2018年09月17日

伐採とブルーベリー摘み

伐って積んで、伐って積んで、kiiさんはひたすら頑張っている。

台風で倒れたり捩れたりした木を優先して処理しているが、ついでにその周
辺の整備も行っているのでなかなか進まない。

敷地内には夏椿が七株有ったので、育樹園にある一株も今回伐り倒した。

一本ずつ枝を落とすのだが、太くなっているので結構厳しい作業だ。
伐採1
切り落として引き出してきた枝を、薪や焚き付けにできる部分と処分するもの
に切り分ける。
伐採6
積み上げた枝葉の山がまた大きくなっている。
大変だなぁ、この処理。。。

伐採4

一本の枝のこの長さ、半端じゃないでしょ。
伐採2

草花を傷めてしまうので、此処まで小さくしてから最後の伐採をする。
伐採3


クリスマスローズのエリアが育樹園から見渡せるようになった。
伐採5
ついでに夏椿の傍らにあったリキュウバイと土佐ミズキ、紅花サンザシも剪
定して小さくしたので、英彦山ヒメシャラがよく見えるようになった。
上々だね!

私も手伝おうとして出るのだけれど、夜半に咳き込みが酷くなるので、NO
を突きつけられている。

「ブルーベリーを摘んでおいでよ!」
ブルーベリー
エリアの半分だけを摘んできた。
計3.1キロ。
今年はスズメバチが少ないのだが、それでも飛来しているのでそこそこは食
べられている。
雨が多かったので甘みが薄く裂果も多い。
この時季の裂果は初めての体験である。
完熟して落ちてしまっているものも有り、結局大きなザル程度(2キロほど)
は損失だ。
食べられたり裂果したり落ちたりしたものは大実が多い。
相次ぐ台風とその後の雨、片付けで追われているうちに、勿体ないことをし
てしまった。



♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


posted by けい at 10:02| 奈良 ☁| Comment(6) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月14日

そろそろ復活しなくては。。。

台風の後始末がたくさん残っているのに、停電が解消した途端にホッとして
気が緩んだのか、大風邪に見舞われてダウンしている。
何とも情けない話だ。
私のアキレスけんは喉、また今回も痛みと長引く咳に悩まされている。

kiiさんは風呂釜を修理し、倒れかけている木々を伐採し、薪を作りと頑
張っている。
風呂釜はまさか直せるとは思わなかったので、吃驚した。
試行錯誤の末にうまく点火したときは思わず拍手。
山奥では修理に来てもらうのにも時間と経費が半端ではないので、ほんとうに
助かった。

雨が多いので思うように動けず、空を見上げてばかり。。。
シラカバの伐採1

シラカバの伐採2

薪作り


積み上がっていく木々の枝。
これはごく一部。
まだ敷地内には折れ枝が多数落ちている。
処分を待つ折れ枝多数
この処理は私の役目だが、まだ体調が万全ではないので稼働はもう少し先にな
りそうだ。

台風後に見つけたもの
台風後に見つけたもの2 台風後に見つけたもの1
左は水が溜まったバケツの中で息絶えていたムカデ。
右は山のナメクジらしいがその大きさに吃驚した。
ムカデはまだしも、この巨大ナメクジは気持ちが悪い!!


先日所用を果たしがてら町に下りて野菜の高騰に慄き、結局大したものを仕
入れずに帰ってきた^^;
こんなときはあるものでやり過ごそうと、ミニ菜園のクウシンサイ、ヒユナ、
シシトウをチビチビ摘みながら暮らしている。

昨夜はこの秋初めての鍋にした。
山の夜はもう鍋でもちょうどいいぐらいの気温になっている。
ハモ鍋
メインはハモ、その他は有り合わせの食材しかないが、痛む喉に鍋が優しかっ
た。

ヤマボウシの実が赤くなり、カケスが突っつきに来ている。
ヤマボウシの実
鳴き声が喧しいのが難だが、つい眺めてしまう。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村

posted by けい at 10:36| 奈良 ☁| Comment(4) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

停電のその後

関西電力は7日には全面復旧というが、果たしていつになることか。
村の対応からそう判断して、7日午後4時過ぎ、急遽、緊急避難の準備をす
る。
もうすぐ暗くなるので大慌て。
冷凍庫の中はかなり傷んでいるものも有り、無事なものだけを引き上げる。


ニュースもまったく目にしていなかったので、新聞を見るまで北海道で大き
な地震が起きていたことも知らなかった。
地震や台風、豪雨など、各地で大きな災害がとても多いが、日本列島はいっ
たいどうなっているのだろう。


久しぶりに電気のある生活を二晩送り、充電も万全にして、9日再び山の家
に戻る。
まだ停電が続いているだろうと予測して、1.7キロの板氷を4パック買い込
み、電池も多めに仕入れてきた。
板氷

電池いろいろ

試しにと、山の家に着いて電灯のスイッチを入れたkiiさん。
「あれっ、電気が来ているよ!!」

村役場までは6日午前5時50分に開通している。
その後その奥が優先され、枝線の我が家は9日の午後、5日ぶりに電気が繋
がった。
冷凍庫にはまだ一片の氷もできていず、冷蔵室も生ぬるかったので、繋がっ
たばかりだったのだろう。

水とガスは心配ないが、電気のある生活が当たり前になっているから、5日
間の停電は厳しかった。
でも、各地でまだ停電が続いている所も有り、なんとか一日も早く復旧しま
すようにと心から祈っている。


電灯が点いて、気持が和らぎほんとうに有難いと思う。

さて、今日は台風の後始末、倒木の整理も始めようと意気込んでいたが、ま
た雨になっている。
あれほど乾いていたのに、一度降りだすと雨ばかり。

kiiさんは台風で壊れてしまった風呂釜を直そうと頑張っている。
風呂釜修理
うまく直るといいのだが。

今回はいろいろと考えさせられることが多かった。
発電機も有るのだがもう20年も使っていないので、稼働するかどうかが判
らない。
ランプやランタンなどは必ず用意しておかなくてはと思う。
万全にしていたつもりだが、もっともっと自衛手段を考えなくては、この
山奥では暮らせない。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村



posted by けい at 16:15| 奈良 ☁| Comment(2) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

台風21号とその後(2)

5日以降のことは、言いたいことはいろいろあるがあまり思い出したくもな
い。
関電への電話はまったく掛からず、村からも何の情報もなく、なす術なしの
状況が続く。

通信の手段が途絶えているのだから何とも仕方がなく、何度か五條市大塔町
で収集に努める。
天川村の数か所で土砂崩れがあり、送電元がそちらなので大塔町の一部(坂
本周辺)と野迫川村全域が停電になっていたそうだ。

村の知人宅に寄ると6日の午前5時50分には点灯されたというが、我が家
には来ていない。
村民からの情報では我が家の500mほど先で電線が垂れているそうな。
断線
この先でも数か所、倒木があり電線に凭れ掛かっていた。
こういう状況も知らずに、5日の関電の担当者はトンチンカンなことばかり
言っていたのだから腹立たしい。


電話を借りて関電に何度目かの通信を試みるが、7日には全面復旧の予定だ
と伝えるのみ。


7日になっても工事の車は入らず、近所の人からの「一般人には無い緊急の
ルートを持っているから村に電話したほうがいい」とのアドバイス有り。

やっと使えるようになった公衆電話だが、虫だらけで不気味。
それも繋がったり切れたりと安定しないが、とにかく他人様を煩わせること
なく連絡できることが救いだ。
不気味な公衆電話

村に電話すると第一声、「電気は繋がっていますよ」とのこと。
うちのほうは来ていないと伝えると一瞬の間の後に、担当者を見に行かせま
す。関西電力にも連絡しますので」とのことだった。
こちらからも関電に掛けると40分程待ってやっと繋がり、トーンは落ち気
味だが7日には全面復旧の予定だと言うのみ。

夕方まで何の動きもなく村からの連絡もなく、再度あの汚い公衆電話から村
に電話する。

関西電力殿
7日には奈良県下40000所帯の停電が4000所帯
にまで減っているやに聞く。
この時点ではもう作業工程なども分かっている筈。
混乱を生むばかりの、ごまかしや希望的観測などで利用者
に対応して欲しくはない。
正しい情報を伝えて欲しい。


野迫川村殿
本線の奥がまだ工事ができていないので、枝線は後になる
とのこと。
こういう情報は一般の電話では教えてもらえない。
ということはうちはいつになることか。
「本線が優先なので少数派の枝線は後になる、我慢しろ、
災害時なのだから」
というならその少数派に村が救済措置を講じてもいいのでは
ないか!?
関電のそういう状況が分かった時点でなぜ知らせてもらえな
いのだろうか。
そのぐらいの配慮があってもいいのではないか。
何しろ枝線で後回しになるのだから。

私は、災害という緊急事態が引き起こした停電に対して怒っ
ているのではない。
少数派の枝線だからと後回しにされることに怒っているので
もはない
その後の対応に怒っているのだ。


これは関西電力にも言いたいことだが。。。
いついつまでは回復不能だとはっきり知らされたなら、自身
の処し方を模索できるではないか!

通信手段を求めて町に下りる、或いは充電先を探すことがで
きる。
冷凍庫の食品などを抱えて緊急避難することもできる。
道路は無事なのだから宅急便で送ることも、角氷を買い求め
に山を下りることも可能だ。
中途半端でいい加減な情報をただ与えられるだけではつらい。

緊急事態で大変なことは理解しているが、ある程度回復した
のちには、できるだけ正しい情報を伝えていただきたいと思
うのだ。


災害もしばしばあるけれど、野迫川の自然は好きだ。
「でも、野迫川村の体質はやはり変っていない」
そう再認識させられている。



♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村



posted by けい at 09:59| 奈良 ☔| Comment(12) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風21号とその後(1)

台風21号は強烈だった。
南から激しく吹き付ける風雨に、ただ行き過ぎるのをひたすら待つ時間の長
いこと。。。
4日一時過ぎに停電。
2時40分ごろ一瞬風が止み、その後にゴウッとうなり声のようなものが聞
こえ、北の裏山側から吹き返しの風がログハウスをきしませる。
頑丈に造られているログハウスが揺さぶられるなど初めてのことだったので
吃驚する。
我が家は北面を山に守られているが、いつぞやの台風で吹き下りた突風が杉
を折り倒したことがあり、その恐怖が蘇ったのだった。

その後数時間で風雨は弱まったが、夜8時ごろからの稲光と雷の饗宴、間断
なく降り続く激しい雨には生きた心地がしなかった。
2011年の秋に、1000ミリを超える雨量を記録したあの時の降り方と
酷似していたから。
二時間ほどで雷も去り小降りになってホッとしたが、まんじりともしない夜
を過ごしたのだった。
台風21号(1)
飲料水50リットルとロウソクや懐中電灯は用意してあったが、暗闇の中な
ので手探り状態。

翌朝の様子。
ログハウスの横の小さな谷を流れる水。
普段は伏流水になっている。
台風21号(3)

なぎ倒された木々多数。
後始末にどれほどかかることだろう。
台風21号(4)
敷地内通路の片側を突風が吹き抜け、この側は大方が早や秋が来たように葉
が黄変してしまった。
台風21号(5)
なんでこんな所まで??
台風21号(6)
吹き飛ばされたキウィ。

台風21号(2)
前面道路の向こう側にある渓流。

災害時なのだから停電は仕方がないが、冷蔵庫、冷凍庫も数日が限度、通信
手段がゼロというのには参った。
情報が全く入らないので何度も五條市大塔町迄下りて収集する始末。

村の本線にある地域は6日の午前5時50分に通電されたが、4、5、6、
7、8日と我が家の停電はまだ続いている。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村



posted by けい at 08:08| 奈良 ☔| Comment(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

逆走台風と野菜のこと

東から西へと進路を取る逆走台風というのは初めて??
週末の予報は最初とは大きく異なり、台風12号は近畿南部を直撃する大荒
れになりそうな。。。
土曜の夜遅くから日曜の明け方に最接近というが、今夜は山に帰ることがで
きないのでヤキモキさせられている。

風向きはどうなのだろうか?
じつは南からの雨は恐怖なのだ。
開口を多く取り、しかもサッシは苦手という私は木枠に拘り、それがために
南からの降り込みには少し弱いログハウスなのだ。
そういう雨は滅多にないことなので、その際には防御策を講じていたが、今
回はその手当ができない。
明日は日帰りで様子を見に行こうと思っているが、さてどうなっているだろ
う。。。

局地的には息苦しくなるほどの猛烈な雨が降るという予想もあり、、、

前回、水害や土砂災害で大きく被災された地域も進路に入っている。
これ以上、被害が拡大しない様にと祈るばかり。



早生のブルーベリーが少し摘めたのでおやつにする。
早生は僅かしか植えていない。
早生のブルーベリー
我が家のブルーベリーの本番は8月中旬以降なので、待ち遠しい。


週の初めにJAに寄り野菜を仕入れてきてよかった!!
JA牧野にて
昨日、町のスーパーで野菜の価格に目を剥いた。
先の大雨の影響は予測していたが、それにしても、、、
唖然茫然として、言葉が出てこなかったのだ。

この台風も影響して、食卓事情はますます厳しいものになるだろう。
買ってきた野菜とミニ菜園のチビチビした青物を、大事に食さなくてはと思
っている。
冷凍野菜を利用するという手もあるが、某国産は怖くて使えないし。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


ラベル:ブルーベリー
posted by けい at 08:16| 奈良 ☁| Comment(2) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日

この涼しさはなに??

連日の猛暑に悲鳴をあげている。
埼玉県熊谷市では昨日、過去最高の41.1℃を観測し、災害レベルと称され
たような。

町よりは数℃低いというものの、山の暑さも例外ではなく、夕刻の室内で
30℃などというのは、週末開拓民を始めてから初の体験である。
陽が翳ると気温が急激に下がるのが常の山としては、考えられないことだ。

雨も極端に少なく、渇水が目前ではないかと危機感を募らせている。
異常な豪雨に襲われる地域も有り、少しは雨が欲しい地域も有り、複雑な
思いになる。

それが。。。
連日の猛暑にヘロヘロになっていたが、今朝のこの涼しさは何だろう!?
7月24日午前6時の気温
ノースリーブの腕が寒さを感じているのだ。

今日も日中は半端ない暑さになるだろうことは予測できるが、この冷涼感は
最高の賜りもの。

山奥の過疎の地を称する言葉は枚挙にいとまがない。
「関西の軽井沢」「奈良県の北海道」「奈良県のチベット」etc.

冬場は雪と凍てが厳しいが、エアコンも扇風機も不要の夏の涼しさがこの地
の特性だった。
例年なら当たり前のこの涼しさが今年は賜りものだと思えるのだから、如何
に厳しい年なのかと実感させられている。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村

posted by けい at 06:54| 奈良 | Comment(4) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

梅の実を摘む

長雨で山の外仕事ができず、晴れると本業も忙しくなり、従って山は草ぼう
ぼうの荒れ放題になっている。
今年は草には早や敗北宣言を出してしまった私である。

たまの休みはやるべきことは満載だが、とりあえず優先事項から片付けなきゃ
と梅の実を摘む。
土用干しの頃にやっと収穫なのだから、感覚がズレること甚だしい。

白加賀はたくさんの花が咲き収穫を期待したが、思ったよりかなり少ない。
豊後梅は小粒だがそこそこの収量があった。
梅の実を摘む
右のザルが豊後で7キロ、左が白加賀で2キロ弱、計9キロほど。
少ないけれど無農薬安心印の梅干しが今年も漬けられるのは嬉しい。
数日追熟したら塩漬けにしよう。

梅のエキスが作られるようになるのはいつのことだろうか。
期待の南高梅の苗木はカモシカに食べられてしまったし、先は遠い。

梅を摘んだ後はひたすら草を刈る。
草刈り1

草刈り2

草刈り3

私は鎌を持って菜園上の土手の草刈り。
シオデやササユリ、山椒の実生などがあるので刈払い機に入って貰う訳には
いかないのだ。
以前に刈られてしまったカラスウリは今年も出ていなかった。。。
うらめしや〜〜

さて庭の草抜きはどうする??
敗北宣言は出したけれどこのまま放っておくわけにもいかないよね。
ちまちまと抜いていられないほどの草の量に慄いている。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


posted by けい at 07:36| 奈良 ☀| Comment(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

お詫び

雨の被害が大きいですね。
その広がりに胸が痛みます。
被災された方々の救済を一刻も早くと祈らずにいられません。

*****************

先行して書いてあった「もち麦と十六穀米」が手違いで16日付のまま
アップされてしまい、日付の訂正もきかず、削除しても消えません。
やむを得ず、このままにしておきますのでご容赦ください。
posted by けい at 05:52| 奈良 | Comment(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

雨ばかり。。。

各地に激しい災害をもたらしている豪雨は、なかなか弱まる気配がないです
ね。
被害が広がっている様子に胸が痛みます。
被災された皆様には心からお見舞い申し上げます。


「近畿地方は土曜の午後には弱まる」との予報に期待していたけれど、また
延びたようで、どうやら明日も雨らしい。。。
水曜日からこちらずっと雨で、空を見上げてはため息をついている。

以前、土砂ダム災害を起こすに至った1000ミリを超える豪雨の際は、強
い雨が間断なく降り続いたが、今回は小降りになるときもあり、そこが救い。

敷地前の小さな渓流はごうごうと音立ててはいるが、それほど増えてはいな
いようだ。
敷地前の渓流

晴れている日は町で仕事があったし、山に居る日は雨ばかりで、今年は間が
悪く蛍は見られなかった。
昨夜雨が小降りの時に、木々の先にチラリと見えた気はしたが、それだけ。

風防室に入ってきたこの虫、カミキリ虫みたいだよねとパチンと叩こうとし
たらkiiさんが慌てて制する。
「蛍に何するのさ!!」
蛍

蛍ってこんなだったっけ?と図鑑を見たら、確かに!


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


ラベル: 豪雨 ホタル
posted by けい at 14:07| 奈良 ☔| Comment(2) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

セリを摘んだら何にする??

旬のものを摘んでそれで夕食を作る、そんな生活を理想としている。
今日はセリを摘んできた。
何にしようかな。。。?
白和えかナムルにしようか、、、
そうだ、食材は全部あるので豚すき鍋にしよう!!
セリが入ると美味しいよね。
セリ

セリも好きなもののひとつだが、クレソンを育てたいと思う。
パセリとクレソンはバリバリ食べたいぐらいに好きなのだ。
ログハウス前の小池は飽和状態だし、何処かにせせらぎを作るのがいいのだ
けれどね。
これに関して、kiiさんからはコメントが返ってきていない。

雨の日はスギナを粉末にする。
粉茶にしていただくのが我が家流で、このほうが飲みやすいような気がする。
スギナ茶

年代物のミキサーで粉末にするのだが、もう手に入らないという代物で、刃
が焼けてしまうので連続して大量に作ることができない。
最近のミキサーは刃が切れやすいがうまく粉末にはできず、ミルなどでは少
量ずつしか作られないという難点があり、古いミキサーが壊れてしまったら
どうするか、頭が痛い。

雨が降る前に買ってきた苗を植え込み、種も数種蒔いておいた。
苗はネギ苗や京野菜だという山科唐辛子(伏見唐辛子と似たようなものだろ
うか)、青シソやバーゲンになっていた辛味唐辛子も三株。
辛味唐辛子というのが???である。
唐辛子なのか、辛いシシトウのようなものなのか。
辛いシシトウが大の苦手のkiiさんは恐々としている。
野菜苗

食べられてしまい落ち込んでいたアシタバに小さな芽を見つけた。
胡瓜も二株は葉が出てきた。
うまく育ってくれたらいいのだけれど。。。


3日の日曜日のこと、知人が川湯温泉への一泊旅行の帰りに立ち寄ってく
れた。
嬉しかったのは奥方に初めてお目にかかれたこと。
息子さんご夫婦も同行されていて、飾らない、気持ちのいいご一行に心が和
み、楽しいひと時を過ごすことができた。

その際にお土産に戴いたのがこれ。。。
もうで餅
「名物に旨いものあり、もうで餅」
新宮市珍重庵のものだが、素朴な味わいがとても美味しかった。

ジャバラのジャム
じゃばらのジャムも美味しそう!!
有難うございました♪
次回はゆっくり時間を取ってお訪ねください!!


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ

にほんブログ村

posted by けい at 07:43| 奈良 🌁| Comment(2) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

ついにやってきた。

所用でこの数日、日中は留守にしていた山の家だったが、昨日帰宅して愕然
とした。

畑を見回りに行ったkiiさんが大声で呼んでいる。
「何かが入ってるよ!!キュウリの苗が食べられてる」
獣害2

最初に買い込んだ苗がこれ。
野菜苗1

先週ミニ菜園に植え込んですくすく育っていたのだが、キュウリは全滅、トマ
トも一部齧られてしまった。
ピーマン類は苦手なのか、いっさい手を、いや、口をつけていなかった。

足跡は鹿かカモシカか。。。
大きさを見ると、まだあまり大きくはない感じだ。
獣害1

すぐ傍らには美味しそうなユリの芽が出ているのに見向きもされていない。
ユリの芽

ミツバ
獣害3
この場所の三つ葉は舐められたように食べられていた。
他の場所の三つ葉はどれも健在だから助かったけれど。

流石にセロリとパセリは臭くて嫌だったのかな、食べられてないよ。
獣害4

でもよくよく見たら、パセリは齧られていた。
獣害5 獣害6
斜めにスパッとしたこの齧り痕はいったい何ものだろう。

一番痛手だったのはアシタバとコシアブラ。
アシタバは今年になって大きく育ち始め、この調子ならこの夏はアシタバの天
ぷらを食べられると喜んでいたのだ。
コシアブラは自生していたものが枯れて寂しく思っていたが、新たに三株が出
てきたので、いつかはバターライスを戴けると楽しみにしていたもの。

花たちが健在だったので気づくのが遅くなり、薄暗くなっていたが慌てて道具
を持ち、見回り点検に行く。
防獣ネットは全長250メートルもあるので二人で手分けして。。。

どうやら以前に入られた前面道路沿いの崖のずっと上、一番高い所から入った
らしく、体重をかけて押し入ろうとしたものかネットがたるんでいた。
見下ろすと道路からの高さは10メートル以上もあるようだ。
「ワッ、怖い!!」
こんなところを上ってくるのは、やはりカモシカかもしれない。

花たちが総なめにされるまでに、さほど時間はかからなかったことだろう。
早めに気づいてよかった。

「今回は野菜シリーズだったんだね。グルメな獣だね」
「脆弱な部分を探すのは天才だね」
「呆れるよなぁ。よくあんな急斜面を上ってくるよ」
「美味しいもののにおいがする、早く食べたいと必死だったんだろうね」
やっと片付いてログに入り、ホ〜〜ッと長い溜息をつく。


昨日買ってきた野菜苗。
野菜苗2
胡瓜やトマトを多めに買い足してこなくては。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ

にほんブログ村



ラベル:鹿 カモシカ 獣害
posted by けい at 09:21| 奈良 | Comment(4) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

雪とアマゴとカグール

昨日の朝は吃驚した。
午前8時頃から雪が舞い始め、吃驚して寒暖計を見ると1℃。
積もるほどではないが、午前中は止んだり舞ったりの繰り返しだった。
4月8日午前8時

雨だろうが雪だろうが如何に冷たかろうが、昨日はkiiさんは山に居たい
理由があった。
何しろアマゴの解禁日だものね。

昼前には「寒すぎる〜〜」とおにぎりも食べずに戻ってきたので、坊主かな
と思っていたら、いい型のものをそこそこ釣ってきたので良しとしよう。
アマゴ1
釣果は12尾だが、20〜21センチのものが7尾あった。
水が冷たいせいか、まださび色が抜けていない。

中には抱卵しているものが一尾。
amago02.jpg
アマゴは秋に産卵すると聞いていたが、この抱卵は早すぎない??
どういうことなのだろうか。

相変わらずカグールを編んでいる。
kaguru01.jpg
汗ばむ季節が来るまでは、冬のために編み溜めておこう。

そういえば、釣りに行くkiiさんに被せてあげたら暖かかったのにね。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 17:58| 奈良 ☁| Comment(4) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

シイタケの植菌準備と植菌

暖かさを通りこして、このところの暑さはどうだろう。。。
きのこの植菌は4月に入ってからゆっくりするつもりだったが、この気候で
は急ぐ必要があり、連日の荒仕事でヘロヘロになっていた。

先日「野猿もどき」で裏山から下したホダ木を、植菌場とホダ木伏場(ほぼ
同じ)に予定している場所まで下す。
榾木を下ろす1
防獣ネットを一部切り、そこから下す予定。
ビニールシートの下には単管を渡して滑りやすくしてある。

榾木を下ろす2
なんとかうまくいきそうだ。

なにしろ此処には北海道からお嫁入りしてきた「あなのあいたフーキ」が
植えられているものだから、私はハラハラのし通しである。
三株とも根付いてくれたらしく、小さな可愛い葉を見せてくれたところなの
だ。
ちゃんと保護して杭を打ってあるでしょ。。。とkiiさん。

榾木を下ろす
ホダ木を全て下ろし、防獣ネットの始末をして一日が終了。

このところ朝方になると鹿やカモシカがうろついている声がする。
「美味しそうなものがあるのに入れない、入りたい、どうしてくれよう!」
そうとでも言っているかのような不満げな鳴き声だ。
隣地は砂利を敷き詰めたが、土のままにしてある場所はイノシシが掘りま
くったらしき痕跡が一面に見える。

昨年のこの時期には、雪でずり落ちてしまった崖上のネットを踏み超えて
カモシカが侵入し、カタクリなどを食べられたのだった。
だから、私も神経を尖らせてより丁寧に補修するのだ。

昨日、、、
榾木は90センチと180センチに伐って下したのだが、その180センチ
のほうを90センチ長に切り揃える。
その間に私はいろいろ定植したり、少し庭仕事。

いよいよ植菌だ。
ここまでが大変だったなぁ。。。
植菌1
ドリルで種駒を埋める孔をあけるのはkiiさんだが、中腰なのでかなりき
つそうだ。

私は埋め込むお役。
植菌2
暑さと虫(目なぶり)に閉口しながら、でも、座り込んでできるので楽だ。
今年はブヨの登場もかなり早いかも。

植菌が済んだ分。
植菌3
おおよそで購入した種駒は全部で1000個だったが、ここまでに使用した
のは500個の一袋。

今日はこれを完了させる。
植菌4
種駒は追加を購入しなければならないかと案じていたが、行渡りそうなの
でホッとする。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

ラベル:椎茸 ホダ木 植菌
posted by けい at 07:18| 奈良 ☁| Comment(4) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

野猿もどき、その2

前回の「野猿もどき」試運転で改良するべき点があり、部品を購入してきた。
部品調達

湧水を誘導している飲料水のタンクを重量が重いホダ木が直撃するのではな
いかと提言し、ワイヤーを少し上げたことで私はエライ目に遭ったのだが。
3月30日野猿もどき1

さぁ、頑張るぞ!!
3月30日野猿もどき2
kiiさんはホダ木をワイヤーに括り付けて送り出す、私は下で榾木を下ろ
し積むお役。

3月30日野猿もどき3
ストップの掛け声が一瞬遅れてしまい、手回しウィンチを直撃してしまった。

3月30日野猿もどき4
午前中は此処まで。
「野猿もどき」の補修も兼ねて一時間休憩する。

要領が呑み込めて円滑に作業が進むようになるころにはもう完了というのが、
何とも、、、だが。
午後3時半にはホダ木を全て下ろし終えた。
3月30日野猿もどき5

3月30日野猿もどき6
榾木は重くて下ろしにくいものもかなりあり、飲料水タンク直撃を考慮して
ワイヤーの位置を上げたことを恨めしく思ったのだった。

久々の荒仕事ですっかり疲れ果てた二人だった。

裏山の様子も久々に見たのだが、こんなものが一面に蔓延っていた。
裏山2
スギゴケじゃないの?とkiiさんは言うが、ネットでスギゴケを見ると
ちょっと違う。

裏山3
これは何か? 調べてみなくては。。。

モミの木が異常に育っていた。
裏山
これって倒れることは無いの? 倒れたらログハウスを直撃するよ!!
全体が入らないので離れて撮ったが、近くで見るとかなりの圧迫感がある
太さである。
「伐れって言わないよね。相当長い刃のチェーンソーが必要だし、無理だよ」
昔は無理という言葉はその口から出たことが無かったのに、これも加齢が言
わせるのかと思ったのだった。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

ラベル:野猿 ホダ木 椎茸
posted by けい at 07:10| 奈良 | Comment(2) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする