2017年06月13日

近頃のこと

所用を片付けるために町に出た折、道の駅かなんに立ち寄った。
(所在地・大阪府南河内郡河南町神山)
此処は花のエリアがとても広くて充実している。
道の駅かなん

朝市の野菜も新鮮。
野菜いろいろ

特にお薦めなのがトマト。
トマト
「道の駅かなん」のトマトは甘くて最高に美味しい。

多肉ちゃんも5種、買ってきた。
多肉ちゃん
「樹氷」「姫愁麗」「桜吹雪」「玄海岩蓮華」「センペルピウム」

戴きものの海鮮類。
戴きものの海鮮類
kiiさんが言う。
「干支にはどうして猫がないのかなぁ、けいさんは絶対にネコ年だと思う!」
魚類に関して、それはもう舐めるように綺麗に戴くから。。。
そりゃ確かに、kiiさんの食べ方はダダクサだものね。

今夜のメインはお刺身と天ぷら。
天ぷらでいただく
ニセアカシアの花の天ぷらはほんのり甘くて、この季節だけのもの。
ウルイ(オオバギボウシ)は若い茎はお浸しにいいが、少し長けているので
これも天ぷらにする。
ウルイをちょっとつまみ食い、ほどよくぬめりがあって「う〜ん、うまい!」
摘んできてちゃちゃっと料理して食卓に乗せられる、これが幸せなのよね。

posted by けい at 18:50| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

恵みの雨。。。

24日午後からの降雨が続いて25日も雨予報に変わり、昼過ぎまで
しっかりと降ってくれた。
カラカラに乾ききった菜園に、昨日の雨では焼け石に水だろうと思っていたが、
これで野菜たちも少し潤うだろう。
ただ案じられるのは土石流や不気味な亀裂ができている地域のこと。
この雨が大きな影響を与えなければいいのだが。。。

さて、カラカラに乾いていた時にお役立ちだったのが、谷からの水を引き
入れるための水中ポンプとホース。
水やりは大変
谷の水も細っていたが、利用できる容器を総動員して貯水である。

これは雨が降る直前の風のないときしかできない朽木の処理。
作業1
朽ちるまで放置できる場所と放置できない場所があるものね。

午前中汗だくになってしっかり働き、大分片付いた。
作業2
あと3日もあればスッキリするのだろうが、残りは梅雨に入ってからの作業
にしよう。

JAで淡竹や野菜を買ってきた。
野菜1
可笑しいのはkiiさん。
昔々小さいころ、エンドウが採れたらエンドウばっかりという食事のせいで
苦手になったというが、私はエンドウ豆が好きで特に豆ごはんが超大好き。
豆ごはんは堂々と食してはいたが、気持的には遠慮しながらだった。
それがどうだろう、前回の豆ごはんを「お付き合いしますよ」という表情で
仕方なさげに口にして以来、率先してエンドウ豆を買うようになったkiiさん
だから笑ってしまう。。。
今は大きな顔をして豆ごはんを頬張っている私である。
来年はエンドウ豆を植えられるね!

今填まっているのがトマト。
毎日口にして飽きない。
野菜2
桃太郎など大玉のトマトは栽培が難しいというので、菜園にはミニトマトと
中玉トマトしか植えていないけれど、来年は大玉にも挑戦してみたいなぁ。

トキンバラや野菜苗
追加の野菜苗を購入してきた。
キュウリ5P、ナンキン2P、シシトウ2P、イタリアンパセリ3P。
白い小花はFioraさんが送ってくださったトキンバラ。
大好きな花なのだが食害に遭って何度も消えていた。
何とか育ってほしいと心から願っている。

如雨露の口を買うために行きつけのHCに寄り、店舗を出ようとしてスルスル
と引き寄せられたのが黄エビネ。
黄エビネ
最終のバーゲン価格に思わず大きくガッツポーズ。
状態のいいもの、8株をゲットした。
やったね!!
黄エビネは一株あるのだが、タカネエビネや地エビネに比べると気難しく、
なかなか増えなかったのだ。
一面の黄エビネを想像してうっとりする私に「甘いんじゃない?」とkiiさん
のひとことがきつい!

posted by けい at 20:07| 奈良 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

春の雪

仕事の段取りが変わったので山へ。

昼前から細かい雨が降っていたのだが、午後からは まさか、まさかの春の雪。
01.jpg
町では桜が咲きだしているというのに、信じられる??

02.jpg
アッという間に庭も真っ白に。。。

湿った重い雪が細かい雪に変化し、今もまだ降り続いている。
明日が怖い。
花芽を上げているクリスマスローズや雪割草はどうなるだろうか。

冬用タイヤの交換を躊躇していたのだが、幸いだった。

タグ:春の雪
posted by けい at 18:30| 奈良 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

おかげさまで。。。

先週末の土曜日は土砂搬入の予定が有り、仕事の予定をずらして山入りした。

隣地を山の工事の車両&資材置き場に借りていた業者さんが、完了に伴い撤去
されるに際し、ご好意で残土を入れてくださることになっていたのだが、その日
にあたっていたのだ。

防獣ネットを外さなくてはいけないので、気を急かせながら山へ。
準備が整っている様子を見て慌ててネットを切り広げるKiiさん。
残土搬入1

庭奥のこの場所は切り倒されたままの丸太が朽木になり、しかも抜根で穴ぼこだらけ。
粗忽ものの私は特に、捻挫や骨折が危なくて近寄れない場所になっていた。
残土搬入2

流石プロ、木々がせり出して動きにくい場所であるのも関わらず、アームを畳んで
伸ばして、よくこんなに滑らかに動かせるものだと唖然として眺める。
残土搬入3

残土搬入4

残土搬入5

こんなに綺麗になった。
残土搬入6

「これでこの場所では捻挫や骨折の心配がなくなったね」
最近は私の怪我でハラハラさせられっぱなしのKiiさんがポツリ。
「ははは、、、」と頭を掻く。

しっかり締まり、どんなに飛んでも跳ねてもびくともしない。
まぁ、今のところは飛んだり跳ねたりに我が足がついていかないのが悔しい
けれど。。。
外した防獣ネットも速やかに張り直せてひと安心。

K工務店の皆様、お世話になりました。
ありがとうございました!!

posted by けい at 17:06| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

近頃のこと

今年も来た、来た、花粉症。
ほんと、厄介なものに憑りつかれてしまった。。。
目グス鼻ズルで、普段から働きの悪い頭がますますぼんやりしている。

Kiiさんは仕事が少し多忙で野迫川の作業の遅れを気にしているが、それでも休日
には根を詰めて頑張っている。

積雪で壊れた入口や防獣ネットなどの、取り敢えず急を要する部分から。
補修工事いろいろ

陽の光に明るさが増してくると、鳥たちが賑やかになってきた。
巣箱を気にしてか様子見に近くまで来るものもあり、これも急がなくちゃね。
掃除をして掛け直す。
巣箱1

巣箱2
こんなに高いところに付けたら覗かれないじゃないのよね。

日本ミツバチの巣箱作りも終盤。
日本ミツバチの巣箱作り
スズメバチが巣箱の入口を喰い広げて襲うことが有るそうで、金属で補強して
いる。
そろそろ巣箱の設置時期になっているので、この案件も追われる気分らしい。

昨年のようにブルーベリーを食い荒らされてはたまらないので、スズメバチの女王
捕獲作戦も早いうちに遂行しなくては。。。

今日のおやつは薪オーブンで焼いたサツマイモ。
今日のおやつは焼き芋
最近、これがお気に入りである。

posted by けい at 15:22| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

雪解けの庭

奈良にしては結構降り積もったあの雪も、さすが紀州の太陽はせっせと融かして
くれている。
快晴

日陰にはまだ白いものが残っているが、日向は融けてぐちゅぐちゅ。
雪解け1

先の積雪は一気だったせいか、雪折れの木々が多い。
沈丁花
敷地内は落葉樹が多いのだが、好きで植えている椿類や白花の沈丁花などの常緑の
ものが痛々しい。

クリスマスローズエリア
葉の折れが結構多い。
クリスマスローズ2

花芽が上がってきた。
クリスマスローズ3
この株は黄色の八重。

スノードロップももうすぐ開花する。
スノードロップ

空気はまだ冷たいが、陽の光が明るさを増すと鳥たちの声が急に賑やかになって
きた。
雪はもう降らないかな。
春はもうすぐそこだね。(と思いたい。。。)

タグ:2017庭
posted by けい at 16:36| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

覚悟が足りなかった...

デッキの上は酒箱の手前まで雪かきしてあったのだが、一夜明けるとまた
20センチほど積もっていた。
2月12日朝1
計60センチ弱の雪に悲鳴をあげているのだから情けない。

雪かきの後遺症か、腕が上がらなくなっている。
昨年はちらつく程度の雪だったし、予報でもこんなに降るとは言っていなかった
から、覚悟が足りなかった。
「これしきの雪に泣き言を言ってどうする、私は雪国の女ぞ!」
「昔はね。。。」とKiiさん。

2月12日朝2

すっぽりと真白の中のログハウス。
2月12日朝3

今は重い湿った雪に変化して、恐いのは倒木。
我が家の杉も危ういのが何本か出て来ている。
2月12日朝4
どうかログハウスに直撃しませんように、早く融けてくれますように。。。

posted by けい at 20:29| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

雪疲れ。。。

うっすらと雪化粧した町の家を出て、早く山の家に着きたいと心急いていた。
9日朝の山の雪を目にしていたから多少の予測はしていたのだが、、、

道中の山麓線から混乱が始まった。
山麓線1
こんな状況の中をノーマルタイヤで走行できるはずもないのに、何台もの車が
立ち往生して道を塞いでしまい、、、
山麓線2
勝手に滑る車にはまったく処置なしで、自身は万全に対策していても恐ろしい。
こんなシーンがあちこちで見られた。
何とか脇をすり抜け、怖い思いをしながら低速・安全運転でひたすら野迫川へ。

ひゃぁ、えらいこっちゃね!!
ポストの上の雪の厚みにギョッとさせられる。
2月11日1

前面の道路は県道なので除雪してもらえるのはありがたいのだが、除雪された
雪を片付けなければ敷地内には入られない。
2月11日午前11時

予測してスコップと長靴を車に積んでいたのが幸いだった。
2月11日2

2月11日3
雪除け道具を取りに入ったkiiさんの、膝まですっぽりと雪の中。

昨年は雪がほとんど積もらなかったので安心していたらこの有様。
車が入る場所と、荷物を運べるようにと細い通路を除雪するのに二人で二時間
たっぷりかかる。

40センチの雪でヒィヒィ言っているのだから、雪深い地域の大変さはいかばかり
だろう。

さて、、、
雪はまだ激しく降ったり小休止したり。
2月11日4
明日はどうなることか?

posted by けい at 18:26| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

雪が降ってます

「雪が解けてきたから、やっと外の作業にかかれるね」
そう話していたのは昼前のことだった。
ミニ菜園の昼の様子

午後から薄暗くなり、「あぁ、俄雨があるという予報だったな。。。」と思って
いたら、雨どころか雪模様。
今日の天気1

現在は、、、
今日の天気3

今日の天気2

雪片が大きくなり今夜は積もる気配。
今日の天気4
また作業が遅れるよ〜〜

4日は誕生日だった。
我が家ではその日、当事者の好きなものを夕食に乗せるのが習なのだが、
フグかカニかと散々迷った末に結局カンパチにした。
カンパチなら、刺身に手巻き寿司、魚しゃぶと何日も楽しめるものね。
カンパチとタラの白子
全長70センチのカンパチは食べごたえがある。
カンパチだけではかわいそうだと(そんなことはないのだが、確かにフグやカニ
よりは価格は低い)kiiさんが北海道産のタラの白子を追加してくれた。


戴きもののイチゴはまだ名称が付いていない阿蘇のもの。
イチゴ
これはイチゴ大好きの孫たちへの宅急便にした。

早や、若ごぼうが店頭に並んでいた。
若ごぼう
若ごぼうはkiiさんの大好物、揚げさんと一緒に煮ようかな。

posted by けい at 18:58| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

日本ミツバチの巣箱の設置と巣箱作り

光が少し明るさを増すと、鳥の囀りがよく聴こえる。
彼らの巣箱も作らなくてはと思いつつ、kiiさんの気持ちは今、日本ミツバチ
に一直線。

最初の巣箱が出来上がり、設置が完了した。
kiiさん流にカスタマイズ中で、基本の形からは少しずつ変化している。
巣箱カスタマイズ中1

巣箱カスタマイズ中2

此処はミニ菜園の上の段にあるニセアカシアの木の下。
巣箱設置1

巣箱設置2
大きな白い房の花が咲き乱れる時期には、たくさんのミツバチが来ていたのだった。
アカシアの花蜜、しかも日本ミツバチの・・・
彼らが簡単に入ってくれるとは思えないけれど、かなり期待している。

ストップしていた巣箱作りが再開した。
巣箱づくり1

この冬中に出来上がる予定だった作業場は雪のために進捗状況が悪く、雪が
解けてテラスが使えるようになったときのみしか動けないのがつらい。

巣箱づくり2


私が経理仕事で忙しかった一週間、山暮らしをしていたkiiさんの話では、
積雪40センチ、−12℃になったのだそうな。

私はこの一週間の疲れを取るために只今充電中。


いつの間にかツララが太く長〜くなっていた。
ツララ

ミニ菜園は雪の中。
積雪1


posted by けい at 07:14| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

凍ててます。

今週の寒波は半端ではなく、各地で多々、障害が起きている様子。
被害が大きくならなければいいけれど。。。

野迫川も凍てていている。
これは予想の範囲内でさほどうろたえてはいないが、雪で外仕事が全くできない
のは痛い。

1月16日の雪1

積雪は今のところ15センチ。
1月16日の雪2

何か美味しいものはないかなぁ、、、と漁りに来たのか、これはテンの足跡??
1月16日の雪3

この寒さは凍み豆腐作りにはバッチリなので、賀名生の上辻豆腐店で豆腐を
買い込んできた。
凍み豆腐
冷凍庫で作る向きもあるようだが、やはり自然の中で凍らせるほうが旨味が
増すような気がする。

さて、フル稼働している薪オーブンが勿体ない。
また、いろいろと作ろうかな。。。

posted by けい at 13:08| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

日本ミツバチの巣箱作り

花を植えようと貰ってきたワイン樽を、日本ミツバチが占拠して巣を作ったのは、
もう14年ほど前のことになる。
二年ほどは巣として利用していたのだが、黄色スズメバチに目をつけられて嫌気
がさしたのかワイン樽は見捨てられてしまった。
中がどうなっているのか、切断してみる勇気もなく放置されているのだが、傷む
前にガーデニングになと利用しようと思っている。

それから以降も日本ミツバチに関してはそれなりに情報を得たりはしていた様子
だったが、昨年末に柿のチップスにわらわらと群がる日本ミツバチを見て一気に
火が点いたようだ。

材料をいろいろ買い込んで、、、いざ、巣箱作りだ!!
日本ミツバチの巣箱作り1

日本ミツバチの巣箱作り2

日本ミツバチの巣箱作り3

日本ミツバチの巣箱作り4

とりあえず完成。
こんなものを5個ほど作る予定だそうな。
日本ミツバチの巣箱作り5
これが完璧な形だとはいえないし、思うものにたどり着くまでには試行錯誤が
続くのだろう、、、

posted by けい at 08:43| 奈良 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

新年おめでとうございます

昨年は体調を崩したり膝を痛めたりと難続きで、山の作業も思うようにできず
ブログも滞りがちでしたが、今年は頑張らなくてはとの思いを新たにしています。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

野迫川は穏やかな年明けです。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?


暮れのぎりぎりまで所用に追われ、30日遅くに山入り。
うっすらと雪化粧
庭はうっすらと雪化粧だった。

お供は定番のカンパチと塩いくら、天然の鯛。
カンパチや鯛、イクラ

黒豆やゆずなど、町の冷蔵庫に忘れてきたものも幾つかあり、年の初めから
やれやれ。

小人数なのでおせちなどはもう作らないのだが、肴に欠かせないのがkiiさん
手作りのごまごまめ。
ごまごまめ
胡麻を思いっきりたくさんまぶすのがkiiさん流で、好評である。

posted by けい at 13:15| 奈良 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

填まっている非常食

山ではいつ災害に見舞われるか判らないから、非常食のストックには神経を使う。
時々チェックするのだが、うっかり賞味期限切れになっていて慌てる。
その非常食も、年々脂っぽいものやしつこいものが苦手になり変遷している。

サバイバルの延長線上にあるのが山の暮らし。
ご飯は飯盒なりなんなりでKiiさんに任せておけば炊いてくれるだろうし、缶詰と
レトルト食品が少々、後は野の草を摘んでくれば何とかなるだろう。
「冬場は野の草はないよ、どうするのさ。積雪による倒木で道路は遮断、電気も来ない
ということは多々あるよ」とKiiさん。
そこまで考えても仕方がないし、まぁ数日なら持ちこたえられるだろう。

非常食のマイブームは現在この二点。

ずっと探していたのだがなかなか目にしなかったから、見つけた時はどっと買い
をした「極洋のさば缶」
極洋の缶詰
以前に水煮缶で鍋にしたら結構美味しかったのだ。
缶詰でもなるべく添加物の少ないものを選ぶようにしているので、選択肢が少なくなる。

藤堂氏の本の中に夜中に小腹が空いて、そうだ、ノンフライ麺ならいいかもというシーン
があった気がする。
そうか、ノンフライ麺ならカロリーが少ないかもしれないし、フライ麺のように胸焼けは
しないかもと探したが、ノンフライ麺というのは少ないんだね。
ようやく見つけたのが「ラ王」
非常食
種類もいろいろあり、そうなると一応試食してみたくなるのが人情で、、、

私は「豚骨極細ストレート麺」がお気に入り、Kiiさんは「味噌味」「豚骨極太麺」
辛めの「担担麺」も好みだという。
(醤油味はあまり人気がなかった)

あっ、メーカーの宣伝料はいただいておりませんので、念のため。

この秋は珍しい果実に出合い、焼き魚やチュウハイに落として楽しんだ。
ヘべ酢
世の中にはまだまだ、知らないものがたくさん有るのだなと思う。

タグ:ラ王 極洋
posted by けい at 16:49| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

簡易物置き場の解体作業に着手

長く懸案事項のトップにあったのだが、ずっと見ないふりをしてきた。
ログやテラスの整備を進めるために、いよいよ手を付けなくてはならなくなったのが
この簡易物置き場の解体作業。

杉丸太で柱を建て、トタンの波板を屋根にしただけの簡易な物置き場は、かなり前の
大雪の際に潰れてしまった。
もっとも、その年の雪は半端ではなくしかも何度も降り積もり、ログハウスの雪は下ろ
したものの、物置き場にまでは手が回らずにいるうちに潰れてしまったのだ。
Kiiさんが手抜きで軟なものを造ったというのは当たらないので、名誉のために申し
添えておく。

これはカリンや山椒がある上の段から見下ろしたところ。
場所としては結構広い。
物置き場1
冬の間に片づけてしまおうと思っているのだが、はてさて、予定通りにいくだろうか。
Kiiさんが多忙モードに入っているので、解体は少しずつ進めている。

物置き場2
此処には集めたたくさんの粘土が眠っている。(一トンぐらいは運んだはず)
電動ろくろや手回しろくろも持っていて陶芸にはいたく興味があったのだが、今は庭や
菜園に追われ、石窯作りのほうにも目が移り、それだけで手いっぱいの状況なので
焼き物はもう断念しかけている。
あれもこれもとしたいことは多くても、それがすべて可能かというと、そこそこに取捨
選択していかなければ自分自身が持たないということに、この歳になってようやく気付
いたのだ。

「粘土は捨てることもないさ、いつか簡易な窯を作って焼けるかもだよ」とKiiさん
はいう。

簡易物置き場からはいったい何が出てくるか、、、
忘れ去られていたものたちが利用価値を見出され、日の目を見るかもしれないと思うと
なんだか楽しい。
乾燥した状態の杉丸太も置かれていたので、これはこの冬の薪として利用するつもりだ。

数年前にチビマムシがスルスルと逃げ込んだのもこの物置き場だから、私は怖くてへっ
ぴり腰になっている。
マムシ溜まりになっていたらどうしよう。
恐いけれど見てみたい気もする。

物置き場を撤去した跡にはしっかりした作業場を建て、自動カンナ、超仕上げカンナなど
を移そうと考えている。

最小の費用で最大の利用価値、、、でしょ
とKiiさんのボヤキが激しい。
そうです、予算は最小限でよろしく、どうぞ!!

私たちのモットー、 「捨てればゴミ、生かせば資源」の精神は健在なのである。

posted by けい at 17:34| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする