2021年10月06日

薪割りに追われて&カツラの黄葉

寒さが忍び寄っているので最優先事項は薪割りだが、一日中それば
かりに掛かりっきりになっている訳にもいかず、気持ちが妙に急か
されている。

前回の残りの玉切りは全部完了。
根元近くの瘤あり丸太が多かったが、1時間40分で割り切りホッ
として汗を拭いていたら、ほらね、すぐ後にもう引き出してきた
丸太が控えている。
薪割り1
容赦なくこき使ってくれます(^^;)

積み上げて「あぁ、腰が痛い。。。」
薪割り2

「薪割りの器械を買ったんだけど、楽だよ〜」と別荘地の住人。
「硬い雑木ならともかく、杉で薪割り機を頼るかなぁ。五体満足な
大の男が。。。ヘン!まだそこまでくたびれちゃいないよ」と私。
但し、こちらは声に出しては言わない。

ただ、昔は半日でも平気で割っていられたけれど、このところ一度
に二時間が限度というのが少々情けない。


夜、眠れずに本の整理をしていたら昔々の新書版が出てきた。
朝日新聞の「私の新ふるさと宣言」というエッセイの公募があり、
「野迫川村にて」という拙文も入選して掲載されたのだが、、、
私の新ふるさと宣言

その中の挿絵が傑作だった。
当時51歳だった私は「エ〜ッ、これってすごく年寄みたいじゃな
いのよ。もう少し若く描いて欲しかったなぁ」とぼやき、「どうし
て私は座って休んでいるのさ」とはkiiさん。
(イラストの清水ケンゾーさん、すみません。何しろふた昔以上前
のことゆえお許しあれ)
私の新ふるさと宣言
今ではこの挿絵よりもはるかに老けているのだから、月日が経ったこ
とを嫌でも実感させられる。


朝の気温はもうすぐ一桁になる。
朝の気温はもうすぐ一桁

カツラの葉も一気に黄色くなってきた。
カツラの黄葉


ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 06:24| 奈良 ☀| Comment(2) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする