2014年06月19日

キウィの花が咲いたよ

バテバテでダウンしていた間にSeesaaのメンテナンスも完了したようで、
「奇怪な文字が表示される」などということが再び起きませんようにと願っている。

バテバテの原因は二日間にわたる山側の防獣ネットの点検補修、その後山椒の実を
摘み、欲と二人連れなどと言いながら少し頑張りすぎたようだ。
やはり年々鍛え方が甘くなっているのか、このぐらいへっちゃらだったのにと悔しい。
決して歳のせいにしないところがいじらしいでしょ?(笑)

やっとキウィの花が咲いた。
キウィ
キウィに関してはまだ素人なので、どれが雄花でどれが雌花かもさっぱりわから
ないけれど、二株ともたくさん咲いているからうまく受粉できていそうな気がする。
キウィ
ねっ、すごい花でしょ!!
実ったら嬉しいなぁ。。。

花をもっと間近で撮りたかったが、マムシが怖くてゆっくり構える気分ではなかった。
カメラもストを起こすし、、、

キウィの雄木の根元から新芽が出てきた。
雄木の新芽
元気がいいね!!

サルナシも齧られなかったおかげですくすくと伸び、初めて花芽を付けた。
サルナシの花芽
花を見たかったが、多分もう咲いてしまっただろうね。

昨年埼玉に行った折に、伸びすぎたブラックベリーの枝を何本か持ち帰った。
小切って15本挿し木し、3本は枯れ12本が健在でこの春定植したのだが、
幾つか花が咲いた。
ブラックベリー
垣根にしようとログ上の敷地にずらりと植えたが、これが全部育ったら大変な
ことになりそうだと言いながら、顔は笑っている。

posted by けい at 07:36| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 果樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

キウィ棚を作る

週末の作業は懸案のキウィ棚作り。
気は急くけれど、雪や多忙でこの冬の作業も進捗状況は極めて悪し。。。
早や3月で、予定表の案件は一向に塗りつぶすことが出来ず、かなり焦っている。

棚が出来る前に成長してしまったキウィをあっちこっちに動かしながらの作業は
スムーズに進まない。
キウィ棚1

暖かさに誘われるように蝶がひらひらと舞う。
蝶
君、君、まだ少し、早すぎるんでないかい?

キウィ棚2
初日は支柱の足元の整備などにも手間取り、これで終わってしまった。
此処にはミョウガやセリ、ワサビなどがあるのだが、この時季は芽が出て
いないから救出も出来ず、それぞれの生命力に期待するのみ、である。

翌日曜には昼ぐらいから雨の予報。
土曜日のポカポカ陽気とはうって変わって、凍りついているから冷たいの何の。
それでも、雨が来る前に頑張らなきゃね。
キウィ棚3

キウィ棚4
昼過ぎに2メートル×6メートルのキウィ棚が完成した。
キウィちゃん、しっかりしているから、どっさりぶら下がっても大丈夫だよ。
単管を塗装するかどうかで、kiiさんとは意見の合致をみていない。

ところで知人から貰ったサルナシの苗。
kiiさんは同じ仲間だからキウィ棚の片隅に植えておけばいいんじゃない?
というのだが、そういう安易さでいいのかなぁ。。。

私は、キウィ棚で手が必要なときはkiiさんの手元に走り、それ以外は
敷地内道路脇のアケビやウツギの伐採。
私の作業1
一番日当たりがいい場所を、ウツギやアケビに占領されているのは勿体ない
ものね。
此処にはポポーや杏を植えたいと思っている。

伐った木や枝を燃やしたりと走り回っていた。
私の作業2

夕方になると腰も痛むしヘロヘロで、買い込んだ食材もこなす気になれない。
買い物
こうなると料理は完全に手抜きです。
手抜き料理
ボタン海老を揚げ、ひらめは刺身に、アサリはガラガラで。。。
アサリのガラガラってアサリと春キャベツが美味しいこの季節の我が家の定番。
塩コショウとニンニク、タカノツメ、酒だけで最高のスープになるのだ。
水はいっさい入れない。
キャベツは丸々一個ぐらい平気で食べられるから不思議。
手抜きのガラガラが一番美味しいってどういうことよね?

追記:アサリのガラガラの作り方
メチャ大雑把で、さすが山賊料理と唖然とするような代物ですよ!(笑)
1.アサリは下処理をしておく。
 キャベツは大きめのザク切り、タカノツメとニンニクは適宜に。
2.大きめの鍋を用意し、少し熱した鍋にアサリを放り込む。
3.アサリが開く音がしたらニンニクやタカノツメも放り込んで寸時蓋をし、
 そこに酒とキャベツを入れ、塩コショウをして再度蓋をする。
4.キャベツが少ししんなりした加減で、蓋をしたまま数度ひっくり返すように
 上下に動かし、その様子から我が家で付いた名前が「アサリのガラガラ」と
 いう訳。
5.全体に味が馴染んだら食べごろだけれど、火が通り過ぎないように注意されたし。

春キャベツとアサリから出るスープが実に美味しくて、この季節だけしか味わえ
ないから、我が家では週に二回は必ず登場している。
飽きないから不思議!!
キャベツは多すぎるかな?というぐらい入れても大丈夫です。

posted by けい at 20:00| 奈良 | Comment(10) | TrackBack(0) | 果樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

カリンを摘む

カリンが一個落ちているのを見て、、、もう摘まなきゃね。
木が大きいのと足元が頼りないのとで、カリン摘みはkiiさんのお役。
高枝バサミの登場である。
でも、手伝いに行こうと思ったらもう収穫は完了していた。
カリンの木は4株有るのだが、実が生るのはこの一株だけ。
他の株は花は咲けども実は生らず、なのである。
カリン
虫入りや疵ものやいろいろだが、これが今年の収穫。
少し追熟して香りが出てきたら漬け込む。

昨年のノンシュガーのカリン酒もいい色になっている。
喉を痛めたくはないが、これだけあれば一冬は安心かな。
そのままで、或いはホットにして生姜や大根の搾り汁を加えていただく。
カリン酒やかりんシロップ
左脇は喉の弱い娘や子どもたちに送ろうと作ってみたカリンの砂糖漬け。
どんな味になっているかと少し舐めてみて、思わず「うんまい!!」
カリンの味がぎゅっと出ていて、とろ〜りとして香りもいい。
帰宅したkiiさんにも「ほら、ほら、美味しいでしょ!!」

今年のリクエストは蜂蜜漬けだが、蜂蜜でもこういう味わいが出るのかなぁ。
カリンが足りたら、砂糖漬けも作っておこうかな。

煮ものの予定がない日でも、無料の熱源があると何かを作らずにはいられない。
お弁当の漬け物代わりに、また、お助け大根を作った。
お助け大根
梅干を入れるのを忘れたせいか、気が抜けた味。

室内が温もるとゴソゴソ登場するのは、テントウムシ。
テントウムシ
カメムシは大騒ぎして掴まえるけれど、テントウムシはお構いなしなのよ。

ミナヅキの花や葉が無くなっていたので吃驚。
ネットinネットも無理やり乗り越えた形跡有り。犯獣は鹿かカモシカ。
ミナヅキ
外周を見回ったら一ヶ所弱くなっている所が有ったが、すかさず入り込むのだ
から油断も隙もない。

谷口屋のおあげ、後日談
近所のスーパーにも、週一の入荷らしいが越前の大油揚げが登場してきた。
谷口屋さんのものではないが、少し安価なので参考のためにと早速一枚
求めて焼いてみた。
一口頂いて二人とも同時に「・・ウン?」
余りにも違う食感と味わいに、「谷口屋のお揚げさん」には、やはり価格なり
の値打ちはあるという結論に達したのである。

揚げさんから繋がって、「ところでさ」とkiiさん。
外食したときなどね、けいさんって価格にそこそこ見合った料理のときと、価格
以下だったときと、価格以上の値打ちがあったときと、反応がすご〜くハッキリ
しているよね。
え〜っ、普通そうじゃない??
確かに、食い意地が張っているせいか、価格を裏切られたときの腹立たしさと
きたらかなりのものがある。
でもさ、自覚していることをわざわざ指摘されたくないものだよね。。。

posted by けい at 19:45| 奈良 ⛄| Comment(12) | TrackBack(0) | 果樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

ブルーベリーやキウィや実いろいろ

ブルーベリーがなかなか熟さないのを不思議に思っていたら、なんのことはない。
一番生りの大玉はヒヨドリ軍団のお腹に収まっていたらしい。
ブルーベリー1
声をたてず密かに啄ばんでいたらしく、まったく気付かなかったのだ。

頭にきた!!
ネットを掛けようと思ったがあいにく在庫を切らしていたので、不要CDを
ぶら下げて一時しのぎ。
ブルーベリー2
大して効果はないだろうと思いつつ様子を見ていたら、これが結構効いている
ような。
長年に蓄積した不要CDはたくさんあるが、この効果もヒヨが慣れるまでのこと
だろうが。。。

さてキウィ。
たくさん雌花が咲いたけれど残念ながら雄木の花ががなく、ほとんど落ちて
しまった。
辛うじて数個が何とか実っているのだが、それが少しずつ大きくなっている。
キウィフルーツ1
ずっと上のほうにも一個。
キウィフルーツ2
食べられるようになるまで大きくなるのだろうか、いつ落下するかとハラハラ
しながら見上げている。

月桂樹の雌木に実が生っている。
月桂樹の実

ムカゴも実りだした。
ムカゴ

シオデの実
シオデ

これはシオデの実に似ているけれど山ウドの花。
山ウドの花
天ぷらにしようか、酢のものがいいか、サラダにする??

posted by けい at 18:40| 奈良 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 果樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

花梨を漬ける

カリンは全部で14個しか採れなかった。
(12個だと思ったが14個あった)
台風12号の影響も大で、落ちたものが多い。
数が少ないけれどその分少し大きめ。
でも足りない。。。
カリン酒にも足りないのだから、ジャムにしようと思えばもっと欲しい。
大きくなぁれ、実をつけろ。。。と、各カリンの傍らで呪文を唱えてみた。

カリン

子供たち用のシュガー漬けは、マスコバド糖を山に忘れてきたので已む無く
グラニュー糖で代用した。
カリン酒
大人用にはノンシュガーのリカー漬けが二本。
二本ではかなり寂しい。
なるべくお世話にはなりたくないが作っておかなければ不安なのだ。
それもじっくりと熟成させたいから、カリンがたくさん欲しいという訳。

これは昨年漬けたもの。
昨年のカリン酒
いい色になっているでしょ。
私は甘いお酒は苦手だから、最近作っている果実酒は全部ノンシュガー。
(あっ、でも甘いお菓子は嫌いじゃないですよ!)
エキスも充分出ているし、とても美味しい。
これに生姜汁をたっぷり入れ熱いお湯を注いで飲む、これが私にとっては
風邪の特効薬なのだ。

じつは、今日は早速お世話にならなきゃ。。。

ラベル:花梨 カリン 風邪
posted by けい at 16:17| 奈良 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 果樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

柿・グミ・花梨

花梨は二種四株もあるのだけれど、まともに実が生るのは一株だけ。
他の株も花が咲いてはいるのだが、なかなか実を持ってくれない。

花梨は風邪の初期症状や喉を痛めたときに、私には最高の薬。
ひどい咳が長引いて辛かったときに、ノンシュガーの花梨酒で治したのだった。
以来、絶対に手放せない我が家の必須の一つになっている。
絶対に、という点では「梅のエキス」もそう。
「花梨酒」と「梅のエキス」にはお世話になりっぱなしだ。
カリン
今年は実生りが悪く数が少ないが(12個)、その代わり大きそう。
私用にはノンシュガーのリカー漬け、子供たち用は砂糖漬けにする。

野迫川村は冷え込みがきついので甘柿が育たない地域。
暖冬傾向で辛うじて渋柿が育つ程度。
下枝の葉や実は食べられてしまうが、届かないところにわずかばかりの実が
残っている。
柿を摘む
22個、、、数えられるというのがなんとも侘しい。
渋柿22個

干し柿にする
干し柿にして子どもたちに送ろう。。。

傍らでは椎茸を干している。
椎茸を干す
自家製椎茸なら言うことがないのだが、残念ながらこれは買ったもの。
来春は我が家の椎茸も顔を出すかと大いに期待しているのだが。

さて、秋グミ。
アキグミ1

アキグミ2
昨年は裏年だったのかまったく実らなかったが、今年はまたどういうこと?
どの枝にもビッシリとたわむほどに実っている。

「摘もうよ」「エ〜ッ、摘むの?」
「ジャムが面倒なら果実酒にしたらいいじゃないのさ」
アキグミ3
幾ら熟してもグミには渋さがある。
その渋さが熱を通すと消えるのは不思議だ。
でも、ノンシュガーの焼酎漬けであの渋さは消えるだろうか?
アルコールで柿の渋を抜くのだからいけるのかもしれないね。

このアキグミだが、こんなに渋いのにこれが好きな虫も居るのだ。
蓼食う虫も好き好き、判らないでもないけれど、この小さい実の中で生息して
いる幼虫を見たときはかなりゾッとした。

ラベル:渋柿 秋グミ 花梨
posted by けい at 21:00| 奈良 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | 果樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

アケビの花とヤマブドウ

つる性の植物はバラとクレマチスや、ヤマブドウ、スイカズラ系以外は庭に置き
たくない。
育って欲しいものは成長が緩慢で、藤やアケビなどは恐ろしい勢いで伸びる、
伸びる。。。
植物が蔓延って家を飲み込んでいくシーン(昔、映画の予告編で見た気がする)
を思い出してしまう。

人が手を入れなくなった山は藤が席捲しているが、向かいの山も藤が目立ち始め
ていて、端から見ている分にはロケーションがいいので歓迎だが、複雑な思いが
ある。
わが山庭に関していえば、アケビのほうがかなり勢力は大きい。
「どうしてこんなに伸びるのよ。。。」
縦横無尽に走り回り、草引きの際につい引き抜こうとして腰を痛めたり・・・。

花は可愛い。特にこの赤花がなんともいえない。
アケビ赤花

白花
アケビ白花

ミツバアケビの花は地味系だが、気付かないうちに終わっていた。

昨年はアケビの花は咲いたものの、長雨で実が付かなかった。
今年はどうだろうか?

たいして美味しいものでもないが、あのほんのりした実の甘さと皮のほろ苦さ
は秋に欠かせないもの。

ヤマブドウ
ヤマブドウ
婿入りの雄木さんがしっかりし始めたら、実の持ちもよくなるだろうと期待
している。
なかなかいい姿でしょ。

*********
帰宅したkiiさんが言った。
「明日、菅内閣の不信任案が採決されるんだってさ」「ほんとう?」
「ニュース、聞いてないの?」「ウン、今日はラジオをつけてなかった。。。
でもさ、いったい何考えてるのん? アホ違う!?」

怒りがこみ上げてきて、今夜のマーボー豆腐は相当に辛かった。
kiiさんはヒイヒイ泣いていた。

国の危急存亡の時に何を考えてるの?
今は一致団結して事に当たらなきゃならないときでしょ?
自分たちの党利党略ばっかりじゃないの。。。
どこを向いて政治してるのさ!!
良識ある国民の大多数がそんな非常識な様子をじっと見ていることを、少しは
自覚して欲しい。
それとも、良いも悪いも判らない馬鹿ばかりがこの国の民だとでも思っている
のか。
現政権を支持しているわけではない。
でもね。。。

現首相を引き摺り下ろして、さて、その代わりに立てられる人物が居る??
現政権の対処が手ぬるいというけれど、じゃぁ自分たちがどれだけできた??
それに声を大にして言いたいね。

原子力を推進してきたのは誰?
国の赤字を此処までふくらませてしまった張本人は誰?
この悲惨な現状を招いたのは誰?

posted by けい at 20:15| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 果樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

洋ナシ、ブルーベリーなど

ブルーベリーの花が咲き出した。
雪折れで被害が大きいから今年の収量はあまり望めないが。。。
ブルーベリー

フサスグリは久しぶりに花を見た気がする。
フサスグリ
4株ほどあるのだが、地味で目立たないから気付きにくくてね。

クラブアップルは旬を逃してしまい、あの可愛い蕾からを見ることができなかった。
残念。。。
クラブアップル

洋ナシのラ・フランスは花盛り。
どの枝も、はじめてというぐらいのたくさんの花付き。
洋ナシ
清楚で美しい花を飽かず眺める。
受粉樹が枯れてしまったので実はつかないかも。

果樹苗
受粉樹用にと幸水を買ってきた。
20世紀梨が好きなんだけれど苗が手に入らなかった。
ついでに南高梅も一本。「あるでしょ!」と厭言を言われながらね。(笑)
あとは花香実が手に入れば、梅の実付きも万全になるかな。
しかし、桃栗3年柿8年からいけば、梅はすいすい13年、梨のオオボケ
18年とか言うでしょ。
ハァ〜、わたしゃ、もうこの世にいないかも。。。

まぁにゃさんにいただいたポポーの木。
何本かは鹿に食べられて回復不能だが、一番大きかった苗が何とかもって
いる。
ポポーの葉
絶対に、食べたらアカンよ!!
posted by けい at 20:30| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 果樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

梅いろいろ

梅が満開である。
朝晩はまだ冷え込んでいるが、日中晴れると暑いぐらいで、虫たちも元気に
飛び回りだした。
実をたくさん漬けられるように、ミツバチたちよ、がんばれ、がんばれ。。。

一番手は紅梅だった。
紅梅1

紅梅2
花期が長いのは嬉しいが花梅の系統なので実が少ないのが残念。

白加賀
今年はどの木もよく咲いている。
白加賀

少し頼りないのが豊後梅。
豊後梅

藤五郎も花付きがよくなってきた。
藤五郎

咲き分けのまま経年しているこの梅は八つ房。
咲き出したばかりだが、花付きは極めて悪い。
八つ房
白梅の枝のほうは実もつけず花も情けない有様なので、やはり切ろうかと思う。
と言ったら来年はたくさん咲くかも。
一本の木で紅白というのも捨てがたいと、揺れている私なのだ。

全体の実の生りはどうだろうか。。。
きつい霜に見舞われさえしなければ、今年は白加賀に少し期待できそうだが。
無農薬安全印の梅干と梅のエキスを子どもたちに届けられますように。。。

桜はまだかいな。。。と、これが今の思川桜。
思川桜
この桜が咲いてはじめて春を実感するという、我が家の標準木。
GWには開花するかな。
でも後半しか行けないのよね。
お花見はできるかな。。。
posted by けい at 19:30| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 果樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

かりん酒のその後

カリン酒とマスコバド糖漬けのその後をご報告。

いい色になってきたでしょう?
かりん酒とマスコバド糖漬け
カリン酒は一年は寝かせるほうがいいそうだが、待ちきれずに使ってしまい
そう。
なるべく風邪を引かずに、長く長く置きたいものだが。。。

マスコバド糖漬けのほうはいい感じになってきた。
蓋を開けるとほのかな香りが漂う。
そろそろ子どもたちのところへ送ることが出来そう。
喉を痛めたときには助けになることだろう。
これ、豊作のときは我が家用にも作りたいと思う。

来年はたくさん実るといいなぁ。
今年のような異常気象はもう勘弁して欲しいものだ。
posted by けい at 06:30| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 果樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

かりん酒を作る

今年はカリンも不作だった。
カリンの花はたくさん咲いたが晩霜が影響して、結局実ったのは9個だけ。
4株もあって収穫が9個というのはかなり情けない。
花梨
少なくて嘆いているのにこれが留守の間に落ちて腐ってはつらいと、貴重品
扱いで収穫した。


一ヶ月ほど前のことだが、何気なく見たTVに釘付けになった。
大人の咳喘息が最近多いそうで、咳き込みだしたら止まらない症状をはじめ
として私が時々起こすものとそっくり。
私が初めて罹患したのは9年前だった。

「慢性剥離性好酸球性気管支炎」
好酸球が気管支を傷つけ。。。と詳しいことは省くとして、今年の春も足掛け
3ヶ月咳が止まらず、飲みつけない薬で体調をすっかり崩し、カリン酒主体で
ようやく治したという経緯があり、私にとってはカリン酒様様といいたいぐらい
なのである。

10日ほど追熟させていたが大して変化なく、中身が傷んでしまっても困るの
で漬けてしまうことにした。
カリン

我が家のカリン酒はノンシュガー。
これがまた美味しいのだ。
カリン酒を作る
甘味が欲しいときはお湯で割って蜂蜜などを垂らせばいい。

冷暗所で保存する
カリン酒は春に切らしてしまったので、こういうのを5本は作っておきた
かったのだが仕方がない。。。
ひと瓶はマスコバド糖で漬けて子どもたちに送る。(左のもの)

来年のカリンに大きく望みをかけ、木々を見上げては念を送っている。
想像すると恐い?(笑)
posted by けい at 20:54| 奈良 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 果樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

ブルーベリージャム

いくらイノシシに泣こうが喚こうが、立てた予定は一部なりともこなさねば
ならぬ。。。
気を取り直し、薪オーブンに火を入れて、私は夜更けにジャムを煮る。
かき回しているうちに、怒りの炎は次第に静まってくる。
ブルーベリージャム

今夜のジャムはとびっきりの美味しさ。
ブルーベリージャム
スズメバチのおこぼれとは思えない。
かき回し方につい力が入ったのか、これはイノシシ効果??

今年のブルーベリーは収穫が遅れた上に収量も状態もよくない。
異常だった気象が影響しているのだろう。
スズメバチの襲来も痛かった。
ブルーベリー
早や寒さが忍び寄り、完熟するまでに至らないので早めに摘んで追熟する。
生食にはもう適さないのでこれは週末にジャムにする。

薪オーブンが常時稼動する季節が目の前。
ピザとパン作りを楽しむ日々がまたやってくる。
ブルーベリージャム入りのベーグルはkiiさんの大好物なのだ。
posted by けい at 21:59| 奈良 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 果樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

果樹も受難の年

今年は果樹も哀しいほどに成績が良くない。
まぁ、こんな年もあるのだろう。。。

アケビの実成りがひどく悪い。
五葉アケビはほとんど生っていないし、ミツバアケビに申し訳程度の2個。
どうしたことだろう。
花はたくさん咲いたようだったが、長雨がひびいているのか。。。
ミツバアケビ

ミツバアケビの傍らの芝栗も、ほんとうに少ないネ。。。
シバグリ

カリンも不作で今のところ落ちずに残っているのはたったの7個だけ。
4株もあるのに7個とは呆れる。
カリン

食べられるものになるだろうか?
ゴルフボールよりは大きくなった洋梨のラ・フランス。
洋梨1

洋梨2
10本の苗を植えて、生き残ったのはこの一株だけという気難しさ。
それでも此処まで育ったのだからヨシだろうか。
花粉を貰って受粉も出来たことだし、これから先、夢は持てるかもしれない。
受粉樹を育てなければと思う。

鹿に新芽を食べられてしまったから無理だろうと思っていた渋柿に、一個
だけ実が生っている。
渋柿が一個
貴重品のこの一個も多分鳥さんのお腹に入るのだろう。

ブルーベリーは蜂の襲撃を受けて散々だし、なんともお粗末な山の果樹園
のお話。。。
posted by けい at 13:00| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 果樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

クラブアップル黄金丸と洋梨の今

たま〜に寄るHCの園芸コーナーはかなり充実していて、思いがけないもの
を見つける楽しみがある。
この日出合ったのが「クラブアップル・黄金丸」
クラブアップル黄金丸
「こがねまる」と呼ぶのだろうか、ネーミングがイマイチしっくり来ない。
いかにも野暮ったい感じがしない??
でもまぁ、この実の大きさに惚れ込んだ。
「これがあれば他のクラブアップルの受粉にもいいと思うわ」
kiiさんも渋々頷く。
ゆうちゃんとさっちゃんのクラブアップルにいいかもと聞かされたら、
引けないものね。(笑)
クラブアップル黄金丸
もっと鈴なりの株もあったけれど、幹の荒れが気になってこちらにした。
うまく育ってくれたらいいな♪

ところで洋梨。
洋梨
実は成長している様子。
これって袋を掛けたほうがいいのでしょうか?
また掛ける時期はどのぐらい大きくなった頃でしょうか?

洋梨の結実には受粉が大切だと、今回改めて思い知った。
受粉のために梨の苗を探しているが、なかなか思うものに出合えないで
いる。

****************
この記事は予約投稿です。

24日は野迫川村の「村内一斉クリーンキャンペーン」
要するに草刈りとゴミ拾いの日。
kiiさんは暑い中、奉仕活動に参加する。
お昼はきっと素麺だね。
早朝の集合なので、前日は早めに野迫川入りする予定。
都合で帰阪が延びるかもですが、その節はよろしく!
posted by けい at 08:00| 奈良 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 果樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

果樹いろいろ

気にかかっているのが洋梨のその後。
洋梨
実が大きくなっているようだが、このままうまく育ってくれるだろうか。

ブルーベリーは相変わらず生育旺盛。
ブルーベリー

bb06-b.jpg
ブルーベリー畑ではミツバチや花アブたちが飛び回っている。

ミツバアケビを見ようと敷地奥まで上がったが、花はとっくに終わっていた。
ミツバアケビの葉
ミツバアケビは葉っぱだけ。

その傍らのムベは復活の兆し。
情けない姿のムベ
何度も食害されて、なんという哀れな姿か。
幾らでもあるアケビは食べないのに、なぜ鹿どもはムベが好きなのだろう?

ポポー、これは憧れの果実。
ポポー
栃木からお嫁入りしてきた可愛い子たち。
元気でスクスク育っている。
皮細工のような渋い花をこの目で見ることが出来るのは、いつ頃になるだ
ろうか?

北海道の子、ヤマブドウも健在である。
山ブドウ
昨年は実が落ちてしまったが、今年は何とか熟果を見たいものだ!!

長い期間夢と楽しみを与えてくれるから、果樹ってほんとうにいいね。
posted by けい at 12:00| 奈良 | Comment(8) | TrackBack(0) | 果樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする