2013年12月04日

柚子果汁や柿、きのこには豆粒カエル

待ちわびていた宮本さんの柚子酢(酢ではなくて、柚子果汁だと思うのだけれど)
が届いた。
毎年待ちわびている一品である。
酢のものやお湯割りが、吃驚するほど美味しくなるのだ!!
宮本さんの柚子果汁
柚子は皮や種も優れもの、化粧水や漬物や雑煮に欠かせない。
「お手伝いにおいでなさいよ、実は欲しいだけ持って帰りなされや」
とのお誘いを戴いていたのだが、Kiiさんの仕事が多忙で叶わなかった。

西吉野の北谷農園の柿は晩生の富有柿。
この柿が手に入るまでは、柿大好き人間の二人がじっと忍の字なのだ。
北谷農園の晩生の富有柿
今年は旬が例年より一週間早かったらしく、少し出遅れてしまった。
生りは、、、小振りだが甘みは上々とのこと。

ちびちびとだが、キノコが採れている。
ちびちびときのこ
凍っているのが愛嬌で。。。

摘んできたきのこにくっついていたのはかえるちゃん。
れれれ。。。
小豆大のカエルなんて初めて見たよ!!
可愛いけれど、摩訶不思議なものを見たようで心穏やかではない。

近寄って撮ったが、かなり嫌われた感じ。。。
落ち葉の下にそっと移したけれど、この気遣いを判って欲しいなぁ。
れれれ。。。

posted by けい at 19:56| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

最近のお気に入り

娘のところで見聞して、なるほどと思った道具を幾つか。

まずは「醤油差し」
今までいろいろ使ってみたけれど、漏れない、伝わない醤油差しにはなかなか出合え
なくて、有ってもガラスや瀬戸物は高価。
粗忽ものの私は何度か割って懲りてしまい、仕方なく某メーカーの卓上用の醤油の
小瓶を利用していたのだ。

娘の家で使っていたのがこの醤油差しだが、じつはこれ、100均商品。
漏れない、伝わない、出過ぎないの優れもの。
お気に入り1
関東圏が主だと思っていたら、関西でも店舗を見かけるので吃驚した「セリア」
宣伝料を貰っているわけではないけれど、面白い商品が幾つもあって楽しい。
珍しく、レジかごをいっぱいにして帰ってきた。

「ミルペッパー」
胡椒ひきは木製のものを利用していたが、イマイチ使い勝手が悪くていつの間にか
調味料棚の片隅に放りっぱなしで、もっぱらグラインダー機能付き粒胡椒を利用して
いた。
これが小振りでなんとも使いにくい。
調理中に湿った手でゴリゴリしにくい上に、うっかりすると支える手首に負担がかかる
という代物。
そんなに安くはなかったのになぁと言いながら、我慢していたのだった。

娘宅で知ったのがこれ。
グラインダー機能付きなどと舌を噛みそうなことを言わずとも、簡単にミルペッパー
というのですってね。
カルディ・コーヒーファームで購入したというので検索してみたら、たまたま町の家
の近くにあったので早速行ってみた。
お気に入り2
お薦めはレインボーとのことで、ブラックと二種を購入。

カルディ・コーヒーファームは商品がいろいろ豊富でとても面白い。
多分目の色を変えて眺めていただろうと自覚する私だが、負けずにKiiさんも
結構楽しんでいた様子。

ミルペッパーはコストコに行った際に購入しようと考えていたのだが、仕事の都合
もあり、いつのことになるか見当がつかず。
それに、野迫川の作業とどちらを優先するかを考えたらね。。。

コストコは大量に買わなくちゃいけないけれど、此処は少量をいろいろ買えるのが
嬉しい。
ただしその分、ものによっては割高なものもありそうだが、そこはそれ、どちらも
それなりの利点有りというところだろう。
塩類も種類が多いし、面白そうな辛子ソースもたくさんあって、次はそういうもの
を重点的に仕入れてこようかな。

「ピーラー」
以前は野菜の皮むきなど包丁で充分だと思っていたのだが、子供たちが山でカレー
を作る際に便利かなと買ったのが始まり。
でも、安いものはそれなりの欠点もありで使いにくく、つい片隅に追いやっていた
のだが、「京セラのセラミックピーラー」、これは使い勝手がとてもいい。
京セラセラミックピーラー
薄くて楽に剥ける優れものだと重宝している。

このところ凝り固まっている頭には、とてもいい刺激になった三点である。

posted by けい at 20:15| 奈良 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

寄り道、回り道

前半と後半に分かれる連休というのは、山への往復時間が勿体ないなぁと
つくづく思う。
ガソリン代もロスだが、一番堪えるのは作業時間が減ること。
まぁ、今回もそれなりに頑張ったとは思うけれど。

後半の連休は一日を所用を片付けたり、普段寄れない所に立ち寄ったり、
買い物をしたりで費やしてしまった。

野菜類の買出し
野菜類1

野菜類2

道の駅では春の植物祭が開催されていて、「寄り道してもいい??」
「いいけど、この先予定通りに回れないところも出てくるよ」
「うん、そうなったら予定変更して諦めるから」ということで。。。
「こういうことになるという危惧はあったんだよね」とkiiさん。

園芸相談が催されていてブルーベリーのことを聞きに行ったkiiさん、
“ブルーベリーはアルカリ性にしなくてはダメ”と言われて、吃驚したそうな。
プレゼントの苗
これは相談者へのプレゼント苗ですって。

さて、購入した苗。
ライラックはカミキリムシにやられて何株枯らしたことか、え〜っと、7株?
kiiさんの顔をチラリと窺いながら、懲りもせずにまた買ってしまった。
ライラック

ブルーベリー。
ブルーベリー
この品種は初めてで、大実らしい。
そこそこ大きな株があったので購入。
ブルーベリー

たまたまクレマチスが半額セール中だった。
クレマチス

欲しい欲しいと思っていた「テッセン」
テッセン
思わず飛びついた!

テッセン
素敵でしょ!

ジャックマニー系の「レッドスター」
kanan05a.jpg

葉も個性的
レッド スター

勧めてもいないのにkiiさんも一株選んだところを見ると、自身も楽しんで
いなかったとは言えないでしょ?(笑)
クレマチス1
大輪のこの花、寒さに強ければいいのだが。

これね、こんな名札が付いていたが、、検索してもありゃぁせん。
クレマチス1
これはいったいなに?

嵩張るし重いのでレジカゴに上のクレマチスを入れ置き、他の花を見ていたら、
何人もの人がカゴから出しては自分のカゴに入れようとしてるのよね。
「あの、それ、買うつもりなんですけど。。。」
「いやぁ、そうなん? 売り物やと思ったわ」
「売物がレジカゴに入ってますか!?」と、思わず言い返してしまった。。。
しかし、この厚かましさ、恐るべし大阪のおばちゃん連。
あぁ、成りきれていない私。

一面に咲き誇っていたドイツスズランも野ウサギに食べつくされたが、
見ておれ、、、リベンジなのだ。
ドイツスズラン
再びを夢見て大株を4鉢購入。

高鴨神社の日本桜草展は駆け足で。。。
高鴨神社の桜草展
今年はなぜか「撮影禁止」になっていたので、遠くからパチリ。
あずましくなかったなぁ。

切れかけていた三河味醂と千鳥酢と豆板醤、強力粉など
三河味醂と千鳥酢など
酢をたくさん利用する我が家。
千鳥酢が残り少なくなると心細いから、補充できて一安心。

肉系はずぅっとなくても平気だが、魚介類が三日続けてないのは耐えられない
という困った二人。
山入りのお供は何はさておいても魚介類なのだ。
魚介類
ずぅっと山暮らしの日々が続くようになっても、手に入れられるだろうか。

珍しくホテイウオがあった。
「買おうよ」とkiiさん。
でも私は「う〜〜ん、、、」
ほていうお
「関西では滅多にないよね」に押されて買ったはいいけれど、実は私は
イマイチなのだ。

グロテスクな雰囲気だけれど、よく見ると可愛い顔をしてるでしょ?
ほていうお
ゼラチン質が最高なのよ。

ほていうお
美容を気にされる方たちには最適の食材なのではないかと思う。
が、しかし、美容よりも食い気を優先する私としては、グロテスクは横に置いて
おいて、どちらかというとホテイウオよりもばばぁだね!!

「ばばぁ、ほていうお、ねこまたぎ」
http://nosegawaclub.sakuraweb.com/hitorigoto04/04-02.htm

posted by けい at 21:00| 奈良 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

町家のひなまつり

野迫川からの帰路、高取町土佐街道の「町家のひな祭り」に寄る。
平日狙いだが人はそこそこ訪れている。

覗かせていただいた一軒めは4番のお宅で、シンプルな飾り付けがとても素敵
だった。
雛をあしらった掛け軸も華やかさを添えて。。。
雛飾り1
高取町の雛巡りは初体験だったので、いろいろ親切に教えてくださるのが
とても有り難かった。

雛飾り3
このお宅の雛飾りは明治時代のものだそうで、表情もおだやかで古典的な
雰囲気。
ガラス越しではどうしてもこちらの光景が写りこむので、その良さを純粋に
味わえないのが残念。

青竹を利用した飾りつけも、それぞれ工夫されていて楽しい。
雛飾り2

雛飾り6

メイン会場の「雛の里親館」にて
雛飾り4

雛飾りは中央と左右の三列ではるか彼方まで。
雛飾り5
中央は江戸飾り、左右は京飾りとのこと。
パノラマで撮るとダイナミックだろうが、人が多すぎて断念。
お雛様もこれだけ並ぶときらびやか過ぎて、落ち着かない気持ちになるのは
私だけだろうか。。。

この特大の段飾りの反対側に展示されていたお雛様。
雛飾り4
奥は明治時代のものだそうな。。。

雛飾り4
こういう古いものは趣がある。

いい香りについフラフラ、「焼きこふんぐり」なるものに出合う。
こふんぐり
米粉、きなこ、もち米などを使った高取の伝統菓子「こふんぐり」なるものを
焼いて食するのだそうな。
お腹が空いてきたので一本ずつ買って食べながら歩く。
外側は香ばしく焼け、中はふんわりの食感。
素朴な味わいで後口のなんと良いこと。
「もっと買ってきたらよかったね。。。」

駐車場への道を辿りながら目に付いたのがこれ。
児童公園1
なかなかいい雰囲気だよね、何だろう?と正面に回って吃驚。
児童公園2
なんと、児童公園なんですって!

雛巡りの数時間はこうして終わった。
kiiさん、無理やりつき合わせてごめんね。

巡るのもいいけれど、来年は個人でたくさんの雛飾りを所蔵している地元の
お宅を拝見しに行こうかな、それとも富田林の寺内町の雛飾り探訪にしようか。
と呟いたら、「次回からはお好きなようにお一人でどうぞ」なんて。。。
冷たいことを言わないでよね、kiiさん。

posted by けい at 19:00| 奈良 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

おめでとうございます!

新年おめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


庭巡りの気力が湧かないほど山は冷え込んでいる。
もっとも今ごろ咲く花は山にはないから、ログハウスからチラチラと眺める
という横着さ。。。
年賀
ログ横の南天群がたくさんの実を残しているのに吃驚した。
あちこちに増えたら嬉しいなぁ。

昨夜は−5℃、今夜はもっと冷えるかもしれない。
凍み豆腐作りに絶好だと5丁分を水切りしている。

年末の疲れが残っていて、ゴロゴロばかり。
31日も早々に寝てしまったし、元旦も本を読むでもなし、映画を観るでもなし。
これではいかんと思うが、kiiさんの「こういう日も今は必要さ」を免罪符に
している。(苦笑)

それでも年始の雑煮だけは作らなきゃね。
人に言わせると、我が家の雑煮は少し変わっているそうな。
亡母の雑煮から変化して我が家風になったが、娘もしっかりこの雑煮を受け継ぎ、
孫たちにも雑煮はかくあるべしとインプットされてしまった様子。
雑煮1
鰹と昆布の出汁をしっかり取り、すまし仕立てで、具は大根、小芋、小松菜、
ニンジンがベースで餅は丸餅を焼く。
雑煮2
出汁を張ったら柚子皮を散らしてイクラを乗せ、その上に削りたての鰹節を
たっぷり乗せてできあがり。
雑煮3
本当は此処にきぬさやや三つ葉も入るのだが、高価すぎたのでパスした。

屠蘇肴は時間がなくて最小限しか用意できなかった。
「数の子、昆布巻、かまぼこ、なます、黒豆、ごまめ、だし巻き」
ごまめは売っているものは甘すぎるから絶対に自分で作りたい。
今回は炒り役もkiiさんにお願いした。
切り胡麻をまぶしてねとkiiさんに頼んだら、加減というものを知らないのか、
ごまめが胡麻ごまめになったが、これが意外に美味しくてつまみにも
いけることを発見。
ナッツをまぶしても美味しいよね、きっと。
普段も作っておやつにしようと思う。

明日は初詣に行こうかな。。。

ラベル:雑煮 南天
posted by けい at 18:00| 奈良 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

雑記です。

前回の山入りの際のこと、kiiさんが「ログ横のカリンにも実が生って
いたんだね。知らなかった。。。」と指差しながら言った。
「ほら、あそこだよ」「え〜っ、どこ??」
カリン

木守柿ならぬ木守花梨?
カリン
今まで実ったことがなかった株に実が生りだしたということは、今後に期待
できる?
今年は裏年だったのか収穫はひどく悪かったのだが、これが交互にきてくれた
らいうことがない。
まぁ、そんなうまい具合にはいかないだろうが期待感は大きい。

寒さ対策でジャカランダや観音竹の鉢を室内に取り込んだが、行けない日が続く
とは思わず、この調子では水切れが心配だ。。。
観音竹
室内をジャングルにしないで下さいとkiiさんは渋い顔。

ジャカランダの株元には「セランダイン」が勢いよく緑の葉を見せている。
ジャカランダの鉢
庭のセランダインはまだ影もないのにね。。。

今日は少し早上がりできたので、延滞になっていた図書館の本を返却に行った
のだが、新刊の予約本がたくさん届いていて帰路のほうが重くなった。
本が増え続けて困るので、最近は“読んでから買う人”
図書館からの借入れ本
正月休暇中に読む本はもう満杯だね。。。
この本、左のほうは私の好みだが、右側はkiiさんの予約本。
好みが全然違うでしょ。
posted by けい at 20:05| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

そして誰もいなくなった。。。

選挙ですね。。。

腕組みをして新聞を睨みながら唸っていたkiiさん。
「アガサ・クリスティになってしまった」と呟く。
「エッ? 訳が判らん。」
「消去法でいったら《そして誰もいなくなった》なんだよ」
「人を選ぶのにも党を選ぶのにも、これほど悩むことって今までにあったかな」
と続く。
確かにそう。
周囲の人たちの話でも、どこに?誰に?と悩んでいるらしい。

予測では旧政権が息を吹き返す勢いだそうな。。。
現政権も決して良い出来だったとは言えないが、そのベースにあるのは旧政権の
悪政であることを思うと釈然としない。

入れたい人も入れたい党もないけれど、しっかり考えて
「棄権は絶対に致しません!!」

**************
道中ブックオフに立寄って気分よく午後遅くに山入り。
雪はほとんど融けていた。
「あら、まぁ」である。

荷物を運びかけて「アラッ!!」
ログ前の庭、ネットインネットに侵入者あり。
見回って吃驚、いつぞやのように境界の防獣ネットに鹿が角を引っかけていた。
お蔭で後始末にてんやわんや。

あと一週間ほどで何とか日常を取り戻せるかもしれないと、希望願望。
本1
正月休暇は本と映画三昧で過ごすのだ!!

posted by けい at 20:55| 奈良 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

ご連絡

昨夜コノハズクの記事をアップロードしたと思ったら急に成形が乱れてしまって、
吃驚しています。
Seesaaのほうに急遽メールで問い合わせていますが、まだ返答はなく、今
その記事を全削除したら回復。
どうなっているんでしょうね。
コノハズクの記事は再度書いてアップします。

またご迷惑をお掛けするかもしれませんがよろしくお願いいたします。
posted by けい at 05:54| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

五條新町かげろう座

昨年は台風で中止になった五條新町かげろう座、今年も当初の予報では危ぶまれ
ていた天気がだんだん変化して、まるで真夏日のような暑さ。
吉野川
歩くのがままならないkiiさんは車で待っている。
一人で気楽にと言いたいが待たれるとゆっくりできないもので。。。

古い家並みが味わい深い新町通り。
新町通り
フリーマーケットも年々拡大している様子。

新町座をはじめ、いくつかの会場では種々のパフォーマンスが予定されていたが、
あまりの暑さに「もう、たまらん!!」
新町座

催し
早々に退散したが、帰路に着くころには歩くのもままならないほどの人、人、人。

しかし、一気にこういう蒸し暑さが来ると体調も狂うよね。
「ちょっと待って!」と途中下車をしながら食料品などの買い物を済ませ、山の家に
帰ると涼風にホッとする。

 じつは食料よりも大事だったりして。。。(笑)
花の苗
バラの苗を二つ。

箱の中は最終バーゲン価格の雪割草。
花苗
店頭に残っていた17個を潔く買ってきた。
だってこれ全部で170円なんだもの。
こういうのがすご〜〜く嬉しい!!

待っていたkiiさんが一瞥して「なんでユキノシタを買ってくるのさ、いくらでも
あるじゃないの」と呆れ声。
「花を見よ!!」
八重咲のユキノシタ

八重咲のユキノシタ
八重咲を見つけたのだ。

野菜の苗も幾つか。
野菜苗
ミニトマトやキュウリ、韓国唐辛子など。
苗はやわらかくておいしいから、植える前に囲わなきゃ待ったなしで野ウサギや
鹿たちのお腹行きになるかもね。

posted by けい at 21:15| 奈良 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

いろいろ、です。

kiiさんの仕事が少し長引いて、先ほどようやく山入りした。
遅くなった分、明日はバッチリがんばらなくちゃ。。。

道中で食材を仕入れるが、野菜が高い。
ガソリンも高くなっているし、いろいろジリジリと値上がりしているような。
やだねぇ。
JAで買い物

荷物をあらかた下ろしてから、明るいうちにと庭の見回りに行ったkiiさん。
「フキノトウが出てないよ!!」
「エ〜ッ、今年も鹿に先手を取られたか!!」
みそ
ふきのとう味噌を作ろうと、味噌もたくさん買い込んできたのに。


ところで野菜が高いと書いたが、、、我が家のベランダの水耕ミニ菜園。
トウミョウ
町の近所のスーパーでずっと途切れていた豆苗だが、このところ週に一度ぐらい
スポットで登場している。
また入らくなったら困るから見かけると複数で買うようにしているのだが、二次栽培が
どんどん増えてこれは二箱め。

その傍らでは椎茸を干している。
椎茸
これは自家栽培ではない。
まだ寒いから山の椎茸は出たとしても時期はもっと先になる。
しかしこの椎茸、これだけで990円也。
椎茸に関しては育てるのが空しくなるね。

今日はかますごも夕食の一品に。
カマスゴ
私はもっと大きいものも平気だが、kiiさんはこのぐらいの大きさまでが好み。
上品にできているんですって。。。(笑)
焼いてポン酢に絡めたのが好きだ。

「かますご」って難しい字なのよね。
「梭子魚子」、、、ちょっと読めない。

関東では“こおなご(小女子)”大阪では“かますご”兵庫では“いかなご(玉筋魚)”
九州では“かなぎ(金釘)”と呼称も様々だそうで、西日本では“シンコ(新子)”とも
呼ばれるが全部同じものだったのか?
しかもどの呼び名も馴染み深いのが不思議だ。
それほど生活の中で親しまれてきた食材だということなのだろう。

小さなイカナゴのちりめんは“かなぎちりめん”として売られているが、これは
九州から来た呼び名なのだろうか?
ちりめんじゃこが大好きな私だが、このかなぎちりめんはまた格別に好みで、大袋
を幾つか切らさずに冷蔵庫と冷凍庫に入れてある。
おやつにムシャムシャ食べる私をいつも気味悪げに見ないでよね、kiiさん!!

posted by けい at 18:00| 奈良 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

嬉しかったこと

このところ嬉しかったことを幾つか。。。

少し年上のお友達、恵美ちゃんからのプレゼント。
草履
欲しかったのよね、藁草履。
ログの上履きにどう?と戴いたのだけれど、すご〜く快適。
じつはずっと布草履を作ろうと考えていたのだ。
作り方もいろいろプリントして、kiiさんの道具作りを待っているところ。
ヘェ、こんな風になってるんだとタイムリーな参考資料である。


立山のプロのカメラマン、高橋敬市さんのカレンダー。
いつも目に入るようにと、PCの傍らに掛けてある。
カレンダー(1)
送り主は高橋敬市さんとはお友達の熊さんきぃさんご夫婦で、立山在住。
我が家の貴重なる薪オーブンの実家でもある。

毎年送ってくださるのだが、写真は生でハガキにもなっている。
でも勿体なくて外して使おうなんていうことは考えられない。
お役目が終わった分も大切にしまってあり、時々楽しみながら拝見している。
カレンダー2

高橋敬市氏の公式サイトは下記です。
http://photo-natur.com/

写真繋がりで。。。
私のPCの現在の壁紙。
南さんに無心して送っていただいたもの。
ほんとに、素敵でしょ!!
南さん、またまた事後承諾ですみません。
南さん撮影
私の原風景に繋がる写真の数々は、宝物です。

南さんのブログは下記です。
「ナチュラル北海道」
http://naturalhokkaido.blog.fc2.com/
「花海道」
http://hanakaido2012.blog.fc2.com/


毎朝お弁当作りなんだけど。
今朝、玉子焼き用の卵を割っていたら双子ちゃんだった。
小さな黄身が二つ寄りそっているって、なにかほんわかして嬉しくない?
双子ちゃん

posted by けい at 20:54| 奈良 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

バレンタインチョコ

我が家は世間一般の行事にはあまり関心がないほうかもしれない。
頑なということでもないのだが、海外の風習に染まることは少ないし、日本の
ものでも「ふん!」というものも多い。

価値観も人生観も宗教観も人それぞれ、いろいろあっていいはずだものね。
我が家は我が家流でいいと思っているから、他所のお宅がどうであっても気に
ならないというのが本音かな。

「偏屈なんだよ、けいさんは。。。」とkiiさんが言うが、そんなことも
ないんだけど。。。
だから、ほら、ホワイトデーなんてまったく無視されているのに、ちゃんと
チョコぐらいはプレゼントするでしょ。

「ホワイトデーのお返しが欲しかったの!?ブックオフツアーのほうがいいって
言ったの誰だっけか。。。」
「え〜っ、そんなこと言ったっけ?」
08a.jpg
kiiさんの好みはビターなチョコ。
今回はcacao70しか手に入らなかったが、もっときついのが好みらしい。
中にいろいろ入ったものも、特に洋酒入りなんて私はすご〜く好きなんだけれど、
kiiさんにはあっさり却下されている。

苦いチョコは敬遠気味の私、つまんないからお気に入りの店でシュークリームを
買ってきた。
04a.jpg
前回買い込んで山入りしたが貝騒動で、大方がkiiさんのお腹に納まったのだ。
食べられなかったのが悔しくて、今日は10個も買ってきちゃった。
ふふふ、今夜は思いっきり食べるのだ。。。
posted by けい at 19:58| 奈良 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

だいだい顛末記

散歩がてら出掛けた先で橙を見つけた。
橙は年末にはしめ飾りやお供えに使われるから見るけれど、それ以外では
滅多に店頭で目にしない。
流通しない果実なのか、購買客が少ないのか。

「橙の絞り汁でポン酢を作ったの、あれは旨かったよね!」と、たまたま
手に入った数年前を思い出してはkiiさんが未だに口にする。
ほんとうに美味しかったのだ。

ここからは私のドジの顛末記。

今日は歩きだしなぁ。重いよねぇ。持って帰られるかなぁ。。。
暫し逡巡した末に、箱を持ち上げて「うん、これぐらいならいける」
一箱買い求めて歩き出したはいいが、持ち重りしてくることと形状の持ちにくさ
をまったく考えに入れていなかった。
紐を掛けて持ちやすいようにはしてくれたが、ミカンの大箱(高さが27センチ)
にたくさん入った橙は流石にズシリと手に余った。
唸りながら帰ったのだが、じつに重かった。
手の痺れは半日取れなかったものね。

帰宅したkiiさんが呆れ果てて大笑いした。
「馬っ鹿だなぁ、後で引き取りに来ますと言って取り置いてもらえばよかったのに」
そうか。。。そういう手があったか。
「橙だ、橙だ!!」
舞い上がって、とにかく買わなきゃとしか考えられなかったものね。

値段を聞いてkiiさんはずっこけた。
一箱500円!?
だいだい
数日して、あるかなと不安を覚えつつまた買いに行ったものね。(笑)
今度は橙が目的だから歩きじゃないですよ。

先日の凍み豆腐。
もうほろ酔い加減なのでかなりガサツですが、一番手前が凍み豆腐。
豆腐でもない、高野豆腐でもない。
今夜は油揚げと干し椎茸、フキで煮てみた。
凍み豆腐

買い物に出ないと決めて冷蔵庫一掃週間。
赤蕪の酢漬けに漬物風白菜サラダ、残り野菜を使った有り合せの茶碗蒸しに
凍み豆腐の炊き合わせ、ニンニクとタカノツメを効かせたハマチのソテーを少々。
野菜がいろいろあって他に魚が少し、こういう夕ご飯が大好き。

しかし、町の食器は半端ものばかりでまともなのがないとつくづく思う。。。

ラベル:
posted by けい at 19:30| 奈良 ☁| Comment(13) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

正月準備は進んでます?

町のスーパーや市場は正月の買い物客でごったがえしている。
我が家は今年はkiiさんが大晦日にまで仕事に引っかかっているうえに(文句は言っていま
せんよ。ありがたいこってす!)、年始は早くから仕事なので簡素化に超が幾つもつくほどの
いい加減さ。
それでも多少は正月気分を味わいたいもので。。。
カンパチやいろいろ
堺市の大浜の魚市場の魚屋さんに頼んであったカンパチや塩いくら、生のホタテ貝柱
などを、早朝に受け取ってきた。

これを捌いて刺身用や魚しゃぶ用にするのはkiiさんの役目。
カンパチ、今年は一回り大きい

何もかもが前年より数割増しの高値で吃驚したのだが、中でも「五郎藤」のウナギには
目を剥いた。
売っているおばさんでさえ「これ、間違いじゃないよね」と何度も何度も見直すぐらい
に高価なのだ。
これらの食材に赤いかや雑煮用の小松菜や柚子も添え、冷蔵便を仕立てて娘の元へ送る。
これは年末の恒例行事。
子供たちの喜ぶ顔が目に浮かぶ。

野菜の高値にも目を剥く。
最低限の用意だけして後は買い控える。
こういうときには自家菜園はお役立ちなのよね。
そう思って大事にしていたセリとミツバだったのだが、の記事のような有様なんだ
もの。
お正月には大振りの茶碗蒸しを食べたい!!
茶碗蒸しにミツバは必須でしょ。
泣く泣く高価なミツバをひと束だけ買った私。。。

さて雑煮用の鰹節も届いた。
鰹節

あとは屠蘇肴を何種か用意するだけ。
子供たちが身近に居たら、こんなズボラなことはできないけれど。。。

posted by けい at 18:00| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぼやき納め

12月は町暮らしの日々が続き、山には僅かしか居られなかったのだが、
その僅かの滞在も失意と落胆ばかりだったという、今年のぼやき納めを
さっさと済ませておこう。。。

お昼の汁の実用にとセリと三つ葉を摘みに行ったのだが、まるっきり何にもない。
敷地の周囲を見回って吃驚した。
防獣ネットは南と西面は12月に入る前に補強したので安心していたのだが、そこが
入れないとなると何とかしようと考えるらしく、東と北面が体当たりで杭はへし折られ
ネットがズタズタになっていた。
ズタズタの防獣ネット1
入りたい放題、食べたい放題。。。
ズタズタの防獣ネット2
修復に途方も無い時間と労力を費やしたのだった。

私だって当事者でなければ無責任に動物保護を訴える側に回っていたかもしれない。
でもね、そりゃぁ理想論では何とでもいえる。
実際に被害に遭って、それでも保護云々を口にすることができる人がどれほど居る
のだろう。
暮らしてみてこんな目に遭わなくては判らないこともある。
何でも口で言うのは簡単だが、理想と現実は大きく違う。

動物たちの住処だった山に入ったのは人間だから食害など辛抱しなくちゃならない
という人もいるけれど、何百年もの年月の中で人が営々と築き上げてきた歴史とい
うものもそこにはある。
昨日今日に山に押し入ったというものではないのだ。
保護も必要だろうが獣害が厳しい昨今、人の生活も保護されてしかるべき大切なもの
だと思う。

電気柵を作ったらいいんですよ、、、それも口で言うのは簡単だ。
途方も無い費用がかかってくる。
しかも、そういう設備をしたからといって撃退できるとも限らない事例もある。

雪に閉ざされて買い物もままならず、何しろ一番近いスーパーまで車で往復二時間。
それも車を持たない高齢者所帯が多い山暮らしで、こんな風に食害され、冬場、
新鮮な緑の野菜が手に入らない、というのはしんどいものがある。
うちはまだ数少ない作付けだし仕方ないと思えるが、健康被害にも繋がりかねない
ことを考えると一概に保護、保護とはいえないのだ。
お金を出せばなんでも手に入るという町暮らしとはかけ離れている、過疎の限界集落
だものね。。。

彼らの悪食振りといったら、、、アジサイですらバキバキに。
アジサイも無残
その凄まじさには「な〜んもだぁ、もう笑うしかないっしょ」といいたくなる。


自然災害に泣かされた一年が過ぎようとしている。
哀しみも辛さもいつかはきっと乗り越えられるときがくるだろうが、先が見えない
のは原発事故。
東電の無責任な言い訳、原発を推進してきた国も一蓮托生、それをそ知らぬ顔で
責める野党の筆頭は旧与党、そして容易に解決できそうにない放射能の恐さ。
こんなことはもうご免だと大声で言いたい!!
どうか来年はぼやくことの少ない一年でありますように。。。

posted by けい at 17:30| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする