2020年01月23日

ようやく一区切り

このところ多忙な日々を過ごしていたために、ネットは暫しご無沙汰でした。
ようやく復帰できるようになりましたので、よろしくお願いいたします!

この一週間は
1)確定申告の準備完了
2)高齢者講習を受けて免許の更新完了

高齢者講習

バタバタと過ごし、やっと一息つけるようになった。
咳はまだ取れていないので朝晩カリン酒を舐めつつ過ごしていたが、作り置
いた貴重なカリン酒がもう切れかけている。
昨年の暮れに漬け込んだものはまだ使えないし、さて、困ったぞ!!

高齢者講習のこと。
一緒に受けた人たちは同年齢の人たちが多いのだが、皆一様に車がなければ
身動きができない過疎地の現状を嘆いていた。
女性の単身世帯が多く、買い物や所用を足すために自らが動かなくてはなら
ない状況で、移動手段が全くない過疎地の限界集落の状況は、いずこも相当
に深刻である。
中でもわが住まいのある村は、村外どころか村内の移動手段もままならない。
役場や郵便局まで行こうにも、車で往復一時間かかるのだから、当然歩いて
移動できる距離ではない。
一番近いスーパーは(価格が高いことには目を瞑って)車で往復二時間。
病院も然り。。。
うちの村はその日集まった女性たちも「そこまで!?」と吃驚して、口をあ
んぐりと開けたままの一番ひどい状況らしい。


「免許証を自主返納しようという動きがあるけれど、車やバイクに乗らなく
ても生活できるような配慮が全くなされていないのに、一方的に高齢者ばか
りを責め立てるのはどうかと思うよね。もう少し何とか考えてほしい」
そんな言葉に頷く私たちだった。。。

車に乗れなくなった時のことを考えると、過疎地の限界集落に住まう者の
日常生活への不安は相当に大きい。
田舎と都会ではその重さはかなり異なると思うのだが。。。

高齢者になると確かに運転は不適格ではないかと思われる人もいるけれど、
まずは日常生活が成り立つ手段を講じての後に返納を促すというのが当然
ではないかと、複雑な気持ちになるのだ。
いろいろと深く考えさせられる免許証の更新だった。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 10:44| 奈良 ☔| Comment(4) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする