2019年02月14日

渓の引き水が復活した

昨年の晩秋から水には相当悩まされていた。
降水が極端に少なく、湧水は勿論のこと渓の水もかなり減ってしまい、水飢
饉かとパニックに陥ったことも何度かある。

一度枯渇しかけた湧水は少々降っても回復せず、調理は勿論だが洗い物にも
不自由する始末。
仕方なく、元ベースキャンプに引いているの渓の水をログハウス迄運んで
利用していたのだが、それも凍てこんだ日に止まってしまった。
さて困った。。。

暖かさが続いた日に点検整備に出かけたkiiさん。
貯水槽のパイプが外れかけ、渓の水量が少なくなっている上に寒い日が続い
たため、パイプの中が凍てて止まってしまったようだ。

何しろ、水源地から700mを引いているのだから、年中何かしら起こして
くれる。
一番難儀なのは台風や大雨の時。
自前の水道はメンテナンスも自己責任なのだ。
我が家は集落から1キロ離れているために、簡易水道の恩恵は受けられない
が、そのお陰か 渓の水も飲料に利用している湧水も美味しいと誰もが言う。

日中の暖かさが数日続いた日、やっと渓の水が通った。
復活した谷からの引き水

これでお風呂にゆっくり入れる!!

じつは先日のこと、少ない湧水を朝から溜めて沸かしたお湯なのに「早や冷
め」なのだ。
渓の引き水で沸かしたお湯は、入浴後もぽかぽかといていてなかなか冷めな
いというのに。
飲んで美味しいのは湧水だし、お風呂に適しているのは渓の引き水。
渓の水はあまり美味しいと感じられないということは、成分は確かに違うの
だろう。

まぁとにかく、「極楽の湯」が復活してよかった!!

春になったら、
(1)湧水の量を安定させるための処置
(2)排水パイプの点検と整備
この二点でかなり時間を割かされそうだ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 08:16| 奈良 | Comment(8) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

光の春はすぐそこ。。。

「だったらいいな」との願望がまだ濃厚だが、陽の光が輝きを増してきたよ
うな気がする。

翳った日や朝晩は冷え込んでいるが、今年の春の訪れは少し早いのかもしれ
ない。
のんびり構えていられないと、少しばかり自身を鞭打つ気持ちになる。

青空
鳥たちの声がずいぶん賑やかになってきた。

先日来、気になることが。。。
ログハウスを出入りするたびに高床の下から慌てたように飛び立つ鳥がいる。
kiiさんも視認していたようで、大きさと色から判断すると「ミソサザイ」
かもしれないという。
図鑑で調べると、確かに。。。
シーズンになると敷地内でミソサザイも鳴いているが、まさかログハウスの
下を住処にしているなんてね。
いつもは一羽しか見かけなかったのだが、昨日は二羽が飛び回っていた。
テンやカラスに狙われませんように。


窓辺の多肉の何鉢かに花芽が見えている。
「白牡丹」は開花していた。
白牡丹

多肉さん
寒冷地で多肉植物を育てることは困難なことが多いが、花のない季節に楽し
ませてくれるのだから、嬉しいことだ。

先日侵入されたイノシシだが、今週は無事だった。
今のところは無事1

以前はこんな風に防獣ネットを垂らしておいたのだが、やはりこれは効果が
あるのかもしれない。
今のところは無事2

見た目が何とも不細工だけれど、獣害に泣くことを思えば仕方がない。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


posted by けい at 11:50| 奈良 ☀| Comment(2) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

バースディ・リクエストは?

いつも誕生日には当事者の好きな料理を楽しむことにしている我が家。

二人とも二月、三月の初旬なので、大抵はカニチリやてっちりなのだけれど、
最近の私は手巻き寿司に填まっている。
「けいさんはマイブームが極端に変わるよね」と連れ合い殿は呆れ顔だ。

正月の残りのイクラや数の子もあるし、刺身を何種かで手巻きがいいなぁ。
カンパチが好き、それにカンパチの魚しゃぶも食べたいなぁ。。。
それなら堺の大浜まで行かなきゃならないでしょ。
カンパチはカニやフグと違って比較的安価だし、一尾買いはいろいろ使える
から却って割安になるのも嬉しいのだ。

堺の大浜にある市場からそのまま五條市のJAに直行、野迫川には早く着け
るねと平原綾香をBGMに気分よく走行し、到着してホッと一息つく間もな
く、あの驚きの光景、イノシシの大規模土木工事を目にしたのだった。。。


カンパチは全長67センチ。
カンパチ

まさかイノシシが侵入しているなどとは想像もしていなかったから、大浜の
「魚辰」さんには気軽に南蛮漬け用の小鯵も頼んであった。
アジ
小鯵の横にはキラキラ光るイワシもあり、どうしようかと一瞬悩んだが、こ
れも買ってしまった。
そんなに調理できるの?と呆れるkiiさんを横目にして、これが自らを追
い込むことになるとは知らないままに。。。
イワシ
いろいろ料理を考えて保存しておこうと思ったまではいいが、この日は夜ま
で、座る間も惜しいほど大忙しだった。

私はまずはイノシシに破られた穴の補修に取り掛かり、足元にネットを仮敷
したところで日没になり、その後はイワシの処理。
イワシは110尾も有った。
うち30尾はオレンジを添えてオーブン焼きにしたり、煮つけに使おう。
開いた80尾はどう使おうか。
青紫蘇と梅を巻いて天ぷらも美味しいし、kiiさんのお弁当用の蒲焼きに
も利用する。
何とも情けないが、80尾のイワシの開きで人差し指の爪が割れてしまった。

kiiさんは小鯵とカンパチ担当。
小鯵は32尾あったので半分は南蛮漬け用にし、残り半分の大きめのものを
三枚おろしにして、これはお弁当のフライ用。
アジの調理
そしてカンパチを捌いて、と大忙し。
イノシシでめげているとはいえ、買ってきた魚をまずは処理しなくてはなら
ない。

「ハッサクたまご」を作ろうとハッサクも買ってきたし、ニンニク醤油用の
ニンニクも仕入れてきたけれど、翌日は防獣ネットや掘られた穴の補修に追
われてそこまで手が回らずで、どれも一週間先延ばしになってしまった。
ハッサクやニンニクや

垂らしたネットが効いていたらいいのだけれど。。。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 06:51| 奈良 ☁| Comment(2) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

嬉しい宅急便

イノシシの襲来で身も心も落ち込んでいた日、嬉しい宅急便があった。
ブロ友のsakkoさんから届いたのは、手作りのかき餅や生姜のピール、
甘夏のピールやジャム。

かき餅を送りますとのラインは戴いていたが、まさかピールなどが入ってい
るとは思わなかったので、開封して「ワッ、嬉しい!!」と声が漏れた。
宅急便
甘夏のピールに即、手が伸びる。
帰宅したkiiさんも一番最初に甘夏のピールをつまんだ♪

上手に作ってはるなぁ。。。

野迫川村は柑橘類やヤマモモ、イチジクや富有柿が育たない地域。
冬場になるといつも、たわわに実った柑橘類の、目に鮮やかな黄色を羨まし
く眺めているのだ。

こういう恵みが受けられる地は素晴らしいよね。。。
異口同音なのだから顔を見合わせて笑ってしまう。

かき餅も丁寧に作られていて素朴な味わいが何ともいえない。
ジャムはクラッカーで戴く。
生姜のピールは風邪気味の喉に優しい。

気持が少し立ち直れたような気がする。

ゆっくりしみじみと賞味させていただきます。
有難うございました!!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 07:08| 奈良 ☀| Comment(2) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする