2018年10月20日

猪・カモシカ・猿に鳥

朝晩の寒さがきつくなってきたので、灯油をまとめ買いしようと町に下りた。
往路、道路の側溝で何かを漁る親子連れのイノシシに出合う。
子猪は一頭で、まだ微かに縞が見えるから瓜坊と言ってもいいのだろう。

慌てて後部座席のカメラを取ったが、撮影は間に合わず。。。
イノシシ親子
子供を先に追いやって続いて山に駆け上がろうとしている、親イノシシのお
尻だけが撮れた。

帰路はカメラをしっかり手許に置いておく。
あそこに何かいるみたいだよ。
車の窓から覗き込むと、木々の向こうに「ほんとだ、何だろう?」
カモシカ
少しバックしても逃げずに悠然としていたのは、「やぁ、カモシカ君!!」

どちらも昼日中のことで、こんな時間に遭遇したことはなかったので吃驚。


野迫川村に入って最初の集落の手前でサルの群れに出合った。
まさか、そうそう動物たちに出合うとは思わなかったから、カメラは後部座
席に戻したところだった。
従って写真は撮れず。
我が家まではあと3キロぐらいだろうか。
こんな所にまで猿軍団が進出してきているのかと危機感を募らせている。

郵便を取りに出たら車の陰に何かがいる。
柴犬ぐらいの大きさの茶色い動物がこちらを窺っている。
このときも残念ながらカメラは携えていなかった^^;
まさかポストを覗きに行くのにカメラなど持っていかないものね。
近づいたら逃げてしまったが、アナグマなのかなぁ。

今日は何とたくさんの動物たちと出会ったことだろう。
「そういえば、鹿がいなかったね」
「鹿も出てきたら完璧だったよね」
「あシカらず!」って、ベタ過ぎません??


夕食に使う三つ葉を摘みに出てウグイスの地鳴きを聴く。
ウグイス
地味な色合いの鳥だから見難いけれど、さて何処にいるでしょうか?

落葉が盛んで、鳥たちの姿がよく見えるようになってきた。
ゲラたちも賑やかだし、ヤマガラやコガラ、キセキレイもよく飛んでいる。
でも蝶と違って鳥は撮るのが難しい。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 06:52| 奈良 ☀| Comment(4) | 生きものたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

ミカエリソウとアサギマダラ

台風以後、庭奥はどうせ荒れ果てているだろうと思い、目の前から優先的に
片付けてきたのだが、それが一段落したので一輪車と諸道具、カメラを携え
て庭奥へ。。。

木々の枝がたくさん落ちており、それらが朽ちるまで待つには時間が掛かり
すぎるので、拾い集めて燃やすことにする。

だんだんと奥へ進む。
「アレッ、赤っぽいものが見えるけれど何だろう?」
庭奥突き当りの一帯はクマザサとハンゲショウに占拠されつつあるのだが、
そこに参入しているのがミカエリソウだった。
ミカエリソウ1

虫が好むのか葉は穴だらけだ。
ミカエリソウ2

ふっと目を上げるとそこにいたのが「アサギマダラ」だった。
アサギマダラ1

まだいてくれたんだね。。。
前回目にしたときはカメラが手元に無かったので、「キャッ、嬉しい!!」
嬉々としてシャッターを押す。

アサギマダラ2

アサギマダラ(浅葱斑)は長距離を移動し「旅をする蝶」とも呼ばれているが、
何処から来て何処へ行くのだろう、どんな景色を見ているのだろう。。。
そんなことを想うと夢が広がる。


陽だまりで蝶たちが、凍てる前の暫しの温もりを楽しんでいるようだ。
シジミチョウやモン黄、モン白がよく飛んでいる。
ツマグロヒョウモン2
このツマグロヒョウモンは夫婦だろうか?

ツマグロヒョウモン1

冬迎えの準備を急がなくてはと思いつつ、暫し蝶たちと戯れる。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村



posted by けい at 07:49| 奈良 | Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

薪オーブンのことと物置の移動

今朝から薪オーブンに火が入った。
やはりじんわりと暖かい。
天板は大鍋が4個乗る広さだし、オーブン部分は常に稼働O.Kの状態なので、
私は追われる気分になる。
「熱源が勿体ない。作らなきゃ、作らなきゃ、、、」
薪オーブン

この数日、物置の移動をしていた。
山の開拓を始めた頃にベースキャンプに最初に置かれたスチールの物置は、
ここ何年も締め切ったまま。
しかもキウィ棚の南側で陰にしていたので、ミニ菜園の傍らに移動させて道
具類を入れることにする。
物置の移動1

物置の移動2
ベースを作っている。

物置の中に入っていたものは、ワッワッワッの連続だった。
物置の移動3
園芸用品種々の他に、キャンプ道具いろいろ、七輪やゴトク、ジンギスカン
鍋まである。
「こんなものまで入っていたよ〜」
処分するものを仕分けして、置いておくものは洗ってコンテナにしまおう。

この物置が実に重かった。
もう20年は経過しているのだが、作りが丁寧なのかビクともしない。
(この隣には戴きものの同じ大きさの物置も設置されていたのだが、倒木
の影響も有り壊れて既に処分している。)

坂を二つ上り此処まで運ぶのに、重すぎて息も絶え絶えになった。
物置の移動4
掃除のためにkiiさんが中に入っても、床は頑丈でガッチリしている。

物置の移動5
土台に設置するまでがまた大仕事だった。

この頑丈さだったら、この先もずいぶんお役に立ってくれるに違いない。

もう一つ、二坪ほどの倉庫があり、それも今度は三つの坂を越えてかなりの
距離を移動しなくてはならないのだが、これが大仕事になりそうで頭が痛い。
うまく解体出来たらいいのだが。。。

キウィ棚
物置を移動した後のキウィ棚。
台風21号の影響で壊れかけた棚は応急処置したが、そのうちしっかり直さ
なくては。。。

陽が当たるようになったので、これから先は実りもよくなるかと期待してい
る。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 07:52| 奈良 | Comment(4) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

カツラの黄葉と仲間入りした多肉ちゃん

今朝は一気に冷え込み、寒暖計は一桁になった。
10月13日の朝
まだ薪オーブンには火が入っていず、ファンヒーター稼働中である。

カツラの黄葉が一気に進んでいる。
カツラの黄葉

秋は空気が澄んで気持ちがよく一番好きな季節だが、食欲も増進するのが悩
みの種だ。


さて多肉植物。
冬場に難儀するのにとは思うのだが、目にすると自分に言い訳しながらつい
つい手が伸びる。

kiiさんにいわせると、「冬場に半分近く枯らすのにさ、ちっとも懲りな
いんだから!」
「半分近くもなんて枯らしていないもんね」

新しく仲間入りした多肉ちゃんたち。
できるだけ初心者向けのものばかり選んでいるつもり。
多肉植物1
左からクラッスラ・星乙女、真ん中がハオルチア・寿、右がハオルチア・
十二の巻

ハオルチア・十二の巻
十二の巻のすっきりした姿がお気に入り。


左から白檀、玄海岩蓮華、姫ウチワ
多肉植物2

ウチワサボテンは棘が苦手だけれど「姫ウチワ」は小さくて可愛い。
姫ウチワ


多肉ちゃんの他に木頭柚子も室内取り込み組になるので、冬季の植物の過ご
し方は我が家の大きな課題だ。
数日家を空けたときにぐんとひえ冷え切ってしまうのが問題なのだが、さて、
どうしたものか。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


posted by けい at 07:10| 奈良 ☁| Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする