2018年07月11日

英彦山ヒメシャラ&桃色夏椿

久しぶりにすっきりとした青空を見た。
梅雨が明けたそうで、数日前から聞こえ始めていた、どことなくぎこち
ないヒグラシの声が急にしっかりしてきた気がする。
町はクマゼミが権勢を誇っているが、野迫川村ではセミというとヒグラシ。
蝉時雨がカナカナカナというのはいかにも涼し気だが、初めてそれを聴いた
という街の住人が「気持ち悪い、あれ、何??」と言ったのを思い出す。
人によってはこういう受け止め方もあるのかと吃驚したのだった。

大好きな英彦山ヒメシャラが咲いていた。
英彦山ヒメシャラ1
周囲の木々から顔を出すぐらいに成長して、花も見えにくい。

英彦山ヒメシャラ2

雨続きで大方は旬を見逃してしまったけれど、、、
英彦山ヒメシャラ3

こちらは桃色ナツツバキ
桃色ナツツバキ1

桃色ナツツバキ2

陰が大きくなったからか、紅がイマイチ出ていない。
それとも気象のせいだろうか?

よく陽があたる上部は少し色濃い気がする。
桃色ナツツバキ4

追いかけてナツツバキも咲きだすだろう。
山の庭にはほかに小花のヒメシャラが二株、一番多いのはナツツバキで今は
一人生えも含めて7株ほどになっている。
緑陰を作る一因なのだが、はてさて、どれもこれだけ大きくなると伐るのも
大仕事だ。
全てツバキ科ナツツバキ属。

桃色ナツツバキの株元に今年ポツンと咲いたのが「フェチダス」
それもずいぶん遅れての開花だったから驚いた。
クリスマスローズ
実をつけたみたいだね。
弾けてまた新しい子たちが生まれるのかと思うと、なんとなく楽しい♪


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


posted by けい at 19:33| 奈良 ☁| Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

もち麦と十六穀米


相変わらず雑穀に填まっている私たち。
十六穀米にはkiiさんが熱中していて、以前は「お弁当は押し麦にする?
それとも十六穀米?」と尋ねていたのだけれど、毎回返ってくる答えが
十六穀米なので、最近は訊くこともなくなっている。

先日のことだが、町で十六穀米を買うついでに5分ほど走って初めてのスー
パーに立ち寄ってみた。
相変わらず、町でも山の家近くでも、“鮮度のいい海鮮類を扱っている、し
かも適正価格で、、、”そういう店舗を探しているのだ。
「ふ〜〜ん、結構いいね、此処」

そこで発見したのが「もち麦」だったから、私は迷わずレジ籠に入れた。
ずっと欲しかったのだ!!
もち麦
食べ方、知ってるの?
そんなん、何度か炊いたら慣れるのじゃない

固くてゴシゴシのご飯を食べさせられると思ったのか、引き攣った顔のkii
さんだった。

これが美味しいのなんの!!
今や我が家の定番は16+1で17穀米なのだ。


ところが、である。
もち麦が切れたので同じスーパーに行ったら、小袋しか置いていない。
訊いてみたら「そこにある分しかないです」とのこと。
調べようという気もない、面倒なことには関わりたくない。
どの店舗も人員不足なのだろうか、こういう店員さんがそこそこ多いのは
哀しい。


何処か探さなくっちゃねといっていたら、出先でたまたま入ったイトー〇ーカ
堂で発見。
もち麦
取り敢えず売り場に有った分を全部購入してきた。
町の住まいの近くにはイトー〇ーカ堂が無いので、さて今後はどうするか。。。



♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


ラベル:十六穀米 もち麦
posted by けい at 05:57| 奈良 | Comment(2) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お詫び

雨の被害が大きいですね。
その広がりに胸が痛みます。
被災された方々の救済を一刻も早くと祈らずにいられません。

*****************

先行して書いてあった「もち麦と十六穀米」が手違いで16日付のまま
アップされてしまい、日付の訂正もきかず、削除しても消えません。
やむを得ず、このままにしておきますのでご容赦ください。
posted by けい at 05:52| 奈良 | Comment(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

雨ばかり。。。

各地に激しい災害をもたらしている豪雨は、なかなか弱まる気配がないです
ね。
被害が広がっている様子に胸が痛みます。
被災された皆様には心からお見舞い申し上げます。


「近畿地方は土曜の午後には弱まる」との予報に期待していたけれど、また
延びたようで、どうやら明日も雨らしい。。。
水曜日からこちらずっと雨で、空を見上げてはため息をついている。

以前、土砂ダム災害を起こすに至った1000ミリを超える豪雨の際は、強
い雨が間断なく降り続いたが、今回は小降りになるときもあり、そこが救い。

敷地前の小さな渓流はごうごうと音立ててはいるが、それほど増えてはいな
いようだ。
敷地前の渓流

晴れている日は町で仕事があったし、山に居る日は雨ばかりで、今年は間が
悪く蛍は見られなかった。
昨夜雨が小降りの時に、木々の先にチラリと見えた気はしたが、それだけ。

風防室に入ってきたこの虫、カミキリ虫みたいだよねとパチンと叩こうとし
たらkiiさんが慌てて制する。
「蛍に何するのさ!!」
蛍

蛍ってこんなだったっけ?と図鑑を見たら、確かに!


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


ラベル: 豪雨 ホタル
posted by けい at 14:07| 奈良 ☔| Comment(2) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする