2018年05月11日

ヤマブキたちやシジミバナ&雨の後始末

まずは雨の後始末から。。。
降り続いた雨は山ではそこそこきつく、谷からの引き水が止まってしまった。
止まってしまった水
今回の修復は少し時間が掛かった。
何しろ渓の水量が多いので水源地まではすぐに行けないという状況だった。
おまけに排水が詰まってしまった。
原因は谷の水に溶けて流れ込んだらしい大量の泥。
その修復で追われ、また水量が多いこの際に前面道路脇の側溝も掃除してし
まおうとそちらにも取り掛かったので、足腰ヘロヘロになってしまった。
何しろ側溝の長さは半端ではなく、堆積した泥や石がまた半端ではないのだ。

容易に業者さんの手を借りることは難しい過疎地では、メンテナンスも自分
の手でしなければならない。
今回の修復で年内は収まる、、、ということはきっと無いのだろうなぁ。

「白花ヤマブキ」
白花ヤマブキ
毎年言っていることだがなぜこれが白花ヤマブキと称されるのだろう。
淡いクリーム色がやわらかい印象で、大好きな木の一つになっている。
混同されることもあるようだが、白花ヤマブキと白ヤマブキは別物。

「八重ヤマブキ」
八重ヤマブキ
一重のヤマブキが好きだが、今年も復活しなかった。

八重ヤマブキの下方奥に白花ヤマブキがあるのだが、株はかなり増えている
ものの日陰過ぎるので日向に出してやらなければと思っている。
さて、どこに持っていくか。。。
八重ヤマブキと白花ヤマブキ

「シジミバナ」が元気だ。
シジミバナ

こんなところに何??
コブシ苗?
「コブシ」の葉によく似ている。
コブシだろうか、それとも白花のヒメコブシか紅花ヒメコブシだろうか?
今年の庭の中は凄いことになっている。
あちこちに木々の小さな実生が出てきて、また草花も吃驚するほどの繁殖ぶり
なのだ。
獣たちにいたぶられたあの五年は口惜しいが、獣害がないとこうなんだよね。

夜な夜な防獣ネットの外で騒いでいる鹿やカモシカには恐々としているけれど。

野草茶作りが始まった。
まずはスギナ茶から。。。
疲れやすいし体調を崩し気味の最近の二人だから、今年は真面目にスギナのお
世話になろうと話している。
他所で忌み嫌われるスギナも我が家では宝物、繁茂に努めたおかげで庭中は
スギナでいっぱい。
当分スギナ茶作りに追われそうだ。
草抜きとスギナ摘みを同時進行、後の始末が手間だがこれが結構効率がいい。
スギナ茶を作る
発泡スチロールの大箱に摘み入れては始末する。

今夜もミツバ。
草&スギナ引きの際に三つ葉も摘んできた。
ミツバ

また辛し和えにするの??
ミツバの辛し和え
当然だよ!!
ミツバと鶏酒蒸しのバランスはこのぐらいが一番いいかも。

いつもはチューブの辛子を使っていたが量が足りなさそうなので、今回は缶入
の粉末の辛子を利用してみたらこれが当たりだった。
練るのが面倒でも、今後はこれに決まりだね。



♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村




posted by けい at 07:54| 奈良 | Comment(0) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

椿が真っ盛りです

髪を振り乱して草抜きをしている私を、連れ合いは「椿屋敷の山姥」と称する。
せめて「椿屋敷のあねさん」ぐらいに言ってほしいが、まぁ見かけからして
もう姉さんという年齢ではないから納得するしかない。

落葉樹が大方を占める山の庭だが、最近は少しずつ常緑樹も増えてきたように
感じる。
常緑樹で大株になって存在感が大きいのはヒイラギモクセイだが、株数で圧倒
的に多いのはやはり椿。
自生のヤブ椿は勿論だが、植え込んだものも実生苗が育つものだから、椿の株
数は増える一方だ。

ヤブツバキ
ヤブツバキが増えるのは、昔は釉薬に使えると思い黙認していたが、庭仕事に
追われて陶芸熱は少し冷めてしまい、今は化粧油が採れたらいいなに変わって
きた。
どちらにしても増え放題になっている。。。


斑入り葉の椿だけれど、斑入りの葉は株元にチラリと有るだけ。
斑入り葉

唐椿
唐椿

白の侘助かしら?
椿1

上記二種が並んでいるのだが、樹高が高くなり鬱蒼としている。
我が家の古株のシオデがこの傍らに有り、椿は寄りかかるのに最適な様子。
それも雌株なので、この株元は環境がいいのか実生のシオデをたくさんプレ
ゼントしてくれるために切るに切れないのだ。
椿2
でも、少し枝を間引いたほうがいいかもね。。。

大きな花の椿は何種か有るのだが、このピンク以外は撮りそびれてしまった。
椿3

「香り椿」二種。
香り椿1
大きさ、香り、色合いが好みで一番好きな椿♪
香り椿1

香り椿2

「金魚葉椿」
金魚葉椿

「乙女椿」
乙女椿

ゆっくりでいいのに今年は椿も咲き急ぎ、撮れなかったものが多い。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村




posted by けい at 07:40| 奈良 ☔| Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

果実の花いろいろ

バタバタと作業に勤しんでいる間に花たちはどっと咲き、私も少し追われ始め
ている。
頑張ってアップしなければ、せっかく咲いてくれた花たちに申し訳ないものね。

「ジューンベリー」
ジューンベリー1

今年はとてもたくさんの花が咲いた。
ジューンベリー2
木が大きくなりすぎたので少し切り詰めないと、、、
実は全部鳥のお腹行きになっている。

ジューンベリー3

特等席に植え込んだもう一株のジューンベリーは、まだ成長が足りないのか
花を咲かせていない。

「クラブアップル」
クラブアップル1
蕾はとても可愛い。
ここから全体にもう少し開花したところが大好きなのだが、その時期には山を
留守にしていた。

なんと、すっかり満開になってしまい、昨夜からの雨で散り始めている。
クラブアップル2

昨日の朝の敷地内道路。
左に白く見えるのがクラブアップルの木。
クラブアップル3

「アルプス乙女」
アルプス乙女
なかなか花芽をつけずじらされ続けていたアルプス乙女リンゴに数輪の花が咲
いていた。
実が生ると嬉しいなぁ。

「名無しのりんご」
別品種のクラブアップルが成長してきたので楽しみにしていたら、よく見ると
育っていたのは台木だった。
kiiさんイワク、肝心のクラブアップルはとっくに枯れてしまっていたそう
だが、「切るのはいつでもできる。台木でもこれだけ成長しているから、何が
咲くのか。。。」と様子見をしていたらしい。
名無しのリンゴ
今年初めての開花だが、まるでリンゴのような、しかも大きめの花がびっしり
と咲いたから吃驚した。
花木として育ててもいいかな。
実がついて、小さくても齧られるものだったらなおいいね。

「洋ナシ/ラ・フランス」
洋ナシ/ラ・フランス
ひっそりと咲いていたラ・フランス。
何株も植え込んだけれど全部獣害に遭い、これだけが育っている。

「フサスグリ」
フサスグリ

「花梨」
カリン
昨年は不作で花梨酒を作ることができなかった。
今年も花数が少ないので、どうなるだろう。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


posted by けい at 09:16| 奈良 ☔| Comment(4) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

GWの作業は朽木丸太の処理

GWは2日からの我が家。
助っ人(弟)が来てくれたので作業は急ピッチで進んだ。
懸案の朽木丸太の処理、これが済まないと倉庫が建てられないのだ。

朽木丸太の処理1

朽木丸太の処理2
この、斜面を経て運び下ろすという作業が膝痛を抱える我々には厳しいので、
助かる。

朽木丸太の処理3
積みあがった朽木は砕いてバーク代わりに土に混ぜたり、燃やすなりして
処理しなければならない。
今年の冬場の大作業がもうできてしまった。

今日は此処までにしようか。。。
朽木丸太の処理4

結構広くて日照がいい。
倉庫にするのは勿体ないような場所だが、だからといって菜園にしてしまう
のもどうだろう。
倉庫をどこに持っていくか、、、
ログハウスから離れてしまうといろいろ不便になるだろうしと、少し悩んで
いる。

朽木丸太の処理5
真ん中に積んだ土嚢袋の山は陶芸用の粘土。
もう陶芸をする元気もないのだけれど。


残りの片づけには二人で暫し掛かりそうだが、前進あるのみ。

kiiさんと助っ人さんが朽木丸太の処理をしている間、私は草抜きに専念
できた。
抜いても抜いても追いつかない。。。



♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村



posted by けい at 07:46| 奈良 | Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする