2017年11月28日

丸太を加工する

久しぶりに杉丸太の皮むきをするkiiさん。
皮むき1

皮むき2
杉は木肌が美しい。

平面カット
丸太の細工中1

チェーンソーを立てての粗いブラッシング
丸太の細工中2

横にして丁寧に細かくブラッシング
丸太の細工中3

電気カンナを掛ける
丸太の細工中4

ドリルで穴あけ
丸太の細工中5

丸太の細工中6

いろいろカットして
丸太の細工中7
どこにどう填まり込むのか、現場と細工中の材の関連性がさっぱり理解でき
ない私である。

乾燥割れを防ぐために背割りする。
丸太の細工中8

これで完成。
完成
ある程度乾燥するまで、トタンを被せてこのまま置く。

私たちのログハウス造りにはウィンチと滑車が大活躍してきたが、今回は
それらが使えない場所。
少し軽くならないと、力量も根性も最近落ち気味の二人では到底無理だも
のね。
年明けには作業できるようになるかなぁ。。。

しかし、、、
このミニ広場は車を停めるだけでなく、作業にも大いに利用できるので実に
重宝だ。
作ってよかったとつくづく思う。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

ラベル:ログハウス
posted by けい at 16:54| 奈良 ☀| Comment(4) | 手づくりのログハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

ログ用の杉を伐採する。

ログハウスのロフトの一部は吹き抜けにしようと思っていたが、収納と暖房
のことを考えて床を張ることにしたのが先日のこと。
丸太をはめ込む場所
ロフトの床部分は1メートルスパンだが、いずれ撤去して吹き抜けにする
予定だった此処はまだ仮床で、巾が2メートル、長さが3メートルある。
この部分の真ん中1メートルの箇所に丸太を組み込んで、しっかりしたもの
にしようということなのだ。
これは桁と呼べばいいのだろうか?
後から組み込むなんて、そんなことができるものだろうかと私は???。

それ用の杉を一本伐採した。
伐採1

ややや、枝掛かりしてしまったよ。
伐採2

おかげでたった一本伐るだけに結構時間が掛かってしまった。
伐採3

伐採6

今回の伐採では防獣ネットを襲うことは無かったが、大きなタラの木と、
これまた大きなクロモジを一株道連れにしてしまった。
伐採4
見えにくいが、kiiさんの足元左にあるのがクロモジ。

「可哀そうだけれど仕方がない」と言いながら未練がましく起こしてロープで
杉の木に括り付ける。
kiiさんは、「自生がたくさんあるんだからそんなにジト目で見ないでよ」
というが、そういう問題じゃない。
伐採5
クロモジ(香り高い楊枝)を作るには最適の大きさなので、うまく復活して
くれたらいいのだけれど。。。

処理を待つ枝が、またたくさん出てきた。
伐採7
寒い雪の日の仕事にしよう。
運んで燃やして、、、温まるもんね。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

posted by けい at 18:19| 奈良 ☁| Comment(0) | 手づくりのログハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

裸木ばかりの庭とイノシシと野菜

支離滅裂なタイトルですが、ご容赦!

一週間前にはまだ枝先に僅かばかり残っていた葉が、もうすっかり落ちて
しまった。
落葉樹が多い山の庭は前面道路から丸見えの頼りなさ。
裸木の庭1
これは敷地の入り口から見たところ。

葉が落ちたので、クラブアップルの真っ赤な実がよく目立つ。
クラブアップル

裸木の庭2
こちらは隣地から撮ったものだが、張り巡らされている防獣ネットが見苦
しい。
グリーンのネットの中で生活している私たちを「無粋だね、まるで檻の中
だ」と称する人もいるが、無粋と言われようが檻と言われようが獣害対策
としてこれだけはどうしても外すことができない。

隣地側の防獣ネットの外には無数の足跡や掘り穴がある。
イノシシ
イノシシがミミズでも探したような。

街へ出る際に見送ってくれたのが裏山のネット際まで来ていた鹿だった。
昼日中でもお構いなしに現れる。
声を嗄らすほどに脅してから出かけたのだが、どこかから侵入されている
かもと帰着するまで心穏やかでなかった。
一応見回ったが無事だったのでホッとしている。

イノシシも鹿もカモシカも野ウサギも、隙あらば押し入ろうとぐるりを窺っ
ている。


野菜が高値で、このところ我が家の台所にはもやしと豆苗がよく登場してい
たが、低価格で栄養があるので庶民のお助けである。
ニンジン、ジャガイモ、玉ねぎは安定していたので助かったが、流石にそれ
ばかりでは飽きてくる。
青菜類も白菜も高くて手が出ないが、JAでも同じような価格帯だろうか。
恐る恐る立ち寄った五條市のJA牧野にて。
購入した野菜類
ホウレンソウ、キクナ、ブロッコリー、白ネギ、白菜、青ネギ、大根各2
ミズナとピーマン各1、これ全部で2000円弱だったからほんとうに嬉し
かった。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

posted by けい at 14:08| 奈良 ☀| Comment(2) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

咲き急がなくてもいいのに。。。

天気予報の雪マークを見ながら、恨みがましく呟いてしまう。
「咲き急がなくてもいいのに、、、」

山茶花も早咲きの椿も毎年どっさりの蕾をつけるのだが、咲ききれず寒さ焼
けして茶色になってしまうのが哀れだ。

「白花のサザンカ」
白花の山茶花1

白花の山茶花2
品種名は解らないけれど、この白はかなり好き♪

ブルーベリー畑の傍らには、すくすくと育って陰を大きくしすぎたので、
やむを得ず切り詰めた山茶花が二種。
どちらも根際から枝を伸ばして再び繁りだしていた。
山茶花・想夫恋
これは「想夫恋」だったと思う。
優しい色調の花が好きだ。
切り詰めると花が咲かないし、だからといって伸びるのは困る。
根を動かすことができないので、挿し木して移動させようと思う。

椿の「初刈り」と同じく年内に咲きだすのがこの椿。
椿
品種は分からないが、やわらかい色合いの花が美しい。
毎年数輪咲いて、そのうちに寒さが来てしまう。
開花を遅らせる、、、そんな学習はしないのだろうか。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

ラベル:想夫恋 椿 山茶花
posted by けい at 09:37| 奈良 ☁| Comment(2) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする