2021年05月12日

庭仕事のBGMは鳥たち

庭仕事をしながら聴くものは、以前はケニー・Gやヨー・ヨー・マ、
アストル・ピアソラが多かった。
CD

最近は鳥たちの囀りを聴きながら作業している。
オオルリ、ウグイス、ミソサザイ、ガラたちやいろいろ。
時々入るカケスとカラスの声はあまり戴けないが。。。

ウグイスは庭の中を飛び回り一番賑やかだ。
警戒している時の鳴き声なのか、私の耳には「テキダ、テキダ、
テキダ」と聞こえるのでつい笑ってしまう。

オオルリは悠然と高い木々を定位置にして囀っているが、最近は
エサを調達するためか庭にも頻繁に現れる。
雌は地味系で目立たないが、雄の鮮やかな青はよく目につく。
オオルリ

一週間ほど前からツツドリが訪れだし、オオルリの巣は大丈夫か
と案じている。
我が家にオオルリが巣を掛けたことがあり、それもあってオオルリ
には親近感が大きいのだ。

「オオルリ夫婦の子育て」2006年6月の「徒然なるままに」
http://nosegawaclub.sakuraweb.com/hitorigoto06/06-06.html

ツツドリ、カッコウ、ホトトギスは我が家では托卵三姉妹と呼ばれ
ている。
カッコウは生まれ育った北海道の、懐かしい風景を思い起こさせて
くれるけれど、でもね、オオルリの巣のほうが大事という複雑な
心境。

木々の繁みでウグイスが気持ちよさげに鳴いている。
カメラを片手に近づいてみたが、見えやしない。
目を凝らしてじっとしていると動くものが、、、
アレッ、ウグイスにしては色合いが綺麗すぎるよ。
鳥1

ちょこまかと動いていたのはメジロさんでした。
メジロ


今朝方、桜の周辺で よく通る、大きな鳴き声が長く続いていた。
アカハラかもしれない。
鳥の声のCDで探してみなくては。
昨年はアオバトが来ていたし、今年はアカハラかと思うと楽しい。

庭の中で今までに視認したもの30種、声を聴いただけのものも
含めると40種近いのだが、まだ知らない鳥が沢山いるのだろう。

モリアオガエルのこと。
ログ前の小池
ログ前の小池では、夜中や雨の日にカララララといい声で鳴いて
いる。
残念ながらまだ一人旅の様子。
今年もメレンゲのような卵塊は見ることができないかも。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 15:41| 奈良 ☁| Comment(0) | 生きものたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。