2018年07月18日

梅の実を摘む

長雨で山の外仕事ができず、晴れると本業も忙しくなり、従って山は草ぼう
ぼうの荒れ放題になっている。
今年は草には早や敗北宣言を出してしまった私である。

たまの休みはやるべきことは満載だが、とりあえず優先事項から片付けなきゃ
と梅の実を摘む。
土用干しの頃にやっと収穫なのだから、感覚がズレること甚だしい。

白加賀はたくさんの花が咲き収穫を期待したが、思ったよりかなり少ない。
豊後梅は小粒だがそこそこの収量があった。
梅の実を摘む
右のザルが豊後で7キロ、左が白加賀で2キロ弱、計9キロほど。
少ないけれど無農薬安心印の梅干しが今年も漬けられるのは嬉しい。
数日追熟したら塩漬けにしよう。

梅のエキスが作られるようになるのはいつのことだろうか。
期待の南高梅の苗木はカモシカに食べられてしまったし、先は遠い。

梅を摘んだ後はひたすら草を刈る。
草刈り1

草刈り2

草刈り3

私は鎌を持って菜園上の土手の草刈り。
シオデやササユリ、山椒の実生などがあるので刈払い機に入って貰う訳には
いかないのだ。
以前に刈られてしまったカラスウリは今年も出ていなかった。。。
うらめしや〜〜

さて庭の草抜きはどうする??
敗北宣言は出したけれどこのまま放っておくわけにもいかないよね。
ちまちまと抜いていられないほどの草の量に慄いている。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


posted by けい at 07:36| 奈良 ☀| Comment(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

お詫び

雨の被害が大きいですね。
その広がりに胸が痛みます。
被災された方々の救済を一刻も早くと祈らずにいられません。

*****************

先行して書いてあった「もち麦と十六穀米」が手違いで16日付のまま
アップされてしまい、日付の訂正もきかず、削除しても消えません。
やむを得ず、このままにしておきますのでご容赦ください。
posted by けい at 05:52| 奈良 | Comment(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

雨ばかり。。。

各地に激しい災害をもたらしている豪雨は、なかなか弱まる気配がないです
ね。
被害が広がっている様子に胸が痛みます。
被災された皆様には心からお見舞い申し上げます。


「近畿地方は土曜の午後には弱まる」との予報に期待していたけれど、また
延びたようで、どうやら明日も雨らしい。。。
水曜日からこちらずっと雨で、空を見上げてはため息をついている。

以前、土砂ダム災害を起こすに至った1000ミリを超える豪雨の際は、強
い雨が間断なく降り続いたが、今回は小降りになるときもあり、そこが救い。

敷地前の小さな渓流はごうごうと音立ててはいるが、それほど増えてはいな
いようだ。
敷地前の渓流

晴れている日は町で仕事があったし、山に居る日は雨ばかりで、今年は間が
悪く蛍は見られなかった。
昨夜雨が小降りの時に、木々の先にチラリと見えた気はしたが、それだけ。

風防室に入ってきたこの虫、カミキリ虫みたいだよねとパチンと叩こうとし
たらkiiさんが慌てて制する。
「蛍に何するのさ!!」
蛍

蛍ってこんなだったっけ?と図鑑を見たら、確かに!


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


ラベル: 豪雨 ホタル
posted by けい at 14:07| 奈良 ☔| Comment(2) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

セリを摘んだら何にする??

旬のものを摘んでそれで夕食を作る、そんな生活を理想としている。
今日はセリを摘んできた。
何にしようかな。。。?
白和えかナムルにしようか、、、
そうだ、食材は全部あるので豚すき鍋にしよう!!
セリが入ると美味しいよね。
セリ

セリも好きなもののひとつだが、クレソンを育てたいと思う。
パセリとクレソンはバリバリ食べたいぐらいに好きなのだ。
ログハウス前の小池は飽和状態だし、何処かにせせらぎを作るのがいいのだ
けれどね。
これに関して、kiiさんからはコメントが返ってきていない。

雨の日はスギナを粉末にする。
粉茶にしていただくのが我が家流で、このほうが飲みやすいような気がする。
スギナ茶

年代物のミキサーで粉末にするのだが、もう手に入らないという代物で、刃
が焼けてしまうので連続して大量に作ることができない。
最近のミキサーは刃が切れやすいがうまく粉末にはできず、ミルなどでは少
量ずつしか作られないという難点があり、古いミキサーが壊れてしまったら
どうするか、頭が痛い。

雨が降る前に買ってきた苗を植え込み、種も数種蒔いておいた。
苗はネギ苗や京野菜だという山科唐辛子(伏見唐辛子と似たようなものだろ
うか)、青シソやバーゲンになっていた辛味唐辛子も三株。
辛味唐辛子というのが???である。
唐辛子なのか、辛いシシトウのようなものなのか。
辛いシシトウが大の苦手のkiiさんは恐々としている。
野菜苗

食べられてしまい落ち込んでいたアシタバに小さな芽を見つけた。
胡瓜も二株は葉が出てきた。
うまく育ってくれたらいいのだけれど。。。


3日の日曜日のこと、知人が川湯温泉への一泊旅行の帰りに立ち寄ってく
れた。
嬉しかったのは奥方に初めてお目にかかれたこと。
息子さんご夫婦も同行されていて、飾らない、気持ちのいいご一行に心が和
み、楽しいひと時を過ごすことができた。

その際にお土産に戴いたのがこれ。。。
もうで餅
「名物に旨いものあり、もうで餅」
新宮市珍重庵のものだが、素朴な味わいがとても美味しかった。

ジャバラのジャム
じゃばらのジャムも美味しそう!!
有難うございました♪
次回はゆっくり時間を取ってお訪ねください!!


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ

にほんブログ村

posted by けい at 07:43| 奈良 🌁| Comment(2) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

ついにやってきた。

所用でこの数日、日中は留守にしていた山の家だったが、昨日帰宅して愕然
とした。

畑を見回りに行ったkiiさんが大声で呼んでいる。
「何かが入ってるよ!!キュウリの苗が食べられてる」
獣害2

最初に買い込んだ苗がこれ。
野菜苗1

先週ミニ菜園に植え込んですくすく育っていたのだが、キュウリは全滅、トマ
トも一部齧られてしまった。
ピーマン類は苦手なのか、いっさい手を、いや、口をつけていなかった。

足跡は鹿かカモシカか。。。
大きさを見ると、まだあまり大きくはない感じだ。
獣害1

すぐ傍らには美味しそうなユリの芽が出ているのに見向きもされていない。
ユリの芽

ミツバ
獣害3
この場所の三つ葉は舐められたように食べられていた。
他の場所の三つ葉はどれも健在だから助かったけれど。

流石にセロリとパセリは臭くて嫌だったのかな、食べられてないよ。
獣害4

でもよくよく見たら、パセリは齧られていた。
獣害5 獣害6
斜めにスパッとしたこの齧り痕はいったい何ものだろう。

一番痛手だったのはアシタバとコシアブラ。
アシタバは今年になって大きく育ち始め、この調子ならこの夏はアシタバの天
ぷらを食べられると喜んでいたのだ。
コシアブラは自生していたものが枯れて寂しく思っていたが、新たに三株が出
てきたので、いつかはバターライスを戴けると楽しみにしていたもの。

花たちが健在だったので気づくのが遅くなり、薄暗くなっていたが慌てて道具
を持ち、見回り点検に行く。
防獣ネットは全長250メートルもあるので二人で手分けして。。。

どうやら以前に入られた前面道路沿いの崖のずっと上、一番高い所から入った
らしく、体重をかけて押し入ろうとしたものかネットがたるんでいた。
見下ろすと道路からの高さは10メートル以上もあるようだ。
「ワッ、怖い!!」
こんなところを上ってくるのは、やはりカモシカかもしれない。

花たちが総なめにされるまでに、さほど時間はかからなかったことだろう。
早めに気づいてよかった。

「今回は野菜シリーズだったんだね。グルメな獣だね」
「脆弱な部分を探すのは天才だね」
「呆れるよなぁ。よくあんな急斜面を上ってくるよ」
「美味しいもののにおいがする、早く食べたいと必死だったんだろうね」
やっと片付いてログに入り、ホ〜〜ッと長い溜息をつく。


昨日買ってきた野菜苗。
野菜苗2
胡瓜やトマトを多めに買い足してこなくては。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ

にほんブログ村



ラベル:鹿 カモシカ 獣害
posted by けい at 09:21| 奈良 | Comment(4) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

雪とアマゴとカグール

昨日の朝は吃驚した。
午前8時頃から雪が舞い始め、吃驚して寒暖計を見ると1℃。
積もるほどではないが、午前中は止んだり舞ったりの繰り返しだった。
4月8日午前8時

雨だろうが雪だろうが如何に冷たかろうが、昨日はkiiさんは山に居たい
理由があった。
何しろアマゴの解禁日だものね。

昼前には「寒すぎる〜〜」とおにぎりも食べずに戻ってきたので、坊主かな
と思っていたら、いい型のものをそこそこ釣ってきたので良しとしよう。
アマゴ1
釣果は12尾だが、20〜21センチのものが7尾あった。
水が冷たいせいか、まださび色が抜けていない。

中には抱卵しているものが一尾。
amago02.jpg
アマゴは秋に産卵すると聞いていたが、この抱卵は早すぎない??
どういうことなのだろうか。

相変わらずカグールを編んでいる。
kaguru01.jpg
汗ばむ季節が来るまでは、冬のために編み溜めておこう。

そういえば、釣りに行くkiiさんに被せてあげたら暖かかったのにね。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 17:58| 奈良 ☁| Comment(4) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

シイタケの植菌準備と植菌

暖かさを通りこして、このところの暑さはどうだろう。。。
きのこの植菌は4月に入ってからゆっくりするつもりだったが、この気候で
は急ぐ必要があり、連日の荒仕事でヘロヘロになっていた。

先日「野猿もどき」で裏山から下したホダ木を、植菌場とホダ木伏場(ほぼ
同じ)に予定している場所まで下す。
榾木を下ろす1
防獣ネットを一部切り、そこから下す予定。
ビニールシートの下には単管を渡して滑りやすくしてある。

榾木を下ろす2
なんとかうまくいきそうだ。

なにしろ此処には北海道からお嫁入りしてきた「あなのあいたフーキ」が
植えられているものだから、私はハラハラのし通しである。
三株とも根付いてくれたらしく、小さな可愛い葉を見せてくれたところなの
だ。
ちゃんと保護して杭を打ってあるでしょ。。。とkiiさん。

榾木を下ろす
ホダ木を全て下ろし、防獣ネットの始末をして一日が終了。

このところ朝方になると鹿やカモシカがうろついている声がする。
「美味しそうなものがあるのに入れない、入りたい、どうしてくれよう!」
そうとでも言っているかのような不満げな鳴き声だ。
隣地は砂利を敷き詰めたが、土のままにしてある場所はイノシシが掘りま
くったらしき痕跡が一面に見える。

昨年のこの時期には、雪でずり落ちてしまった崖上のネットを踏み超えて
カモシカが侵入し、カタクリなどを食べられたのだった。
だから、私も神経を尖らせてより丁寧に補修するのだ。

昨日、、、
榾木は90センチと180センチに伐って下したのだが、その180センチ
のほうを90センチ長に切り揃える。
その間に私はいろいろ定植したり、少し庭仕事。

いよいよ植菌だ。
ここまでが大変だったなぁ。。。
植菌1
ドリルで種駒を埋める孔をあけるのはkiiさんだが、中腰なのでかなりき
つそうだ。

私は埋め込むお役。
植菌2
暑さと虫(目なぶり)に閉口しながら、でも、座り込んでできるので楽だ。
今年はブヨの登場もかなり早いかも。

植菌が済んだ分。
植菌3
おおよそで購入した種駒は全部で1000個だったが、ここまでに使用した
のは500個の一袋。

今日はこれを完了させる。
植菌4
種駒は追加を購入しなければならないかと案じていたが、行渡りそうなの
でホッとする。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

ラベル:椎茸 ホダ木 植菌
posted by けい at 07:18| 奈良 ☁| Comment(4) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

野猿もどき、その2

前回の「野猿もどき」試運転で改良するべき点があり、部品を購入してきた。
部品調達

湧水を誘導している飲料水のタンクを重量が重いホダ木が直撃するのではな
いかと提言し、ワイヤーを少し上げたことで私はエライ目に遭ったのだが。
3月30日野猿もどき1

さぁ、頑張るぞ!!
3月30日野猿もどき2
kiiさんはホダ木をワイヤーに括り付けて送り出す、私は下で榾木を下ろ
し積むお役。

3月30日野猿もどき3
ストップの掛け声が一瞬遅れてしまい、手回しウィンチを直撃してしまった。

3月30日野猿もどき4
午前中は此処まで。
「野猿もどき」の補修も兼ねて一時間休憩する。

要領が呑み込めて円滑に作業が進むようになるころにはもう完了というのが、
何とも、、、だが。
午後3時半にはホダ木を全て下ろし終えた。
3月30日野猿もどき5

3月30日野猿もどき6
榾木は重くて下ろしにくいものもかなりあり、飲料水タンク直撃を考慮して
ワイヤーの位置を上げたことを恨めしく思ったのだった。

久々の荒仕事ですっかり疲れ果てた二人だった。

裏山の様子も久々に見たのだが、こんなものが一面に蔓延っていた。
裏山2
スギゴケじゃないの?とkiiさんは言うが、ネットでスギゴケを見ると
ちょっと違う。

裏山3
これは何か? 調べてみなくては。。。

モミの木が異常に育っていた。
裏山
これって倒れることは無いの? 倒れたらログハウスを直撃するよ!!
全体が入らないので離れて撮ったが、近くで見るとかなりの圧迫感がある
太さである。
「伐れって言わないよね。相当長い刃のチェーンソーが必要だし、無理だよ」
昔は無理という言葉はその口から出たことが無かったのに、これも加齢が言
わせるのかと思ったのだった。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

ラベル:野猿 ホダ木 椎茸
posted by けい at 07:10| 奈良 | Comment(2) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

巣箱掃除や引き水処理

谷からの引き水が止まってしまい、「極楽の湯」には春まで入ることが
できないだろうと諦めていた。
先日、水源地まで点検に行った際に応急処置はしておいたそうだが、その
効果があったらしく、ちょろちょろと流れていたのでホッとする。
谷からの引き水1
引き込んでいる700メートルのパイプの、途中できつく凍りついていた
らどうにもならないけれど、何とか通じてくれたらいいねと話しながら
山入りしたのだった。
このところの暖かさが幸いしたのだろう。

部品を買ってきたので修理を最優先にしようと、水源地迄出かけたkiiさん。
少々手こずってしまったと言いながら帰ってきたkiiさんの手は、ゴム手袋
をはめていたのに真っ赤になっていた。
雪解けの水は冷たいよね。。。

翌朝にはすっかり回復した引き水。
谷からの引き水2
音立てて流れていた。

この水で沸かした風呂は、湯冷めしにくくてすべすべになるのが不思議!
だから名付けて「極楽の湯」

風はまだ冷たいけれど、陽の光がずいぶん明るさを増してきた。
鳥たちの声が急に賑やかになり、枝から枝へと盛んに飛び回っている。
毎年のことだが、こんなに何処に潜んでいたのだろうと吃驚させられる。
急いで巣箱の掃除をしなくちゃね。
巣箱掃除1

巣箱の中には、、、
巣箱掃除3 巣箱掃除4
昨年はヒガラ夫婦とバッチリ目が合ったのが気に入らなかったのか、途中
で巣作りを放棄してしまった。
巣も不完全なままである。
右の画像はひっくり返してみたところだが、隅々まできっちりと苔を詰め込
んで作ってあり、嘴だけで丁寧な仕事をするものだと驚く。


あちこちにフキノトウがチラリ、もう少しだね、楽しみだなぁ。
フキノトウ
天ザルにしようか。。。

先週はkiiさんが多忙だったので、誕生日のリクエスト献立が延び延びに
なっていた。
エビフライ
「大きなエビのフライがいいなぁ。。。」
あれっ? 常にない要望だね。
てっちりかステーキか、どちらかだと思っていた。
kiiさん手作りのタルタルソースがとても美味しかった♪


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村


posted by けい at 09:18| 奈良 ☔| Comment(2) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

煙突掃除と簡単ちゃんこ鍋

このところ薪オーブンの調子がとても悪かった。
燃えにくい、煤が酷い。。。
「本が傷むよ〜〜、何とかしてよ!!」
「正月前に掃除したのに変だなぁ。。。」

ずっと雪ばかりの冷たい日々が続き、また一泊とはいっても正味一日の滞在
ではそこまで手が回らなかったのだが、流石にどうにもならなくなった。
土曜日、今日は幸い少し暖かいので開け放していても耐えられると、掃除
に取り掛かる。

「ひゃぁ、なんでこんなに詰まっているの!」
吃驚するほどの詰まりようで、これじゃ煤だらけになるのも無理はない。
例年よりも激しいのはどうしてだろう。
杉を伐採して薪にしているがその乾燥が足りなかったのか。
今年は早めに取り組む必要があるとの結論である。
まっくろくろすけになってしまい、最初の画像は撮りそびれた。
煙突掃除1

綺麗になった薪オーブン。
煙突掃除2
点火して唖然とする。
前回とのこの違いはどうだろう。
寒くても雪でも掃除をするべきだったとは、kiiさんには言えないが。

JAで野菜を買い、豆腐や卵を購入して山入りするのがいつものこと。
JAで買い物
白菜や大根、キャベツやブロッコリーなどはまだ高価だが、葉物が少し落ち
着いてきているのが嬉しい。
コウサイタイ(紅菜苔)も登場して、平地は春が近いのを感じる。

豆腐は賀名生の上辻豆腐店で、今回はおからも有る。
卵は五條市六倉の竹村養鶏場のもの。
豆腐と卵
お弁当には塩味の卵焼きというのがkiiさんの定番だが、卵がうっかり
切れてしまいこっそり違うのを使うと、何故か分かってしまうのが不思議だ。

煙突掃除をして谷の水の様子を見に行ったらもう薄暗くなり、今日の作業は
お終い。
谷の水は部品を調達してこなくてはならないそうだ。
そこを直せても、700メートルを引いてきているその途中で凍り付いてし
まっているので、春を待たなければならないだろうとのこと。
飲料用の湧き水のお風呂では谷の水ほど温もらないので、早く復活してほし
いものだ。

今夜は簡単ちゃんこ鍋。
ちゃんこ鍋


いつもの出汁に創味シャンタンを足してみたら、旨味が増して中華鍋風に
なった。
創味シャンタン
おぉ、これでもう少し工夫したら火鍋子(ほうこうず)の味になりそうだ。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

posted by けい at 08:17| 奈良 🌁| Comment(4) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

早くこい、春♪

日照のある日が続いた先週だから、少しは雪も解けているに違いないと期待し
つつ山入りした土曜日。

ほんとうに久しぶりに土を見た。
2月18日(1)

隣地はまだこんな様子だが、我が家は日受けになっているので融け始めると
早いのだ。
2月18日(2)

冬場は日の出が遅く日の入りが早い地形だが、紀伊山地の太陽は短い時間な
がらその威力を発揮してくれたらしい。

ただ、敷地内でも日陰になる部分との差は大きい。
2月18日(3)
庭奥はまだこんな様子。

ログハウス前の庭の雪も大分融けてきた。
2月18日(4)
此処に続く右側はまだ雪が深い。
2月18日(5)

土を見ると自然に頬が緩む。
フキノトウはないかなぁと見回すが、まだ早すぎるようだ。

春が近いことを知らせるかのように、鳥たちも急に賑やかになってきた。
マヒワの群れの波のような動きを追いながら、「もうすぐなんだね、春」と
呟く私にkiiさんが水を差す。
「春の彼岸に湿った雪がどっさり降ったことが有ったし、4月の6日に長靴
が埋まるほど降ったことも有ったし、今から期待するのは早すぎるんじゃな
いの?」


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村


posted by けい at 10:57| 奈良 ☀| Comment(4) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

冷え冷えとして雪ばかり。。。

積雪量が4メートルを超えた地域もあるような。。。
昔の北海道で体験した3メートル近い積雪と、終わりのない除雪作業に
悲鳴をあげたことを思い出している。
締まった雪の重量も相当なもので、とても厳しいものだった。

野迫川の積雪量はそれらの地域に比べると比較にはならないが、それでも
此処は奈良県。
街に出る際には、屋根に積もった雪に、行き交う車から興味深い視線を送
られている。

昨日の夕刻のログハウス前の庭
12日夕刻

今朝の同じ庭には、雪の花がたくさん咲いていた。
13日朝1

ログハウスの前の小池はカチンコチン
13日朝2

結構積もったでしょ。
13日1

積雪は16〜17センチ。
穴が開いているのはスケールを入れた跡。
13日2
寒いせいでまだ雪はサラサラ。
テラスや階段の雪は箒で掃けるのが助かる。

しかし、この寒さと雪はいったいいつまで続くのだろう。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村



posted by けい at 17:34| 奈良 ☀| Comment(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

谷の水が止まってしまった

用心はしていたのだが、今年もついに凍結の危機に見舞われてしまった。
谷からの引き水が止まってしまったのだ。
パイプが谷の水、奥の蛇口は湧水のもの。
奥の蛇口は湧水
谷からの水は700メートルを引いてきているので、すべてを辿ってチェッ
クするのはかなり困難だ。
判りやすい所だったらいいのだけれど。。。
ジョイントが外れているのでなければ、暖かくなって自然に融けるまで待た
なければならない。

トイレの水タンクもカチンコチンになっていた。
先々週のほうが予報では寒さが厳しかったので、少し油断していた。

風呂ハウスの床はこんな様子。
風呂ハウス
風呂ハウスは湧水と引き水を併用している。
湧水は止めてしまうと凍結するのでチョロチョロと流しっぱなしにしてい
るのだが、飛び散って凍り付いたものらしい。

今朝はいっとき、前が見えにくいほどの粉雪が舞った。
12日朝1

除雪車が出動している。
除雪車が出動

雪はサラサラで箒で掃けるほど軽い。
12日朝2

12日朝3

寒くていいのは凍み豆腐だけだ。
凍み豆腐
今回もいい出来だった。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

ラベル:凍結 凍み豆腐
posted by けい at 10:58| 奈良 ☁| Comment(2) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

柚子化粧水を作る

果皮は料理の香りづけに、果汁はポン酢に、種は化粧水にと、柚子は多用途
の優れものだ。
果皮はお菓子作りにもできるようだが、生産者がはっきりしていて無農薬か
どうかが明記されていないものは使いにくくて手が出せずにいる。

焼酎は35度。
種は利用する都度瓶の中に入れるので、まだこの程度しか溜まっていない。
柚子化粧水(1)
例年は瓶の半分ぐらいまでは入れるのだが、買いそびれている。
手持ちの柚子は後3個しかないけれど、まだ売っているかなぁ。。。

これは古い物で、もう三年ぐらい経っている。
柚子化粧水(2)
種を捨てて濾さなくてはいけないのだが、さぼっている。
これに精製水を足して利用する。
季節によって濃さを変えたり、蜂蜜を入れたり、、、

私は一年中、この一種だけしか使っていない。
添加物全くなしの天然ものの化粧水だから、安心印で気持ちがいい。
プラス、安価なことも見逃せない♪
化粧品メーカーからみると、一番いやなタイプなのだと思う。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村


ラベル:柚子 柚子化粧水
posted by けい at 16:34| 奈良 ☀| Comment(2) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

立春も雪

昨日は暦の上では立春。
寒咲きの桜便りも聞こえてくるのに、梅便りもチラホラ届けられているのに、
まだまだ真冬の野迫川村である。

昨日、午前10時過ぎから再び降り出した雪は、ふわふわでとても軽い雪。
練乳がけにしたらいかにも美味しそうだ♪
4日午後(1)

さっき掃いたのに、もうこんなに積もっている。
4日午後(2)

敷地前面の県道。
4日午後(3)
タイヤの跡が見えるがバイクにしては細いよね。
ひょっとして自転車??

4日午後(4)
くねくねの跡がずっと続いていたが、無謀というか、、、
足跡がない所を見ると乗っていたのだろうが、よく走行できたものだと驚く。


さて、猿谷ダム付近の氷柱群はますます立派になっていた。
氷柱群(1)

その少し先にも新たな氷柱が生まれていた。
氷柱群(2)

注意していたはずだが、この場所のものは先週は全く気付かなかった。
もし有ったにしても、意識の端にも引っかからないほどの小さなものだっ
たのだろう。
氷柱群(3)
一週間でこんなに育つのだから如何に寒いことか。。。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村


posted by けい at 09:40| 奈良 ☀| Comment(2) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする