2017年02月02日

高槻うどんギョーザ

知人から「高槻うどんギョーザ」というのを知っていたら教えて〜と尋ねられた。
うどんがどうしてギョーザと結びつくのか。。。
ありえないでしょ!!

ネットで調べると結構出てくる。
「高槻うどんギョーザの会」なるものもあるそうな。
そこには大阪府・高槻市北部で昭和50年代半ばより脈々と愛されてきた家庭料理
とある。
見た目はお好み焼き、味は「ギョーザ」というのが特徴とか。
長年大阪に在住してきたけれど、知らないよ〜、初めて聞いたよ〜
ますます???になり、なおも調査を進める。
 
ネットの百科事典「ウィキペディア」にまでその名を見つけて仰天した。
「ウィキペディア」によると、
高槻に長年住む大半の人が「食べたこと無い」「そんなの最近まで知らなかった」
という感想であり、御当地料理と言うにはあまりにも限定的過ぎて馴染みのない
物で困惑している人が多く、(中略)「御当地料理の捏造では無いか」「勝手に
その様な食べ物が高槻の顔にされるのは困る」と不満に思う人がかなり多いのも
事実であるような。

ネットの画像を見る、、、これ、あまり食指が動くという代物ではないよね。

再び「ウィキペディア」によると、
ひき肉や卵、ニラなどのぎょうざのたねに茹でて細かく刻んだうどんを混ぜ、
一口大にしてフライパンで焼く。 出来上がりは、まるでチヂミのようだと
言われ、ギョーザのタレやポン酢、大根おろしなど様々なものをつけて食べる。
外はカリっと、中はしっとりした食感とともに、ほどよく焼けたうどんが具材の
うまみを引き立たせるのが重要であるという。

たまたまチヂミを作る予定だった。
明日は特製うどんすきにしようと鍋用のうどんも冷蔵庫にある。
しかも翌々日にはギョーザを作ろうと思い、豚のミンチもニラも買い込んで
あった。
材料は全部揃うのだから、食べたことはないが、自己流の高槻うどんギョーザ
を作ってみよう。
しかし、、、このネーミングはどうだろう。
「うどんギョーザというのは、いかにももっさりしていて戴けないなぁ」
とぶつぶつ言いながら。。。

ギョーザうどん1

外はカリッ、中はしっとり、、、
ギョーザうどん2
見た目は首を傾げたくなるけれど、これっていけるんじゃない?
うどんやギョーザだと思うからミスマッチの印象が先に立つけれど、別ものだと
思えばなかなかにいける。
手間いらずで美味しいとなれば、我が家のメニューに取り入れるのに否応はない。
おまけに、豚の赤身ミンチを利用しているのでヘルシー。
レシピにはなかったがキャベツを浅塩で揉み、しっかり水を絞ってかなり大量に
入れ、香辛料も自己流に追加。
だからいっそうヘルシーになり、我が家のメニューとして完全に定着しそうである。

食後、Kiiさんがポツリとひと言。
「どちらかといえば、やっぱりギョーザが好きかなぁ。。。」

posted by けい at 17:33| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

日本ミツバチの巣箱の設置と巣箱作り

光が少し明るさを増すと、鳥の囀りがよく聴こえる。
彼らの巣箱も作らなくてはと思いつつ、kiiさんの気持ちは今、日本ミツバチ
に一直線。

最初の巣箱が出来上がり、設置が完了した。
kiiさん流にカスタマイズ中で、基本の形からは少しずつ変化している。
巣箱カスタマイズ中1

巣箱カスタマイズ中2

此処はミニ菜園の上の段にあるニセアカシアの木の下。
巣箱設置1

巣箱設置2
大きな白い房の花が咲き乱れる時期には、たくさんのミツバチが来ていたのだった。
アカシアの花蜜、しかも日本ミツバチの・・・
彼らが簡単に入ってくれるとは思えないけれど、かなり期待している。

ストップしていた巣箱作りが再開した。
巣箱づくり1

この冬中に出来上がる予定だった作業場は雪のために進捗状況が悪く、雪が
解けてテラスが使えるようになったときのみしか動けないのがつらい。

巣箱づくり2


私が経理仕事で忙しかった一週間、山暮らしをしていたkiiさんの話では、
積雪40センチ、−12℃になったのだそうな。

私はこの一週間の疲れを取るために只今充電中。


いつの間にかツララが太く長〜くなっていた。
ツララ

ミニ菜園は雪の中。
積雪1


posted by けい at 07:14| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

あれこれ、作ってます

干し野菜は旨味が増して美味しいけれど、ここ野迫川村は山間なので冬場の日照が
安定せず、イマイチ上手く仕上がらない。

軽く干して甘酢で漬ける、現在これに填まっているのだ。
干し大根1

干し大根2
日持ちもするし、酒の肴にもいい。

次に干した大根はあまりに乾きが悪いので軒下に置いておいたら凍みてしまい、
そのまま放置していたら美味しそうな切り干し大根になった。
切り干し大根
凍みたほうがいいということ??

これは実験してみなくてはと、またまた干してみた。
干し大根3

豚の味噌漬け
豚の味噌漬け
娘宅に送るので多めに漬けこんだ。

道の駅でコブタカナを見つけた。
こぶたかな

水を切って漬けこむ。
茎の部分はサラダ代わりに、葉はおにぎりに美味しい。
干し大根や大根葉

大根葉も干した。

昔の北海道では秋にどっさりの漬物を作ったものだ。
漬物樽が納屋にずらりと並んだ光景は壮観だった。
流通の発達していない時代に漬物は冬場の貴重な食糧であり、大根葉も干して
利用していたのを思い出す。
どんな風に使っていたのかは定かでないが、私も作ってみようと。。。

寒さのお蔭で凍み豆腐は完璧!!
凍み豆腐


posted by けい at 10:43| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 保存食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

再びのもちふわドデカパン

もちふわドデカパンの第二弾。
まだ慣れていないので基本には忠実にしながら、それでも少しずつカスタマイズ中。

前回よりは成形も慣れてきたかな、見た目が少しいいでしょ。
もちふわドデカパン2
セサミと明太子。

ホウレンソウとベーコンのソテー入りパン
もちふわドデカパン1

こちらは黒白の蒸し大豆入り
蒸し大豆入り

これはピザ風
もちふわドデカパン4

シーチキンと玉ねぎのパン
もちふわドデカパン3
シーチキンと玉ねぎをマヨネーズであえて、粒胡椒たっぷりの大人の味。
これが最高においしかった!!
しっかり填まってしまったのだ。。。

腹持ちがいいし、焼きあがったものは冷凍しておけるから嬉しい。
さて、今日も生地作りをしよう。
今度の具は何にしようかなぁ。

posted by けい at 06:20| 奈良 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 薪オーブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする