2018年05月15日

ライラックやスズランのこと

懐かしい北海道を思い起こさせてくれるので、ライラック(リラ)とスズラ
ンが大好き。
香りのある植物はどれも好みだが、この二種は別格なのだ。

スズランはかなり安定して増えているが、何故かライラックは気難しい。
今までにテッポウムシに入られ、枯れた株多数。
現在は4株だけが細々と残るのみで、花に至っては一株だけという寂しさな
のである。
株元に薬剤を散布すると効果があるそうだが、庭の中の至る所で食べられる
山菜野草を育てているので、薬剤に関しては断固拒否だから仕方がない。
カミキリムシに弱い樹木は植えないということを徹底するのがベストなのは
解っていても、苗木を見るとつい立ち止まってしまう私である。

ライラックとスズランの香りを胸いっぱいに吸い込んで、幸せを感じている。
ライラック

原風景にあるのは青紫色のライラック。
苗木を見つけたら、きっと飛びつくだろうなぁ。。。


「ドイツスズラン」
ドイツスズラン1

ドイツスズラン2

「日本スズラン」
日本スズラン1

日本スズラン2

日本スズラン3
獣害が厳しかった頃は、毒性のあるスズランさえ舐めるように食べ尽くされた
ものだったが、増えてきたのが嬉しい。

ドイツスズランと日本スズランのエリアは小道を隔てて分けてあるのだが、だ
んだんその距離が狭まってきているようだ。
交雑してしまうということはないのだろうか?


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ

にほんブログ村

posted by けい at 17:04| 奈良 | Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

ブルーベルの仲間たちとレンゲツツジ

球根ツリガネソウは日陰向きの植物とされているらしいが、元のエリアはク
リスマスホーリーやクラブアップルの下ですっかり暗くなり、勝手に日向へ
移動して定着してしまったのがこの子たち。
球根ツリガネソウ

ピンクが一番多く次いで青、白花は少なくてたった二株しか出ていない。
球根ツリガネソウ2

敷地内の道路を隔てた向かい側にもいつの間にか広がっていた。
球根ツリガネソウ3
日向へ日向へと移動しているから、日陰向きの植物といわれるのがほんとう
に不思議なのだ。
こちらはピンクの花ばかりだった。

ブルーベルにしても日陰は花数が少なく色合いも浅い。
日向ほど花つきが良く色も濃くて豪華。

「ブルーベルのハイブリッド種」
ブルーベル・ハイブリッド種1

元の場所はクリスマスローズに明け渡してもらって、日向に全部移動したは
ずだったハイブリッド種のブルーベルだが、なぜこんなに残っているの??
ブルーベル・ハイブリッド種2

手前が昨年移植したもの。
奥は移植後もう数年を経過しているもの。
ブルーベル・ハイブリッド種3
昨年移動させたものは今年はまだ花のつきが悪いが、数年後には見応えのある
景色を作ってくれるだろうと期待している。

「イングリッシュ・ブルーベル」
イングリッシュ・ブルーベル1

イングリッシュ・ブルーベル2

ハイブリッド種のブルーベルの奥に見えるオレンジ色はレンゲツツジ。
元の株は枯れてしまったが、朽木山の第二育樹園に何株か子孫を残していた
ので移植したもの。
レンゲツツジ
派手な感じだけれど、ブルーベルの青とは意外としっくりしている気がする。



♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ

にほんブログ村


posted by けい at 14:54| 奈良 ☁| Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

リキュウバイ、クロバナロウバイ、ウワミズザクラやサクラソウ

「リキュウバイ」は大好きな木の一つで、毎年開花を心待ちしている。
大好き、大好きと言いながら庭じゅうをこんなに鬱蒼とさせてしまったんで
しょ!?とkiiさんはあきれ顔。
それも一種一株ならまだしも、一種複数株植え込むのはよしてくださいよ!!
と厭言は続く。。。

リキュウバイ1


「クロバナロウバイ」
クロバナロウバイ
渋い花が素敵でしょ?

「ウワミズザクラ」
ウワミズザクラ

「シロヤシオ」
五葉ツツジ
「シロヤシオ」(白八汐)は別名「ゴヨウツツジ」
枝先に5枚の葉が輪生状に付くのでこの別名がある。
花は透明感のある白でとても素敵なのだが、このところなかなか咲いてくれない。


サクラソウは原種系の白だけが元気がいい。
サクラソウ原種系

サクラソウもお日様が好き?
陰になりすぎてほとんどの花つきが悪くなってしまった。
日向に植えたものだけは勢いがいい。
全部をこちらに移したほうがいいかもしれない。
サクラソウ

「クリンソウ」
クリンソウ
絶滅寸前だったものを移植して二年目。
早く増え広がってほしいなぁ。。。



♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


posted by けい at 20:04| 奈良 ☁| Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

シャクナゲやオオバクロモジ、鈴蘭水仙も

庭奥への小道脇や裏山にはシャクナゲが多く植えられている。
樹木が大きくなるにつれて陰ばかりになり、小道脇のシャクナゲは花つきが
非常に悪くなっていたのだが、この数年、木々の枝を落とすように努めてい
たせいか、復活してきたのが嬉しい。
シャクナゲ1

シャクナゲ2

シャクナゲ3
花色にはずいぶん個体差がある。
やはり少し濃いめのほうが美しいかな。

「オオバクロモジ」の花は終わってしまっただろう、撮りそびれてしまった
なと思っていたらまだ待っていてくれた♪
オオバクロモジ
辺りに似た葉の木が何本か見られるけれど、ひょっとしたら実生かも。。。

此処のスノーフレーク(鈴蘭水仙)は今年は元気がない。
スノーフレーク1

陰が嫌いなのか、日向へ、日向へとどんどん移動している。
スノーフレーク2

花は可愛いけれど、勝手にエリアを定めてくれるのも少し困るんだよね。
スノーフレーク3

「オーニソガラム・ウンベラタム」
オーニソガラム
増えて欲しいけれどなかなかだねと思っていたら、あちこちで群れだしたから
嬉しい。
いつかは一面のウンベラタム、、、そんな光景を夢見ている。

kiiさんがポツリ。
スノーフレークとオーニソガラム、その対応の差はなんなの??
ウ〜〜ン、何なんだろう。



♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村




posted by けい at 13:33| 奈良 | Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする