2021年11月01日

薪作り&ミニ菜園の様子

kiiさんは薪材のカット、私は薪割りと、相変わらずの光景が
続いている。
薪材のカット

今回は瘤だらけの根元近くの玉切りを片付ける。
根性を入れて取り掛かったが、上の一個と一段目奥の二個には
かなり手こずり、手の痺れがなかなか取れなかった。
薪割り1

薪割り2

玉切りが無くなったよ〜
もっとも、戴いた薪材がたっぷりあるので、この冬の薪は充分に
調達できているし、丸太の薪は来冬用に回せるのだから慌てる
ことはないのだけれど。


ミニ菜園は細々の状態。
寒さが忍び寄っているせいか育ちが遅い。
このまま大きくなれずに冬に突入かも。

若い小松菜
小松菜1

夏前から持ち越している小松菜数株は、虫食いでレース状になっ
ている。
取っても取っても青虫がいる。
小松菜2
でも、このおかげか若い小松菜には虫がつかないのが有難い。

せめて大根の抜き菜は口にしたい。
もうすぐ摘めそうだ。
大根葉
kiiさんは菜飯が、私は大根葉の味噌汁に卵を落としたのが
大好き♪

水菜は少し大きくなってきた様子。
水菜
鍋用には無理かもだが、サラダぐらいには使えそうだ。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村
posted by けい at 06:06| 奈良 ☀| Comment(10) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする