2011年04月13日

クリスマスローズ(2)

種をこぼし過ぎたせいなのか、株が小さくなったものが多い。
今後は早めに花柄を摘み取って株の肥大に努めたいと思う。
新子ちゃんがいっぱい。
こんな風に、新子ちゃんがあちこちにどっさり。。。

クリスマスローズ
優しい色合いがお気に入り。この株も小さくなっている。

我が山庭にはごく普通のクリスマスローズしかないのだが、それでも群れ咲くと
美しい。
厳しい条件のもとで育ってくれるのだから可愛さもひとしおである。
クリスマスローズクリスマスローズクリスマスローズ

クリスマスローズクリスマスローズクリスマスローズ

新子ちゃんのお姉さんたちも次々と開花し始めた。
クリスマスローズ

今年はウグイスもまだ鳴かない。
青空と花と鳥の声がなくては庭仕事もさびしい。

さて、明日は一人仕事、石を相手の荒作業になる。
何時まで持つかなぁ、体力。。。
posted by けい at 21:20| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | ☆クリスマスローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

クリスマスローズ(1)

やっと春。。。
遅かった今年の春もようやく足踏み状態から一歩前進。
こんな年は今までになかった。

まだ土の色ばかりの庭だけれど、ポツリポツリと緑が見えだしたのが嬉しい。
すぐに雑草に泣き始めるのだけれど、今はただ、訪れた春が愛しい・・・。

クリスマスローズがやっと咲き出した。

先陣はセミダブルの「ダブルファンタジー」
気候が合ったのか、株が大きくなっている。
ダブルファンタジー

このダブルファンタジー、茎ごとに様子が異なる。
ダブルファンタジー

ダブルファンタジー

ダブルファンタジー
なんと不思議なこと、面白くて仕方がない。

**********
野迫川入りしてのち、もっとアップをと意気込んでいたのですが、いろいろ
アクシデントに見舞われ、意気消沈の気力喪失。
でもまぁ、なんとか回復しつつあります。
頑張らなきゃね。。。
posted by けい at 19:20| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ☆クリスマスローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

旬のクリスマスローズ2

クリスマスローズは幾つかのエリアがあるのだが、それを大きな一つに
まとめてしまおうという構想を持っている。
クリスマスローズばかりでは面白くないとのkiiさんの意見で、その株間
に何か、時期を違えて咲くものをと考えている。
お互いに引き立てられるもの、さて、何がいいでしょうか?

他のエリアのクリスマスローズたち。
第二エリア
親株の横手3メートルほどへ、勝手に飛んで咲いた株は、そっくりさんばかり。
クリスマスローズ

クリスマスローズ

クリスマスローズ
ね、ほんとによく似てるでしょ。

この種などと自然交配したら、変わったのも出来るかな?
10p01.jpg

第三エリア

クリスマスローズ

何故か白が少ないことに気付いて、こんなはずではなかったのに...。
オリエンタリス系は赤系のほうが強いということ!?

その、数少ない白の一つ。
数少ない白系

クリスマスローズ

クリスマスローズの新子ちゃんは、根を動かすと強い気がする。
少数で飛んでいった子たちも、自主独立の精神に富んでいるのか、強くて
成長が早い。
それに引き換え、どっと群れて発芽したものたちは、そのまま放置しておく
と、ひ弱でなかなか育たないことに可笑しさを感じる。
posted by けい at 08:46| 奈良 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ☆クリスマスローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

旬のクリスマスローズ1

山の庭ではクリスマスローズがやっと旬を迎えたところ。
地味で目立たない一角が、この時期だけは賑やか。
オリエンタリス系は土地や気候によく合っているのか、すくすく育っているが、
他の品種はイマイチ今年の咲きがよくない。

まずは山の庭のクリスマスローズの親たちから。
親たち

親株1

親株2

親株3
この株は元気がなくて花立ちがとても悪かったのが心配。
今年は種子を持たせないようにしてみよう。

実生苗も次々と咲き出している。
クリスマスローズ1

クリスマスローズ2

クリスマスローズ3

クリスマスローズ4

クリスマスローズ5
親に似た子ばかりだけれど、少しずつ個性を主張しているようで微笑ましい。

ひ弱な花茎をやっと一本伸ばした子たちもたくさん。
初めて花をつけた株
兄さん姉さんたちに混ざって必死に背伸びをしている姿が愛しくて、
「頑張ってね!」と声を掛けたくなる。
成長して大株になった君たちを、早く見たいと思う。
posted by けい at 11:36| 奈良 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | ☆クリスマスローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

クリスマスローズの今

カモシカ&鹿軍団は、毒性のある水仙や鈴蘭でさえ食べるのに、何故か
クリスマスローズだけは避けて通る。
ならば全体をクリスマスローズの庭にしてしまえば、彼らは来ないかもしれない。
などと短絡的なことを考えていたら、「数少ない畑作物にどっと集中して、
全滅の憂き目かも!」とkiiさんがチャチャを入れる。
まぁ、全体がクリスマスローズというのも、開花が一時期だけのことで面白く
ないし、これは冗談。
クリスマスローズエリアに?
でも、クリスマスローズのエリアを広げようとは考えている。
奥の土手までで現在の7〜8倍ぐらいの広さだから、見事になると思わない?
kiiさんは渋い顔をしている...。

ノイガー(ニゲル)の気の早い子。
ニゲル

セミダブルの「ダブルファンタジー」
セミダブル

セミダブル

ダブルは地植えには適さないと思っていたから、セミダブルでも恐々。
でも、ねねまぁにゃさんのお庭のダブル咲の元気さに、唖然とさせられた。
勇気を出して(?)、育ててみよう。

オリエンタリス系も蕾を上げてきた。
クリスマスローズの蕾1

クリスマスローズの蕾2

ひとり生えの苗が、次々と蕾を見せはじめたのが嬉しい。
クリスマスローズの蕾3

こぼれ種から生まれてきた子どもたちが、そこここにたくさん。
02-05a.jpg

フェチダス、リヴィダス、アグチフォリウスの元気がないのが気にかかる。
posted by けい at 09:12| 奈良 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | ☆クリスマスローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

旬のクリスマスローズ

今が真っ盛りのクリスマスローズといいたいところですが、ノイガーはまだ仲間に
入りたくない様子...。
今年はこの種は異常に遅いです。
ノイガー

オリエンタリス系は今が旬。
オリエンタリス

クリスマスローズのエリア

フェチダスもまだまだ盛り。
私はこのぐらい朱が入ったほうが好きです。
フェチダス
ミントさんから「フェチダスの香りをどう表現します?」と尋ねられていました。
私はゴーヤや原種に近いキュウリの、青っぽい匂いを感じました。
嫌いな匂いではないので、臭いとは書けません。
よい香りがあるといわれている植物以外は、ほとんど匂いを嗅ぐことがなかった
のですが、これからは香りも確かめてみなくっちゃ♪

ところで、ある本を読んでいたら、種を持たせると株が大きくならない、花柄を
こまめに摘むほうが株を大きくできるとのと記述あり。
「そうか!」と合点がいった次第。
でも悩んでしまうわね。
自然任せできたものを、今更ね。
posted by けい at 20:07| 奈良 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | ☆クリスマスローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

クリスマスローズ(5)

ブロッチやスポットやネット、ピコティーにフラッシュ...。
剣弁・丸弁・アネモネ咲きにダブル・セミダブルと、クリスマスローズの世界も
いろいろと複雑ですね。
難しいことは横に置いておいて、単に「オリエンタリス系」としておこう。

クリスマスローズの最初は7年ほど前に植えたたった三株の苗と先に記載したけれど、
それも一株298円の、小さな芽がちょこんと出ているだけの株だった...。
こんなに情けない株では、いったいいつになったら花が咲くのかと思っていたら、
最初の開花までにはかっきり三年掛かったものね。
その三種のエリアが此処。
最初の三種
オリエンタリスというだけで花色も判明しない苗だったが、偶然バラバラだったのが
ラッキーだった。
ピンク

ローズ・スポット

そして3/18にアップした白のそばかすちゃん。
09whia02.jpg
これで親たちが勢揃い。

このこぼれ種から芽を出して、ようやく開花した子どもたちです。
ローズ・スポット
こんなにそっくり親に似なくてもいいと思うわ。
違うところを探したけれど、やっぱりこれは二世だわね。

少し違うものたちも登場してきたけれど、何が出てくるか判らないところが、
自然任せの面白さかな。
濃赤・スポット

ローズ・ネット

花が小さいのに花芯が大きいなんて、これって、あやかっている(奇形)みたい
じゃない?
変形1
これも変な恰好だわ。
変形2
そう思いつつクリスマスローズの本を眺めていたら、小輪多花性タイプに似たような
ものがある...。
せっかく咲いているのに抜くのも可哀想だし...悩んでしまうわね。
posted by けい at 00:00| 奈良 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | ☆クリスマスローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

クリスマスローズ(4)

原種系のクリスマスローズがかなり好みです。
地味だけれど心惹かれるものがある...。
山の庭にも似合っているのかも。
フェチダスはようやくすっきりと開花です。
咲きそうでなかなか咲かず、いざ咲きかけてみれば先端の赤がなかなか乗らずで、
ジリジリしました。
フェチダス

「リヴィダス」も好きな品種です。
花は小型だけれど愛らしくて、葉に入る網目模様が美しい。
「リヴィダス・緑花」
リヴィダス
「リヴィダス・紅花」
リヴィダス赤

今年はアグチフォリウスが出てこないの...。(涙

ところで、オリエンタリスはせっせと咲いてくれるのに、それよりも早く咲くはずの
ノイガー種ときたら、いったいどうなっているんだろう。
なかなか花茎を伸ばしてこない。
ようやくバレンタイングリーンが一輪。
バレンタイングリーン
ノイガー種さんたち、早く出ておいで...。
まだかまだかと覗き込みすぎかな??
posted by けい at 00:00| 奈良 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | ☆クリスマスローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

クリスマスローズ(3)

最初に植え込んだクリスマスローズは小さな苗を三種だけでした。
それが我が家のクリローさんたちの原点になります。
花が咲いている株は買いませんから(日頃の管理が行き届かない山の庭ですから、
枯れる恐れがあるので苗でしか買いません)運を天に任せる心境でね。(笑)
これはその最初の三種のひとつ。
09whia01.jpg
昨年咲きすぎたせいか、今年は花茎の立ちが少ないです。
大丈夫かなと心配しているのですが。

09whia02.jpg

上の品種のこぼれ種から生まれた子どもは、三年目の今年、開花です。
09whic01.jpg

09whic02.jpg
親に似ているけれど、微妙な変化があるのが面白いですね。


追加して幾つか植え込んだ苗も大きな株になってきました。
09whib02.jpg
こんなに可愛い姿だとは、「当り!!」でした♪
美しい白でしょ♪
09whib01.jpg

関連記事
クリスマスローズ(1)
クリスマスローズ(2)
posted by けい at 12:24| 奈良 | Comment(8) | TrackBack(0) | ☆クリスマスローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

クリスマスローズ(2)

3月13日に第一陣をアップしましたが、ようやく第二陣が咲き出しました。

どの子もみんな可愛いけれど、でもそう思いつつも、好きな子ってやっぱり
ありますよね。
09umi02.jpg
整った姿と優しい色合いで、特に好きなクリローです。

なかなか株が大きくならなかったけれど、だいぶしっかりしてきたからこれから
期待できるかな。
09umi01.jpg

ここでも、株元には一年子さんがたくさん芽をだしていました。
09umitane01.jpg

今が流行の美しいダブルは苗は高価だし、植えっぱなしの庭でうまく育つかどうかと
懸念して手を出せません。
でもたま〜に新品種も植えてみたくなり...。
09w01c.jpg
「ダブルファンタジー」
名板の写真ではもっと豪華。
二年目からきれいな八重咲きになりますと但し書きがありますが、もう二年目
なんですけどね。

09fe01b.jpg
フェチダスの先端にもようやく赤が見えてきました。
花茎が伸び出してきたのは2月13日でしたから、長かったですね...。

関連記事
クリスマスローズ(1)
クリスマスローズ(3)
posted by けい at 19:37| 奈良 | Comment(6) | TrackBack(0) | ☆クリスマスローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

クリスマスローズ(1)

山の庭のクリスマスローズがチラリ咲き...。
全体にはまだこんな様子です。
09z01.jpg

気の早い何株かが開きはじめました。
09pia01.jpg

09pia02.jpg
嬉しかったのはこの株...。
こぼれ種からなんです。
昨年から花が付きはじめましたが、今年は株が充実してきたようです。
可愛い姿でしょう♪

これもこぼれ種組。
混ざりけのない濃い色で、そばかすも見当たらない。
こんな色も出てくるのねと何度も覗き込んでいる...。
09roa01.jpg

09roa02.jpg
植え込んだものが花咲くのは勿論嬉しい。
でも、こぼれ種から芽を出して何年かを経て、ようやく株が充実して開花する、
時間が掛かるけれどそれほど嬉しいことってあるかしら?
虫にお任せの、まったく作為しない自然交配だから、何が出てくるか判らない。
ときどき「あらぁ...」というものもあるけれど、それはそれで可愛いものですね。

今年も一年子さんがたくさん顔を出しています。
少し充実した葉を見せているのは二年子さん。
09misyou01.jpg
山の庭の厳しさからか残るものは限られるけれど、でもこの中の幾つかは可愛い姿を
見せてくれるに違いない...。

関連記事
クリスマスローズ(2)
クリスマスローズ(3)
posted by けい at 16:05| 奈良 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | ☆クリスマスローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

クリスマスローズの今

朝晩はまだマイナス気温なのだが日中はポカポカと暖かで、木々や草花の芽も動き
出している。
春の訪れは嬉しいけれど、早すぎることには少し不安な気持ちもある。

クリスマスローズのオリエンタリス系も一週間足らずの間に花茎を伸ばしはじめた。
ノイガー種がまだ咲いてもいないのに、気が早すぎやしませんか?
09-02-11c.jpg

09-02-11a.jpg

09-02-11b.jpg
一昨年もそうだったが、順序無視・支離滅裂の春になりそうな予感がする...?
posted by けい at 08:03| 奈良 | Comment(10) | TrackBack(0) | ☆クリスマスローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする