2020年04月12日

金目鯛が大好き!!

最近填まっているものの筆頭はキンメダイ(金目鯛)。
美しい魚だが、金目というけれど銀目だよね。
釣りあげられる前は金なのかな?
素朴な疑問。(笑)
キンメダイ1

キンメダイは刺身も焙りも実に美味しく、一等級に位置しているといっても
いいのではないか。

魚自体も美しいが、調理したものも美しい!!
刺身と焙り、まったく別物のような味わいが何ともいえない。
キンメダイ2
アラは豆腐や凍み豆腐と煮るとまた格別の味わいで、すべて美味しく秀逸だ
と思う。

店頭にメカブもあった。
メカブ1
メカブは好きで平生は乾燥して刻んで売っているものを利用しているが、
春のこの季節だけしか手に入らないメカブは、見かけると必ず買うことにし
ている。

刻んで熱湯を通すと美しい緑色になる。
メカブ2 メカブ3
出汁と酢に果汁を添えて調味し戴く。

もう無理かなと思っていたシイタケが少しだけ出ていた。
しいたけ
一部は澄まし汁や焼きシイタケで利用し、後は干した。
シイタケが残り少なくなると寂しいのだ。
最近好きなものが高野豆腐、シイタケ、カンピョウやヒジキの煮物だから。

遅きに失したかと思っていた小松菜や水菜が、暖冬だったおかげでずいぶん
長く楽しませてもらえた。
百均で一袋50円で買った種がなんという貢献度か。。。
ミニ菜園には妥当な種の量が嬉しい。
水菜は食べ尽くしたが、小松菜がまだ少し残っていて蕾を持っていた。
小松菜
菜花は大好きでよく買っていたのだが、先日初めて小松菜の菜花を食べてみた。
う、う、旨い!!
売っている菜花よりずっと美味しいと吃驚している。
今年の冬は小松菜をたくさん植えたいなぁ。

行者ニンニクが大分増えてきた。(左の画像)
アサツキももう食べられそうだ。(右の画像)
行者ニンニク アサツキ


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


posted by けい at 08:02| 奈良 | Comment(2) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

スリランカカレーと鹿肉とケーキ

野迫川村でたった二名の道人会メンバーのSさんが、出張料理人を申し出て
くださった。
スリランカカレーというから興味津々。
最近スパイスカレーに興味があり、作ってみたいといろいろスパイスや材料
を集めていたところだった。
我が家にあるスパイスはかなり種類が多いけれど、彼女が持参したスパイス
は知らないものも多くて、手にとってみては未知の香りに胸がワクワク。
(夢中になっていてメモと写真を撮りそびれた)
スリランカカレー1
道具にも興味津々。
代用できるものがないかと密かに模索している私である。
スリランカカレー2

コトコト煮込み始めたのはメインの鹿肉のカレー。
スリランカカレー3

やがてのほどに完成して盛り付けにいそいそ。
スリランカカレー4

スリランカカレー5

完成写真がこれ。
名前が分からないのだけれどカレー二種に付け合わせの野菜料理が二種。
スリランカカレー6
もう一種豆のカレーを作りたかったとのことだが、次回の楽しみにさせて!
とお願いする。

町ではインドカレーなどの店舗を多く見かけるようになっているが、今まで
入ったことはなかった。
ましてやスリランカカレーというとまったく想像のできない世界だ。
鹿肉のカレーのあまりの美味しさに絶句する。
鹿肉ってこんなに美味しいのか、下処理の工夫があるのだろうなぁ。
続いてジャガイモのカレー、これもとても美味しい。
填まるよ、スリランカカレー。。。


お土産にいただいたのは鹿のロース肉とモモ肉、内臓二種。
鹿肉

kiiさんの誕生日を祝って焼いてくださったのは、名付けて「雲海ケーキ」
ホールのままのものを撮りそびれてしまったが、これもとても美味しかった。
雲海ケーキ
タルトにはヨモギが刻み込まれていて、春らしい風味が最高。

ごちそうさまでした!

埼玉に住む娘と話をした際に、グリーンカレーに填まっていると聞いたが、
実はグリーンカレー、イエローカレー、レッドカレーなるものにも興味津々
だったのだ。
これはタイカレーの分野?
当分週一でカレーが登場したりしてね。
kiiさんはうんざりかも。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 08:38| 奈良 ☀| Comment(4) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月15日

柚子胡椒のこと

調味料や香辛料が大好きだ。
毎度のことだが売り場の棚の前では動けなくなる。
特に、珍しいものや値打ちものには目がない。
そんな時はまるで呼ばれてでもいるように目の色を変えてスタスタと近づく
ようで、「あぁ、今日も。。。」とkiiさんは危機感を感じるらしい。

加齢とともに大して食べられなくなってきているのに、困った性分だと思う
がなかなか修正が効かない。
いい加減にしておかなければ、残された物の始末に娘が困るだろうに。

今回某店で発見したのが割引になっていた柚子胡椒。
鍋の季節になると新潟の「かんずり」、山口の「赤おろし」が食卓に登場す
るが、一年を通して調味料としても愛用しているのが「柚子胡椒」なのだ。
青柚子胡椒と赤柚子胡椒を見て嬉々としている私である。
柚子胡椒
青柚子胡椒7本、赤柚子胡椒が8本の計15本。
80グラム入りだし、ポイントも全部利用して一本212円になるなら
すご〜くお買い得じゃない??

嬉しくて豊かな気分になっている。
早速、手羽先の柚子胡椒焼きを作ろうかな。

自家製の柚子胡椒がずっと憧れだが、柑橘類が育たない地域なのが残念だ。
無農薬でないと怖いしね。


柚子化粧水を長く愛用しているが、一番古い右側の瓶はもう5年ぐらい前の
もので、トロリとしている。
柚子化粧水
左はこの冬、柚子の種とリカーを足しながら作っているもの。
果汁付きのままで種を放り込むので濁りがあるが、使用にはまったく問題が
ない。

**************
この三日ほどパソコンの動作が非常に遅い。
「故障にはまだ早すぎるよ!」とパソコン相手に罵っている。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 12:04| 奈良 | Comment(6) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月07日

水菜鍋が美味しい♪

昨日は久々の雪景色だった。
今年はこういう光景がまだ数度しか見られていない。
2月6日

今朝のニュースによると高野山では−4℃だったらしい。
2月7日朝
我が家は−5℃だった。

この気温が続けばいい凍み豆腐ができるのだが、来週はまた暖かくなるそう
で、どうもうまくいかない。

今まで暖かだったおかげでミニ菜園の野菜が良く育っている。

今夜は何にしようか??
「水菜鍋がいいなぁ」とkiiさん。

我が家の鍋で一番に位置するのが花山椒の鍋で、二番目が水菜鍋。
フグもカニもカンパチも美味しいし、火鍋もツミレ鍋もちゃんこ鍋も好き
だが、なぜか水菜の鍋のほうが好みなのだ。
コスパの面から言っても最高だし、その美味しさには絶句する。(と思う)
人が寄ったときなどこれでもかというぐらいに大盛にした水菜が、綺麗に
無くなってしまうから驚きである。

裏のミニ菜園で水菜を摘んできた。
今日は二人鍋なので水菜も少なめ。
水菜

昆布と鰹節でしっかり出汁を取り、水菜の相方は油揚げとシャブシャブ用の
豚肉を少しだけ。
油揚げはパリッと焼くのが必須。
水菜鍋
柚子胡椒を添えていただく。

この鍋はもう35年以上我が家の定番。
最初の頃は焼いた油揚げだけだったが、いつからか豚のしゃぶ肉が加わった。
お餅を入れるのも美味しいし、翌日の雑炊もいける。

寒いときは鍋が一番だね。
あぁ、美味しかった!!


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
ラベル:柚子胡椒 水菜鍋
posted by けい at 18:07| 奈良 ☁| Comment(4) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月03日

石焼きビビンバのこと

ビビンバと言っているけれど、正しくはピビムパプらしい。
しかも三つめのムと5つめのプは小文字というから難しい。
ネットの某有名レシピにはビビンバと載っているから、それで通させてもら
ことにしよう。

美味しいキムチが手に入ったら、まずは石焼ビビンバにしたいと思っていた。
ビビンバは石鍋で焼かなくても美味しいが、薪オーブンが稼働している間は
石焼きにしたい。
まずはナムルもどきを作る。
自己流だから「ナムルもどき」なのだ。
石焼きビビンバ1
牛肉も佃煮風に甘辛くして。。。
あいにくビビンバの定番らしいゼンマイは手元になかったのでパスしたが、
コゴミの干したのがあったからそれを使ってみてもよかったとは後の祭りだ。
ほうれん草、大根、ニンジン、豆もやし、岩海苔、キムチの細切りも用意して、
好き好きに盛り付けする。
ご飯は各自の好みだが、どちらかというとかなり少なめで具っ大傾向である。
石焼きビビンバ2
ビビンバは栄養のバランスもすごくいいと思う。

キムチと一緒に買ってきた岩海苔は、細かく裂いて味付けしてあるが、これを
乗せると見た目も味も一気に引き締まるから不思議。
石焼きビビンバ3

薪オーブンの天板の上で暫し焼く間に、わかめスープを作る。
石焼きビビンバ4
写真を撮る前に「もうそろそろいいかなぁ。おこげはできているかな」とひっ
くり返しかけたので、右の石焼きは汚くてすみません^^;

焼きあがって混ぜ混ぜして、、、大変美味しゅうございました♪

洗って乾かしオイルを塗っておく。
石焼きビビンバ5
今のところはこの鍋も再々出番がありそうだ。


今朝のこと、新聞に挟まっていた広告を何気なく見ていたら、どれもこれも
恵方巻ばかり。
なんと8枚も入っていた。
恵方巻
最近は豆まきの声もとんと聞かなくなったが、恵方巻は元気らしい。
すたれ気味かと思っていたが、なんのその。。。

「ここのは美味しそうだね、ここはイマイチだわ」と言いながら外野席は
煩い。

北海道で暮らしていた頃、豆まきは落花生だった。
季節の行事として子らを楽しませようとの配慮か、キャラメルや包装された
ミニ菓子なども混ざっていたのを懐かしく思い出している。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 07:46| 奈良 | Comment(8) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

キムチを買いに。。。

「生野区のほうまで打ち合わせで出るから、コリアンタウン辺りで降してあ
げようか?」
先日、「久しぶりに美味しいキムチが食べたいなぁ」と呟いたのを耳に留め
ていたらしい。
「打ち合わせに一時間ほど掛かるかもしれないけれど、帰りは拾ってあげる
よ」
それは助かる。
重いキムチをぶら下げて電車に乗るのはかなりつらいものね。

私は生野区の猪飼野にあるコリアンタウンのキムチが好き。
大阪府下は広くて、町の住まいからでも車で往復三時間は掛かるから簡単に
行ける場所ではない。
電車でも三本は乗り換えなので、もう長く訪れていなかった。

それに若い人や家族連れで溢れていて、土日など行けたものではない。
一度たまたま日曜日に掛かり、人に酔ってフラフラになったことがある。
お店の人に聞いたら、「最近は土日というとこんなものですよ!」
以来、平日以外は行きたくないのだ。

さて、久々のキムチを買いに、山田商店へ急ぐ。
キムチと岩ノリ
いろいろ見たかったが時間が限られているので、今回はキムチと岩海苔がメ
イン。
大きな岩海苔を抱え、重いキムチを提げて、嬉々として待ち合わせ場所へ向
かう。

スーパーに売っているキムチも買ってみたことがあるが、甘すぎたり、あっさ
りしすぎて旨味に欠けていたりで苦手だった。
妙な添加物が入っていたりするし。。。


帰宅して早速つまみ食い。「ウ〜〜ン、旨い!!」

美味しいキムチが手に入ったので、今夜のメニューは石焼ビビンバとわかめ
スープにしよう!
久々の出番になる石焼ビビンバの鍋である。
石焼ビビンバ鍋

パンフレットには一袋約1500グラム入りと書かれていたのだが、
念のためにと実際に計量してみたら、1000グラムだった。
ミスプリなら直していただきたいものだが。。。



♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 09:33| 奈良 ☁| Comment(2) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

マイブームはエビしゃぶ

好きなものは肉類か海鮮類かと聞かれたら、即座に海鮮と答えるだろう私た
ちの、最近のマイブームはエビしゃぶ。
クルマエビなどがおいしいのだろうが、しゃぶしゃぶにするには高価すぎる
ので、赤エビを使うことが多い。
これがけっこういけるのだ。
魚しゃぶ、エビしゃぶ、水菜の鍋に火鍋もどき、日替わりのように登場する
鍋は我が家の定番でワンパターン。
温まるし雑炊も美味しいし、冬は鍋がいいね!
赤エビ
水切りザルの手前にあるのは高野山の麩善の生麩。
これがあるとないとでは鍋の旨さが異なる、というのは大げさすぎるだろう
か。

もう今年に入って三度目になる「胡麻ごまめ」
胡麻ごまめ
回を重ねるごとに腕をあげているkiiさんである。
今回のものが一番上手く出来上がったかも。

例年ビニールで囲わなければならなかったプランターのパセリやイタリアンパ
セリが軒下で越冬できているから、今年はほんとうに暖かいのだなぁ。

朝はこんな状態だが
朝のプランター
日中は元気を取り戻している。
パセリとイタリアンパセリ
薪オーブンで久々にピザを焼き、生き生きしたパセリをたっぷり乗っけようか。

ブロッコリーもカリフラワーも大根、キャベツもどれも100円という店頭
の値付けを見ながら、複雑な気持ちになる。
ブロッコリー
おかげでこの冬は、ブロッコリーやカリフラワーをたくさん食べられるのが
嬉しいが、農家さんにはほんとうに気の毒だ。。。

植込みの時機を失したのが悪いのだが、我が家のミニ菜園に植えた「育たな
いブロッコリーやカリフラワー、ビーツ」を少々腹立たしく思いながら眺め
ている。

雪の少ない年は気温が低いのが今までだったが、雪はうっすら冷やかし程度、
気温もせいぜい−5℃まで。
うっすらと雪
この反動がどこかで来るのではないかと恐々としている。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 07:00| 奈良 ☁| Comment(4) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月09日

凍み豆腐ができない。。。

年末年始は冷え込むとの予報に、賀名生の上辻豆腐店の木綿豆腐を買って来
たkiiさん。
勇んで凍み豆腐作りに取り組んだまではいいのだが、寒波予想は何処へ?
凍み豆腐

しっかり水切りをして並べてくれたのに、思うような出来にはならずガック
リしている。

ログ前の小池
ログハウス前の小池には薄氷、木々も真っ白に霜が降りているけれど、これ
ぐらいの寒さではいい凍み豆腐はできないのだ。
お疲れ様、、、である。

ただ、路面凍結で事故が多発したり、雪倒木が停電を頻発させた年もあった
ことを思うと、凍み豆腐に不利な暖かさは有り難いと考えるべきなのかもし
れない。


ずっと気になっていたのが、継ぎはぎだらけになっていた入り口の防獣ネット。
そのうち直すよで数年が経過、やっと動き出してくれた。
防獣ネットを手直し1

本当は敷地の周囲に防獣ネットなど張りたくはない。
見た目は悪いし、緑の檻の中に住んでいるような気がして落ち着かないこと
この上ないのだ。
要塞ではあるまいし、200センチの門や塀などを張り巡らせるわけにもい
かない、だから仕方がないとは思うけれど。。。
カモシカ、鹿をはじめとして、イノシシ、野ウサギの来訪は断固遠慮したい
ものね。

防獣ネットを手直し2
継ぎはぎや汚れが一掃されてスッキリ、綺麗になったのはとても嬉しい。


ビニールでトンネルを作って冬場の葉物野菜を確保をしようと思ったが、小
松菜も水菜もたまたまツル野菜用のメッシュを立てた場所に植えてしまって
いた。
じゃぁ、このメッシュを利用してみようか。
実験の三角屋根方式はすこぶる勝手がいい。
簡易ビニールミニトンネル

今年はたまたま積雪も少なく暖冬で推移しているから、うまくいっているの
かもしれないけれど、カスタマイズしてこういうのもありだよね。


*****************
〇カメラを忘れる。カードリーダーを忘れる。パソコン用の眼鏡を忘れる。
最近の私の諸事情には困ったものだ^^;


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
ラベル:凍み豆腐
posted by けい at 08:36| 奈良 ☁| Comment(6) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

百合根と干し柿、柿チップス

ミニ菜園の奥まった場所に残っていた、コオニユリの根を掘ってみた。
ヤマユリにカサブランカ、オニユリ、コオニユリと、百合の大方はイノシシ
の餌食になってしまったのだが、此処のコオニユリは気づかれずに済んだら
しい。
一個100円で購入してきたものと変わらないほどの、そこそこの大きさは
ある。
百合根
百合根とミツバが有ったら銀杏と柚子皮も添えて、当然 茶わん蒸しでしょ
う?
でね、美味しかったのだ、百合根!!

気の長い話かもしれないが、一片ずつ剥いて育て、ひと畝ゆり根を植える、
というのもいいかもね。

先日戴いてきた干し柿用の柿。
干し柿
固いもの21個を剥いて吊るしてみた。
やわらかくなりかけたものが7個あったので、これは自然に熟するのを待ち
シャーベットにしてみよう。
渋柿の熟柿って上品な味わいで美味しいものね。

富有柿の小さくて固いものは柿チップス用に刻んで干した。
柿チップス
晴れの日が続けばいいのだが。。。


北海道のブロ友ご夫婦から嬉しい宅急便が届いた。
ジンギスカンと奥様丹精のニシン漬け、ありがとうございました!!
ジンギスカンとニシン漬け

関西ではあまり羊肉の販売を見かけないので、我が家のジンギスカン鍋は今まで
日の目を見ることがなかったのだが、今回は週末の楽しみができて嬉しい♪
ニシン漬けは総出で大仕込みのご様子。
ネットを介してそれを拝見するのが楽しいというのは、外野席の気楽さであり
まして、、、すみませんm(__)m


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 07:28| 奈良 ☀| Comment(8) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

厚揚げではないが、薄揚げでもない

吉野の賀名生の里にある上辻豆腐店は我が家のお気に入りで、山の家への道中
には豆腐を買い求めるのが常のことだ。
上辻豆腐店1
今回はソフト木綿豆腐と木綿豆腐のほかに油揚げも買ってきた。
画像の手前、左がソフト木綿、右が木綿豆腐だが、木綿豆腐の大きさには誰
もが吃驚して目を剥く。
此処のお豆腐はとても美味しくて、もう長くファンの一員である。

豆腐と並んで絶賛されているのが油揚げだ。
この大きさだが厚揚げではない。
だが、薄揚げの仲間でもなく、いったいなんと呼んだらいいのだろう。

こんがり焼いてきざみ葱とショウガ、削り鰹を掛けて戴くのが我が家の定番。
上辻豆腐店2

カニカマをほぐし入れたり納豆を挟み込んで、こんがり焼くのも美味しい。
上辻豆腐店3
カニカマ入りはkiiさんの好み、私は納豆入りが大好きだ。
刻み野菜のあんかけなども合うのではないかと思うが、まだ試してみたこと
はない。


昨年よりも半月遅れで薪オーブンに火が入った。
薪オーブン
焚口の右に開いているのがオーブン部分。
今日は天板の熱を利用して、「ホタテのヒモの甘辛煮」や「ひじきの炊いたん」
を作る予定だ。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 07:48| 奈良 | Comment(6) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

美味しいもののためならば

海鮮類の活きのいいのが食べたいね!
ここ数ケ月というものそう言い暮らしていた。
仕事が少し立て込んでいたり、雨続きで海が荒れていたり、うまく行けそう
な日は市場が休みだったり。。。
なかなか機会が作られずで、ご無沙汰していた堺の大浜の魚市場へ行ってき
た。
午前五時起きは平気だが、車で小一時間もかけていつまでこうして行けるも
のだろうか。。。
行けなくなると辛いなぁと魚大好き人間の二人である。
冷凍庫の空き容量とも相談して、今回は二品。

「カンパチ」
カンパチ

「イワシ」
イワシ
生を酢味噌で食べられるぐらいの鮮度のいいのが欲しい!との要望に応えて
ピッチピチ。
110尾もあり捌くのに閉口した。
あまりにも活きが良すぎて爪が割れてしまい痛くて参っているが、美味しい
もののためならば何のその。

ハモも鰹もじつに旨そうだと舌なめずりしたが、最近は大して量を食べられ
ないのだから次の機会にしようと諦める。

足りないものをいろいろ補充しながら山の家入り。

kiiさんの刺身醤油は湯浅醤油なのだが、それを買いに行ったついでに香
辛料も幾つか。
香辛料いろいろ
チリパウダーやカイエンペッパーが今回のメイン。

枝豆は最近は黒豆が主流なのか、みどり豆には滅多にお目にかからない。
珍しくJAにみどり豆が出ていたので嬉々として買ってきた。
枝豆
kiiさんの枝豆の好みは茶豆が一番、二番がみどり豆、次に黒豆。
以前に戴いて食したのが「新潟 黒埼産 さかな豆」だが、これは最高の
美味しさだった。
旨味、香り、食感どれも「新潟 黒埼産 さかな豆」を超えるものをまだ知ら
ない。

せめて茶豆を育てたいと何度か挑戦したが、姫ネズミや山鳩に全滅させられ
て泣きの涙で諦めたのだった。
来年は万全を期して作ってみたいなぁ。


晴れ間を見ては梅を天日干している。
梅干し
もう一日は干したいのだが、スカッと晴れる日が少ない。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 13:02| 奈良 ☀| Comment(4) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

簡単シバ漬&ミョウガご飯

エゴマとミョウガが摘めるようになるのを心待ちしていた。
我が家ではミョウガは薬味に留まらず、大量使いをする。

エゴマとミョウガ
右のエゴマの葉は醤油とごま油に漬け込み炊きたてのご飯を包んでいただく。
これがまた食が進み過ぎて困るほどの美味しさなのである。
似ているから青シソでもできるんじゃない?と言った人がいるが、青シソで
はこうはいかない。

さて、ミョウガのこと。
ミョウガを使って簡単シバ漬を作る。
材料はキュウリ6本に茄子3個、ミョウガ多め、新生姜も多め。
刻んで軽く塩漬けして一晩置き(左)、水分を絞って梅酢に漬ける(右)
簡単シバ漬 簡単シバ漬2

梅酢に漬けて一晩置いて出来上がり。
簡単シバ漬3
熟成させたしば漬けには及ばないかもしれないが、これが簡単なのにため息の
出る旨さなのだ!!

「ミョウガご飯は生のミョウガを刻んで白ご飯に混ぜ込む」というレシピも
多いらしいが、我が家はまったく異なる。
ミョウガご飯を作る1
ミョウガご飯にはこのぐらいのミョウガを使うので買ったものでは間に合わず、
それで摘めるようになるのを待っているのだ。

斜め小口切りにしたミョウガを少量のサラダ油で軽く炒めて味をつけ、汁気を
切って炊きたてのご飯に混ぜ込む。
その際に、味が薄ければ切った汁を少々追加して調整する。
ミョウガご飯を作る2
味付けはだしの素、酒、塩、薄口しょうゆだけという簡単なもの。
簡単だけれど美味しい!
ご飯茶わん一杯では収まらないから、お代わりを堪えるのに少々努力を要する
のが難なのである。

「そういえば“一夜干しのかますを焼きほぐして、かますご飯にしようかな”っ
て言ってたでしょ。ミョウガも入れたら風味がいいかもね」とkiiさん。
ハイハイ、勿論そのつもりですよ!
その時は生の刻みミョウガでね。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 11:51| 奈良 ☁| Comment(2) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

バースディ・リクエストは?

いつも誕生日には当事者の好きな料理を楽しむことにしている我が家。

二人とも二月、三月の初旬なので、大抵はカニチリやてっちりなのだけれど、
最近の私は手巻き寿司に填まっている。
「けいさんはマイブームが極端に変わるよね」と連れ合い殿は呆れ顔だ。

正月の残りのイクラや数の子もあるし、刺身を何種かで手巻きがいいなぁ。
カンパチが好き、それにカンパチの魚しゃぶも食べたいなぁ。。。
それなら堺の大浜まで行かなきゃならないでしょ。
カンパチはカニやフグと違って比較的安価だし、一尾買いはいろいろ使える
から却って割安になるのも嬉しいのだ。

堺の大浜にある市場からそのまま五條市のJAに直行、野迫川には早く着け
るねと平原綾香をBGMに気分よく走行し、到着してホッと一息つく間もな
く、あの驚きの光景、イノシシの大規模土木工事を目にしたのだった。。。


カンパチは全長67センチ。
カンパチ

まさかイノシシが侵入しているなどとは想像もしていなかったから、大浜の
「魚辰」さんには気軽に南蛮漬け用の小鯵も頼んであった。
アジ
小鯵の横にはキラキラ光るイワシもあり、どうしようかと一瞬悩んだが、こ
れも買ってしまった。
そんなに調理できるの?と呆れるkiiさんを横目にして、これが自らを追
い込むことになるとは知らないままに。。。
イワシ
いろいろ料理を考えて保存しておこうと思ったまではいいが、この日は夜ま
で、座る間も惜しいほど大忙しだった。

私はまずはイノシシに破られた穴の補修に取り掛かり、足元にネットを仮敷
したところで日没になり、その後はイワシの処理。
イワシは110尾も有った。
うち30尾はオレンジを添えてオーブン焼きにしたり、煮つけに使おう。
開いた80尾はどう使おうか。
青紫蘇と梅を巻いて天ぷらも美味しいし、kiiさんのお弁当用の蒲焼きに
も利用する。
何とも情けないが、80尾のイワシの開きで人差し指の爪が割れてしまった。

kiiさんは小鯵とカンパチ担当。
小鯵は32尾あったので半分は南蛮漬け用にし、残り半分の大きめのものを
三枚おろしにして、これはお弁当のフライ用。
アジの調理
そしてカンパチを捌いて、と大忙し。
イノシシでめげているとはいえ、買ってきた魚をまずは処理しなくてはなら
ない。

「ハッサクたまご」を作ろうとハッサクも買ってきたし、ニンニク醤油用の
ニンニクも仕入れてきたけれど、翌日は防獣ネットや掘られた穴の補修に追
われてそこまで手が回らずで、どれも一週間先延ばしになってしまった。
ハッサクやニンニクや

垂らしたネットが効いていたらいいのだけれど。。。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 06:51| 奈良 ☁| Comment(2) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月01日

玉子 ふわふわ

雪と氷で覆われている間は外仕事ができないので、プチ断捨離をしている。
食器などが終わり今は本に移行しているが、これがなかなか進まない。
13本ある本棚の三本がやっと終わったところだ。
何故進まないのか、、、
埃を払い汚れを取り、必要不必要を判断し、「こんな本もあったんだ!」と
時々読みふける。
「この読みふけるという行為があかんのと違う?そういう本は後で読むよう
に、別の箱に取り置いておくとかさ」とkiiさん。
「だって、そうなるとまた整理しなくちゃならなくなるもん」

という訳でまだ料理本棚、新書棚、文庫棚の三本がやっと片付いたところな
のだ。

その文庫棚で「玉子 ふわふわ」を見つけた。
一冊全部が玉子に関するアンソロジー。
37氏のエッセイがこれでもかというほどに玉子愛を伝えてくる。

積読仲間の一冊で埋もれていたらしいが、こういう本が実に多いのが困った
点でもある。
要するに蔵書をまったく把握できていない。。。

玉子ふわふわ
面白くて一気に読んでしまった。
特に気になったエッセイを再読しているが、何度読んでも飽きないのが不思
議だ。
小さな玉子に関して、人がそれに掛ける思いはこれほど大きいのかと可笑し
いやら呆れるやら。

どなたも玉子掛けには一家言あるようで、「いやぁ、わかる、、、」とか
「それはちょっと違うでしょ!?」などと、こちらもつい突っ込んでいた
りして、無意識に発した自分の声に吃驚する。

中里恒子氏の「玉子料理」も楽しい。
文末には東京王子の扇屋の玉子焼が登場しているが、これはずっと私の憧
れの一品で、娘宅に行く機会があれば立ち寄りたいと思いつつまだ果たせ
ていない。
落語の「王子の狐」にも出てくる伝統の玉子焼きなのだそうな。
300年以上の歴史を誇るという厚焼き玉子をぜひ賞味してみたいものだ。

室生朝子氏の「金沢式の玉子焼」にもそそられる。

一番気になったのが山本精一氏の書かれた「たまごの中の中」
この文中に登場している「ハッサクたまご」にはずっこけた。
その内容は詳しくは書けないが、材料はハッサクと砂糖と卵の黄身なのだ
そうな。
こんな妙な食べ物をまだ見たことがない。
想像の世界で悶えているのは苦しいので、今日はハッサクを買いに行こう。


巻末にある編者・早川茉莉氏の編者解説がまた面白い。
玉子愛をここまで訴えられたら、これは絶対に今夜も玉子料理でしょう!?


玉子に関してはHP野迫川倶楽部のコンテンツの一つ「つれづれなるままに」
に書いたことが有る。
2007/3/20「玉子は卵」
http://nosegawaclub.sakuraweb.com/hitorigoto07/07-03.html

これを書いた当時に購入していた玉子屋さんは、諸般の事情により今は利用
していない。
何処かいい処はないものかと探していたら、JAで客同士が話しているのを
小耳にはさんだ。

「此処のは美味しいんだよね!!」

早速賞味してみたら「なるほど!」
掛け玉子は勿論、目玉焼き、厚焼き、オムレツにしても美味しいが、ゆで卵
も何とも言えない旨さで二個目につい手が伸びる。

かけ玉子とゆで卵が美味しいのは本物だという、亡母からの変な刷り込みが
あり、以来 娘宅にも「タマゴのたけむら」の「大和の恵卵」(やまとのめぐみらん)
を生掛け玉子用として送るようになっている。
大和の恵卵
本人の希望により、kiiさんのお弁当には塩味の卵焼きを必ず入れるので、
一週間の消費量としては20個は使っているだろう。

私は塩と砂糖で味付けしたものが好きだが、一緒に暮らしてもう50年にな
ろうというのに、そこのところはいまだに妥協できない二人である。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

玉子 ふわふわ・追記
posted by けい at 06:47| 奈良 ☁| Comment(2) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

栄養価か美味しさか

連れ合い殿の好きなおやつ類はいろいろある。
和風、洋風まったく拘らず。
おかきにみたらし団子、シュークリームや抹茶ケーキ、チョコレート、、、

(内心、「甘党でしかも辛党というのは始末が悪い。どちらかにしてほしい」
と思っている)

そのチョコレートだが、甘すぎるのは好みではないらしく、カカオ70以上
がいいという。
カカオ88が一番美味しいなぁなどと贅沢なことを宣うので「それなら」と
カカオ95を置いておいたらそれがなかなか減らない。

最近は、健康に良いということでカカオ含有率が高いチョコが売れているら
しい。
含有率40パーセント以下のものはミルクチョコレート、40以上70パー
セント以下がビターチョコレート、70パーセント以上はダークチョコレー
トと分類され、このダークチョコレートこそが健康に貢献度が高いのだとか。
カカオにはカカオポリフェノールが含まれていて、動脈硬化予防や血圧を下
げるなどという効果の他に、鉄分も豊富らしい。
鉄分が不足気味といわれる現代人にはピッタリといえる。

kiiさんは知人が来ると「どうぞ!!」とカカオ95を勧めるが、どなた
も二片めに手が伸びないところを見ると、カカオ含有率が高くて栄養価があ
っても、やはり美味しいと感じられないものは敬遠されがちなのだろう。

チョコレート類

kiiさんのおやつ類を減らすためには、意地悪なようだが苦手とするカカ
オ95だけを買い置くようにしたらいいのかも。。。
ふいの来客に備えて用意してあったお茶菓子が、消えているのを見る度にそ
んなことを考えてしまう。

私は休憩時はストレートの紅茶かブラックコーヒー、日本茶が好きだが、お
やつにはスモークチーズや鮭とば、するめを齧っているほうがいい。

チョコに関しては、画像中の右上のものだけは私専用。
チョコはマカダミアナッツ、ヘーゼルナッツ、アーモンドやピーナッツ入り
が好きだが、極たま〜に買う程度だ。
バックの中に入れたまま忘れてしまい、融けてしまっていたときは閉口した。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


posted by けい at 18:41| 奈良 | Comment(4) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする