2021年02月12日

児童書を寄贈

2月1日の記事「ジオラマの世界」でお世話になった大塔の阪本郵便局
が繋いでくださって、西吉野小学校へ児童書を寄贈させていただいた。

大塔の小学校へ、と申し出たのだが、児童数減少で大塔の子供たちは
西吉野小学校に通っているとのことだった。

我が家の児童書にはヤングアダルト向け(小学校高学年から中学生・
高校生向け)というものも多いので、選択にはかなり頭を悩ませた。

子供たちが本を手に取って親しんでくれるくれるのが一番嬉しい。
喜んでくれるだろうかと選ぶのにも力が入り、しかも楽しい。
寄贈した本
寄贈した本は295冊。

校長先生が引き取りに来てくださった。
本を寄贈


真ん中三列が絵本、児童書の棚なのだが、ここから300冊近く出した
はずなのに、いったいどこが減っているの?というぐらい。。。
今の本棚

ミソサザイが囀りだして、サルココッカ(香りの木)の花芽も目立ち始
めた。
庭の整備に焦る気持ちはあるが、本棚整理はまだまだ終わらない。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 08:08| 奈良 | Comment(4) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする