2019年01月19日

多肉さん

一昨年から少しずつ集め始めた多肉植物だが、室内に取り込む時期が少し遅
れ、冬越しに失敗してしまったものが幾つかある。
多肉さんたちは本当に難しい。
「そういうものは育てなくてもいいのにさ、諦めなさいよ」
「でもね、もう一度だけチャレンジしてみる。。。」

「火祭り」は赤くならなくてもいいからと室内取り込み組。
「月兎耳」も寒さでペタペタになってしまうから室内組。

また枯らしたらと思うから、一番安価な株を購入してきた。
連れ帰った多肉さん

簡易温室にも入れていないが、このタイプは軒下なら外でも大丈夫なんだね。
小さな葉っぱを置いておいたら、芽が出ていた。
小さな芽
可愛い♪

レウイシアも軒下とはいうものの、外気に触れるているのに元気だ。
レウイシア
中心部に小さな芽が見えるけれど、花芽かなぁ。
花芽だったら嬉しいなぁ。。。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 07:58| 奈良 | Comment(6) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

寒さの中で

日陰を残して雪は大方が消えてしまったが、寒さは厳しい。

雪が積もっている間は何もできないが、消えてくると庭仕事をしなくてはと
強迫観念に駆られる。
「寒いのだから今しなくても、、、風邪を引いたらつまらないでしょ」
確かにそうなんですけどね。

雪で花茎が折れかけているクリスマスローズ。
あわてんぼうで早咲きするから。。。
クリスマスローズ
クリスマスローズの葉を二株、齧られていた。
獣たちに耐性ができて、食べられる植物の仲間入りをしませんように。
何しろ、毒性のきついスズランでさえ舐めるように食べつくす連中だもの。

山の庭にはギボウシや万年青が多く植え込まれているが、万年青は鹿もカモ
シカも食べない。
万年青と雪

そういえば、彼らは水仙もサルココッカも西洋イワナンテンも食べない。
そのせいか、よく増えている。

西洋イワナンテンは裏山の土留めとしてブスブス直差ししたのだが、活着が
とてもよく、周囲の笹は全滅したというのに勢いがいいのが不思議だ。
毒性があるのか、彼らの苦手とする成分でも含んでいるのだろうか。
サルココッカの花芽
サルココッカ(香りの木)には花芽がたくさんついていた。

椿に花芽が見える。
椿の花芽
開花まではまだまだ此処から先が長い。


全部食べられたとガッカリしていた南天だが、これだけ実が残っていた。
南天の実
赤い色を見るとなんだか嬉しい♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


posted by けい at 06:30| 奈良 | Comment(2) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

懲りない面々

育樹園の「大阪冬桜」を伐採しながら、ふっと傍らに目をやって違和感を感
じ、「何か違うなぁ。。。」と近づいて吃驚した。
実生の椿
高さが1メートルほどになっていた実生の椿の上半分の葉がない。


「西洋シャクナゲはずいぶん元気がなくなっているね、もうダメかなぁ」
「いい所だけを残して伐ることにするわ」
西洋シャクナゲ1

よく見ると枯れているのではなくて、葉っぱと枝先を食べられているのだ。
口が届かなかった上部だけは葉が残されている。
西洋シャクナゲ2

おまけにこの枝折れ。。。犯獣は鹿だろうか。
まるで、「来ましたよ。食べたのは私ですよん。証拠を残しておきますね」
とあざ笑われているような気がする。
西洋シャクナゲ3

大きくエリアを拡げ開花を待っていたユキワリソウは何にもない。
ユキワリソウ
どうか花芽までは食べられていませんように。。。

大事にしていたサルメンエビネや夏エビネも食べられてしまった。
サルメンエビネと夏エビネ

ガシガシしていていかにも不味そうなトクサまで食べますかね。
トクサ

昨年買い入れた苗もイチジク、梅、栗など全部枝先を食べられている。

先日しっかり補修したのに、いったい何処から侵入したのだろう。
見回すとそこにもここにも、ふんふんふんだらけ。
伐採仕事を終えてから点検作業に出る。
今回は育樹園が重点的に襲われているようだ。

ふんふんふんはこんもりしたものやバラけたものや、数十ヶ所の置き土産。
ふんふんふん

前回の補修箇所(道路面から10メートルは高い崖の上)は破られた気配も
なく、不思議に思いながら点検を続ける。

なんとその手前の防獣ネットの下部が3メートルほどに渡って少し捲れている。
留めていたガーデニング用の鉄線も噛み切られている。
おそらく此処はカモシカの仕業だろう。
角があるものはネットに引っかかるので下部からは入られないだろうし、雌
かもしれない。
しかし、高所作業は危険を伴うだろうにそのバランス感覚たるや凄いものだ。
安全ベルトも命綱も装着していないのに、こんな場所を上り下りするのは、
人間には到底不可能だと思う。

敷地周囲の四面の防獣ネットのうち、雪で緩み特に危うい二面を点検し弱い
所を補修しておいたが、こちらから侵入したのは鹿だろう。
さて今度はどこを突いてくるだろう。

残り二面の点検も急がなければ。。。

昨夜の二時半過ぎ、防獣ネットの外で鹿の鋭い声が聞こえた。
それも一頭ではないような。。。
入られないと怒っているのか、ウロウロ歩き回りながら5分ほど騒ぎ立てて
いた。

そうそう甘い思いはさせないからね!!



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村




posted by けい at 05:14| 奈良 ☔| Comment(4) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

きのこのホダ木作り、その後

連日ヘロヘロになりながら頑張っている。
以前と異なり、ぶっ通しで作業できなくなったのが難で休憩が多い。

まずは年初の最優先事項であるナメコ用のホダ木作り。
雪は日向ではほとんど融けたので、かなり動きやすくなっている。

「ヤマグワ三株」
ヤマグワ1

ヤマグワ2

「フジマメザクラ」
フジ豆ザクラ
三株あるうちの一番小さな一株を伐った。

難儀したのが「大阪冬桜」の伐採。
大阪冬桜1

樹高もそこそこある上に、張り出した枝にすぐそばにあるキウィが絡みついて
いるので、枝を伐り下ろすのが大変だった。
大阪冬桜2

大阪冬桜3
やっと片付いたと思ったら、またたくさんの枝処理が待っている。
山になった木々を眺めながらちょっと溜息をつく。
また当分時間が掛かるだろうなぁ。

さて、これだけの榾木でなめこを何個植えられるだろうか。

伐採予定に入っている裏山の三本のヤマグリはどうするか。。。
樹高が相当高く、斜面で足元が悪いので大仕事になるだろう。
ヤマグリ
ヤマグリはクリタケを植菌するのに最適なのだが、根性が潰えてきたなぁ。

獣害にも再三悩まされていて、年明け早々気持ちが穏やかでない。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 17:28| 奈良 ☀| Comment(4) | 山菜・野草・きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする