅキ2
今年のミナヅキはほんとうに見事だと見る度に思う。



♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

ラベル:ミナヅキ
posted by けい at 06:01| 奈良 | Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

エキナセアがたくさん♪

庭には昔からの桃花とホワイトスワンしかなかったのだが、どちらも獣害の
ためにズタズタにされていた。
昨年あたりからやっと復活して増え始めたから嬉しい。
そこに最終バーゲンで手に入れた株たちが仲間入りしたから、ムスカリエリ
ア全体がエキナセアだらけになっている。
春と夏、今のところは喧嘩せずに上手にすみ分けてくれている。
エキナセア1

エキナセア2
従来庭にあったのがこの二種。
最近は多種が登場しているようで、吃驚する色合いのものもカタログで見た。
(植えたいと思うかどうかはまた別の話で。。。)

ムラサキバレンギク(紫馬簾菊)、パープルコーンフラワー、エキナケアと
も呼ばれる。
花期が長く暑さにも寒さにも強い、山の庭にバッチリの植物だと思っている。

古くから根を噛み砕いて咳止めや喉のただれなどに用いたそうだが、 近年は
免疫を高め感染症に効果があるとも言われているそうな。
天然の抗生物質とも呼ばれて風邪の初期症状などにも効果があるそうだが、
まだハーブとして利用したことは無い。

新たに仲間入りした株たち。
エキナセア3

エキナセア4

エキナセア5

エキナセア6
「バウワウ ワイルドベリー」「バウワウ ホワイト」と名札がついたものも
有ったが、どれがどれか定かでない。

見惚れていて、全体の写真を撮りそびれてしまった^^;


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


posted by けい at 08:28| 奈良 ☁| Comment(0) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

城ケ崎、ミナヅキ、柏葉アジサイ、アナベル

洋種のアジサイで一番好きなのはミナヅキ。
ミナヅキ2
この一株で畳4枚ほどの大場を取っている。

ミナヅキ1
挿し木で増やしたいと思っているけれどなかなか難しい。

柏葉アジサイ
好みから言えば、ミナヅキに次いで柏葉アジサイだろうか。

アナベルは、、、
アナベル
定植されずに挿し木床で元気だ。


我が家の西洋アジサイたち。。。
西洋アジサイ

西洋アジサイ2
西洋アジサイは前面道路沿いの土手にわずかに残っているが、マムシが恐い
のでこれ以上近づいて撮る勇気がなかった。

我が家の濃い青の西洋アジサイたちは最近いい顔を見せてくれない。
復活してくれたら嬉しいのだけれど。。。
そういえばウズアジサイやカメレオンも咲かなかったなぁ。


今年のアジサイたちのトリは「城ケ崎」
城ケ崎の青は澄んでいてとても美しい。
城ケ崎1

城ケ崎2



♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


posted by けい at 07:20| 奈良 ☀| Comment(4) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

ユリが咲いている

昨年春先にカモシカが侵入してヤマユリやカサブランカをバキバキ食べてく
れた。頼んでもいないのに。。。

球根が残っているだろうから再び芽が出てくるか、それとも咬み痕から水で
も入って傷んでしまったか、気にしていたのだがめでたく再起組が幾つか。

「サーモンスター」
サーモンスター1
この品種は芽が出るのが少し遅いので、昨年も獣害を免れていた。

今年は花芽がたくさんついている。
サーモンスター2
「サーモンスター」の横に出てきたユリ、ヤマユリだったらいいねと言って
いたのだが、「これだけ背が高くなるのだからカサブランカじゃないの?」
とkiiさん。
そういえば、「ピンクウィッシュ」という可能性もありだよね。

咲いたらやはり「カサブランカ」だった。
カサブランカ2

カサブランカは一株だけが復活したと思っていたら、ツル草に倒されながら
あと二株が咲いていた。
カサブランカ1
嬉しいなぁ。。。

カサブランカを起こしながらふっとその下を見ると、ややや、ひ弱な茎が二
本、この場所にあるユリといったらヤマユリではない??
草を払って日照をよくしてやれば完全復活するかもしれない。
ヤマユリはまだ三株ほどあった筈だけれど、探索してみなければ。。。

ゆり根の芽が出たものを植えておいたら、コオニユリのような花が咲いた。
コオニユリ
この冬はゆり根を買わなくてもいけそう??

所用があって村に出た際に道端で発見したヤマユリ。
ヤマユリ
花は切られる恐れはあるけれど、根は金網の中だから多分無事だろう。
猿もイノシシも頭の黒い二足歩行の動物も手を出せないに違いない。
来年も出合えますように!!


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村



posted by けい at 07:42| 奈良 | Comment(4) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

草や木の花たち

日々追われているうちに、7月も早や終わり。
時間を持て余す生活よりはマシだとは思うが、もう少し余裕をもって過ごし
たいものだ。
びっしり書いた山暮らしの予定表は、今年も予定倒れで終わってしまいそう。


さて草や木の花たち。
「ホタルブクロ」
ミニ菜園で繁茂していたので整理したのだが、完全に抜けていなかったらし
く未だに小さな花を咲かせている。
ホタルブクロ
赤花はもう終わってしまったが、この色合いは好み。
日本スズランのエリアに忽然と出現した。
もっと増えてくれていいのだが、控えめすぎるのである。
ホタルブクロ赤花

ヤブカンゾウは春先の芽吹きがヌタに最高で、我が家では食べられる山野草
のトップ10に入る。
花も食べられるそうだが、苗をもっと増やしたいので今はまだ観賞用にして
いる。
ヤブカンゾウ

バーゲンの最終価格で6株手に入れたナデシコ、確か品種名はエレガンス。
ラベルの花では派手な印象があったが、咲いてみると意外にしっくりくる。
ナデシコ1

ナデシコ2

敷地奥へと辿る杣道にも自生のナデシコが数株有ったが、そろそろ咲く頃だ
ろうか。
見に行かなくては。。。


シモツケはあまりに増えるので邪険にしていたら、源平は細り、白花は消え
黄金シモツケも哀れな様相になってしまった。
シモツケ赤花
白花が消えてガッカリしていたが、今年一株だけ発見。
シモツケ白花
白花が好きだなぁ。。。

シキンカラマツはどっとこ、どっとこ生息エリア拡大中。
シキンカラマツ1

シキンカラマツ2
増えてくれるのはいいのだけれど、思いがけない場所まで出張るのはちょっ
とね。
一番好きな所に根付くのだろうけれど、そう思うと移植もしにくいし。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村



posted by けい at 08:02| 奈良 ☁| Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

ギボウシいろいろ

獣害が少なくなってからというもの、庭の草花が生き生きとよく育つように
なってきたのだが、中でもギボウシには唖然とさせられている。

まるで“ギボウシばっかり”の様相を呈してきたのだ。

植えた場所も名称も最初はきちんと記録していたのだが、もう入り交ざって
何が何だか分からなくなってしまった。

これは山の庭で一番小さなギボウシ。
ギボウシ01

「寒河江」これは判る。。。
寒河江01

芽が出たときは可愛いと思うのだが、花が咲くころのこの大きさには降参!!
寒河江02

どのギボウシも芽出しの頃は可愛いでしょ。
ギボウシ02-1

今はどこもかしこもこうですもんね。
ギボウシ02-2
特に細葉のギボウシときたら、凄まじい勢いなのだ。

ギボウシ03

ギボウシ04

ずいぶん以前に植え込んだのだけれど、なかなか育たなかった品種。
ギボウシ05-1

ギボウシ05-2
株元にも小さな芽がいくつか出ていた。

此処には匂いギボウシ「タマノカンザシ」を植えたはずなんだけれど、花には
あまり芳香がない。
ギボウシ06-1

ギボウシ06-2

ギボウシの花って涼しげだから好き♪
ギボウシの花02

ギボウシの花01


これ、オオバギボウシの花だったかなぁ。
ギボウシの花03
勝手にこんなところに出てきても困るんですけどね。


昨年、バーゲン苗を見つけて植え込んだもの。
名前は付いていなかった。
購入苗

思いがけない場所に出てきた実生苗。
実生苗
どのギボウシのお仲間かしら?

ギボウシはまだまだたくさんありすぎて、、、
「マイッタ」と言いながら顔はほころんでいる。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


posted by けい at 16:15| 奈良 ☀| Comment(0) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

ナツツバキとサツキ?

ナツツバキが真っ盛りで、毎日楽しませて貰っている。
庭にはナツツバキの系統が多数あり、ナツツバキ自体も7株。

実生苗が親株に負けじと成長しているので、ただでさえ鬱蒼としている庭が
ますます暗くなっている。
この時季の緑陰は有り難いが、草を引きに入ろうものならブヨと蚊の猛攻を
受けることになる。
おまけに昨年罹患して恐れをなした熱中症がある。
朝晩はこの二日ほど涼しく凌げているが、日中は流石に紀州の太陽が燦燦と
降り注ぎ、この地にしては珍しい連日の猛暑である。
命のほうが大切だと草はもう放りっぱなし。

皆様も、くれぐれもご自愛ください!!


さて、赤い←印がナツツバキ。
ナツツバキ1
どれもこれもがこんな樹高なので、花が遥か遠くにしか見えない。

ナツツバキ2

ナツツバキ3
ぷっくりした蕾も可愛いでしょ。


育樹園の見回りをしていると、一番遅咲きのナツツバキの花が丁度手頃な位置
にあった。
ナツツバキ4


今年は一輪しか咲かないと嘆いていたら、その一輪が異常に早かったのか、
これが正常なのかしら。。。
今頃咲くなんて変だ変だと言いながら、でも咲いてくれて嬉しい。
サツキ
葉の細かさからサツキだと思っているけれど、しっかり図鑑を見てみなくては。



♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


ラベル:ナツツバキ
posted by けい at 09:10| 奈良 ☀| Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

ヤマアジサイ・その2

「剣の舞」
ポキンと折れそうな華奢な枝のとても小さな苗だったから、育たないかもと
思っていたが、意外や意外、これほど大株になるとは思わなかった。
剣の舞
同じ時に植え込んだ「七変化」よりも危ぶんでいたのに、、、
その「七変化」はとっくに消えてしまった。

「剣の舞」の傍らには「ワイルド・オーツ」も負けじと草丈を伸ばしている。
ワイルドオーツ
もうすぐひらひら簪を見せてくれそうだ。

「三河千鳥」はお気に入り。
三河千鳥1

三河千鳥2
これも例年のような濃い青が出ていない。

紅色に変化するアジサイはどれも好みだが、一番好きなのはこの「紅ガク」
ベニガク1

ベニガク2

ベニガク3

「クレナイ」は本体が枯れてしまった。
挿し木苗も根付かなかったとガッカリしていたら、一株だけが健在だった。
クレナイ
日陰にひっそり、葉も虫食いだらけ。
大事にして増やさなくては。。。

さて「紅てまり」のこと。
咲きはじめは真っ白でとても美しいが、紅が綺麗に出ないと先日書いた。
紅てまり1
ほらね、、、紅が出るころにはいつもこんな状態になるのだ。
紅てまり2
何が原因か判らないけれど、可哀そうだよね。
気候的に合わないのだろうか。

さて、自生種。
自生種1
年々株を大きくしているけれど、名前はまだない。

今年初めて見た自生種。
自生種2
薄暗い育樹園のコゴミの葉に隠れるようにひっそりと咲いていた。
儚げな色合いが何とも美しい。
発見したのはkiiさんで、けっこう得意満面だった。

敷地内を歩けばそこここでアジサイの実生を目にするようになった。
咲いてのお楽しみというのが「せっかち姉や」には苦になるが。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


posted by けい at 14:29| 奈良 | Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする