2018年11月09日

簡易温室&伐採のその後

雨だったり風がきつかったりでなかなかペイントできなかった、簡易温室の
棚がやっと完成した。

出来上がってみたら棚の位置など問題点はあるのだが、これ以上の手を掛け
ていられないので、今冬はこれでヨシとしよう。
簡易温室棚2

簡易温室棚3


先日伐ったヒメシャラの株元は27センチも有った。
直径27センチ

ヒメシャラの後は海南サラサやサラサドウダン、ナツツバキ、コリンゴの一
部を伐採し、高野ミズキを間引きと、延々と作業は続いている。

私の癖と言えばそうなのだが、それぞれがまた実生で育つなどということは
当てにできないので、枯れたら困ると二株以上植え込むことが多かった、、、
それが密林のようになる原因になっていたのだ。
鬱蒼と生い茂りどうにも手が付けられなくなってしまっていたから、台風の
後始末を済ませた後は、薪作りも兼ねて伐採作業に精出しているという訳。

伐採光景2

伐採光景3

伐採光景4

この辺りは庭奥への小道でも一番薄暗かった場所。
ずいぶん明るくなり、吃驚している。
元気が無くなっていた木々もこれで復活するに違いない。
本シャクナゲも来年の花芽はまだ期待できないが、再来年は良くなるのでは
と思っている。
伐採光景5
画像の下部に見えているのは寸法切りした幹の一部分。

枝木を引きずり出して運び、焚き付けや薪として使える部分と枝先を切り分
け処理するのは私の役目。
枝木の処理1

葉の部分は運んで一まとめにして置き、葉は朽ちらせて肥料に、残った細か
い枝木は燃やして土に返す。
枝木の処理2
この冬はこれらの始末で忙しいことだろう。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

ラベル:伐採 簡易温室
posted by けい at 17:33| 奈良 ☁| Comment(8) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

ヒメシャラの伐採

連日の荒仕事でヘロヘロ。

「この歳になってよく頑張っているよね」「褒めてやりたいよね、私たちを」
などと二人で労わり慰めあいながらも、時には怒りをぶつけあい。。。
伐採作業が続いている。

枝木の処理がまだたくさん残っているのに、それが片付かないうちにまた山
が幾つもでき、追いかけられている。
枝木の処理1

腕・腰・膝がギシギシいう。
枝木の処理2
ギクシャクとして脚が上がらない様子に、まるでロボットだわとお互いに大笑
いしたり。


懸案のヒメシャラの伐採は一株めが特に手こずった。
伐採1

二株めも共に13メートルほどの高さがあり、下草の傷みも気になるが植物
たちの強さに期待しよう。
伐採2

そこは踏んだらダメ、そちらには倒さないで!!と煩い私。

ヒメシャラの木質はかなり固く、杉のようにはいかない。
伐採3

二株を伐って座り込んでしまった二人である。
伐採5

伐採4
伐採後の枝木の処理がまた大変なのだが、今日は天気もいいし頑張ることに
しよう。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村



posted by けい at 09:20| 奈良 ☀| Comment(2) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

大文字草とノコンギクやリンドウ

庭造りを始めてからダイモンジソウは原種、園芸種を含めていったいどれほ
ど植えただろうか。
その数知れず。。。
5年に渡る獣害が一番ダメージがきつかったのだが、雑草に覆われて傷んだ
ものも多い。
特に原種に関しては涙が出るほど惜しい。
もう植えない様にしようと思いつつ、やはり好きだから苗を見かけるとつい
手が伸びる。

「山の庭の環境には合わないんじゃないの?」と連れ合いは言うが、ユキワ
リソウよりも気難しくはないと思うのだけれど。。。
ユキワリソウは放っておいてもどんどん増えるから、やはり相性の問題か。

「ダイモンジソウ・小夜」
ダイモンジソウ・小夜

「ダイモンジソウ・雪娘」
ダイモンジソウ・雪娘
白花しか咲かなかったのが寂しい。

ダイモンジソウのエリアは、日照がもう少しいい場所に石を組んで作り直す
ことにしよう!

秋になるとゲンノショウコは「祭りだ、わっしょい!!」になる。
ゲンノショウコ
種が弾ける前の様子がお神輿の飾りのようなので、いつの間にか我が家では
この時季は「祭りだ、わっしょい!!」と呼ばれるようになった。

リンドウがチラリと咲いていた。
リンドウ
杣道のリンドウも咲いているかな。
見てこなくては。

ノギク
品種名は判らないのでただ「ノギク」


「通路に出てきては駄目だよ」
庭の中に戻すのだけれど、日照を求めてか広いエリアを好んでか、庭奥への
通路にばかり出て来たがるのがノコンギク。
刈払い機で一掃されるので絶えかけている。
ノコンギク1
今年はもう花を見られないと諦めていたが僅かに残っていてくれた。

この青紫も大好き♪
ノコンギク2


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 06:38| 奈良 ☁| Comment(6) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

紅葉、黄葉

台風で傷み落葉が進んでしまった木々が多いけれど、それでも今が一番秋ら
しいと思う。
凍てる季節が目の前に迫っているので冬迎えの準備に追われる気持ちが大き
いが、しばし陽だまりで温もりを愉しみながら空行く雲に想いを馳せ、
ケニーGに耳を傾け紅葉を愛でる。

紅葉1
この一角はヤマボウシ、夏椿や英彦山ヒメシャラなど。
ヤマボウシの紅葉はほんとうに美しい。

紅葉2
いちばん奥はケヤキ、その手前はもう半分以上葉が落ちてしまったカツラ。
常緑の木は左がヒイラギモクセイ、右は椿。

この黄葉はマンサク。
紅葉3

ログハウスから前の庭を眺める。
紅葉4
奥の山並みは道を隔てた向こう側。


紅葉5
パノラマで撮ってみたけれど、カメラ内の簡単パノラマしか使えなかったの
でスッキリしない。

6月にWindows10の自動更新があってから、Adobe Photoshop LEの編集
機能が使えなくなってしまった。
Adobeに復活方法を尋ねようにも、以前ほどサポートが充実していない。
ソフトを入れ直したらいいのかもしれないと思いつつ、その作業が面倒で今
はWindowsを使っているのだが不便だ。
さて、どうしようか。。。


落ち葉が散り敷いた小道をカサコソ音立てて歩くのは楽しい。
庭奥のモミジたちもそろそろ色づいているだろうか。
山の庭の紅葉のトリはカイノキ。
今年は真っ赤に染まったところを見たいものだ。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村



落ち葉が散り敷いた庭をカサコソ音立てて歩くのは楽しい。
posted by けい at 10:07| 奈良 ☁| Comment(4) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする