2021年11月08日

秋色に染まる庭

山の庭は黄色く染まる木々が多い。
秋色の庭1
ヤマボウシやメグスリノキなどは紅くなっているが、モミジはこれ
からが本番のようだ。
コブシやウワミズザクラはもうすっかり葉を落としていた。

シロモジの黄葉が美しいことに初めて気付いた。
秋色の庭2

早や木々の葉が舞いはじめ、空が透けて見えるようになってきた。
光が射し込むのがちょっと嬉しい。
秋色の庭3

落葉する木が大方を占める山の庭は、裸木ばかりになって、見通し
抜群の(逆に言えば丸見えの頼りなさ)になるのも、すぐ目の前。

育樹園のケヤキ。
自生のこのケヤキ、傍らにあるハナノキを押しのけて威風堂々の
庭の主だ。
今年は周辺の山で、葉先が茶変したケヤキをよく見かけるが、
このケヤキは今までで一番ではないかというぐらいに美しく
染まっている。
秋色の庭4
その奥に見えるのはナツツバキ。

遠景も。。。
秋色の庭5
中央左の赤い葉はヤマボウシ、その左奥の一番高い木が上の画像の
ケヤキ。

落ち葉の庭。
落ち葉
町ではアスファルトに散る落ち葉を「汚い!」と掃き集めている
光景をよく見かけるが、山では放りっぱなし。
この落ち葉が土着菌を育てて、いい土壌を作ってくれるのだ。
町では生かせる場所がないのだから、ゴミ扱いされても仕方が
ないのだろうが。。。

先の記事にも書いたが、ハラハラと舞う落ち葉を身に受けながら、
猛烈な勢いで草抜きに精出している。
猫さんには悪いけれど、「あぁ、猫の手でも借りたい。。。」


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 10:24| 奈良 | Comment(4) | 2021年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする