2021年02月04日

薪オーブンを掃除してピザを焼く

薪オーブンがかなり煙るようになってきたので、暖かな日中を選んで
庫内と煙突の大掃除をした。
薪ストーブと異なりオーブン内は複雑な構造なので、そのせいか煤が
よく溜まるのだ。
薪オーブンの掃除
この冬はコロナの影響もあり山ごもりの日が多いので、薪オーブンで
暖をとることも多くなり、そのせいもあるのだろう。
まっくろくろすけになってkiiさんは煤の掃除である。

「薪オーブンが綺麗になったからピザを焼こうよ!!」とkiiさん。
まぁ、たまにはご要望にお応えしましょうか。
私としてはどちらかというとパンのほうが好きなんですけどね。
ピザ焼き中
美味しそうに焼けてきたよ。

タバスコは赤と緑の二種類を振りかけて、さぁ、いただきます!
ピザ
今回の生地にはちょっと工夫があり、ふんわりやわらか。
今までクリスピーが好みだったが、このほうが好きかも!

本のクリーニングと整理はまだまだ続いている。
絵本が完了してようやく児童書に取り掛かったところだ。
本だな整理整頓中
児童書がこれまた多い。
「この本どんな内容だったけ」「アレッ、この本読んでないよ」
そんな本も多く、つい途中下車を決め込むのでなかなか進まない(^^;)
絵本の途中下車と違い、児童書は時間が掛かるのだ。

しかし、、、
児童書って比較的字が大きいし、行間もゆとりがあって読みやすいね。
内容もいやいや、どうして、子供向けといっても決して迎合していない。
特にヤングアダルト向きの本などは内容的にもとても優れている。
児童書は年寄りにはじつに優しい本なのだと、今回つくづく感じたのだった。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 10:03| 奈良 ☀| Comment(4) | 薪オーブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする