2021年02月28日

ダッチオーブンでビビンバを作ってみた

冬場は鍋や薪オーブンを使った調理が多いので、土鍋やダッチオー
ブンなどは取り出しやすい所に置いたまま。
石鍋も再々使うので出しっぱなしだ。

ダッチオーブンは足付きの大きなもの(直径32センチ)が二個あ
るが、これはキャンプなどの野外料理用で昔は頻繁に使ったっけ。
最近はまったく出番がない。
写真の足のないものは直径25センチで手ごろな大きさ。
キッチンにも使えるけれど、ダッチオーブンは後始末が面倒な点が
難なのだ。
うっかり放っておくとすぐに錆びて、とんでもないことになる。
鶏や野菜の蒸し焼きなど、じつに美味しいんだけれどね♪
ダッチオーブン

たまたま急な来客があり、ダッチオーブンでビビンバを作った。
ビビンバ1
美味しいと食してくださったのは有り難いが、石焼きビビンバを食
べ慣れている身には、イマイチ納得できにくいものが有る。

翌日、出しっぱなしになっている石鍋でビビンバを作ってみた。
石鍋

「あぁ、やっぱり違うね!!」
「ビビンバはこれなんだよね」
石焼きビビンバ
全体への火の回り具合、香ばしい香り、この石鍋の形状と厚みは
ビビンバを美味しく作るためのものなのかもしれない。

我が家では、ますますダッチオーブンの出番が無くなりそうだ。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 09:00| 奈良 | Comment(2) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする