2021年08月05日

日本蜜蜂の蜂蜜

日本蜜蜂巣箱崩壊の続編です。

巣箱を触っている時に手袋にぽっちりとついた蜜を舐めてみた。
何というか、、、
清々しい香気、あっさりした甘さ、あとからじんわりと溢れでる
旨味。
今まで味わったことのある蜂蜜とは比較できないほどの感激。
だからこそ今回の騒動は「怒髪天を衝く」なのだ。
蜜蜂たちへの愛情からきた喪失感も大きかったけれど、、、

「とんだことではあったけれども、偶然手に入った贈り物だと思っ
て蜜を味わってみてください」との師匠の言葉。
採蜜1

遠心分離機などの道具はないので、時間をかけてしっくりと垂れる
のを待つ。
採蜜2
何しろ崩壊してしまった巣なので、雑味もあるだろうし純度はかなり
落ちることだろう。

採蜜3
日本ミツバチの蜜は希少で高価と聞いている。
賞味できるのは早くても来年のはずだったから、純度は落ちるにし
ても、思いがけなく口にできることは嬉しい。

蜜蠟作り
来年の分蜂でミツバチを寄せる際に必要になるのだとか。
蜜蝋も日本ミツバチのものは高価らしく、自家製ができるのは
怪我の功名というか不幸中の幸いというか。
蜜蝋を作ってみる
火を焚く作業はこの時期はなるべく屋外でしたい。
ロケットストーブの出番です。。。

しかしテコです。
蜜はトロ〜リなのに、垂らしたザルなどの道具類は蜜蝋のせいなのか
ガチガチのコテコテ。
熱湯でないと溶けてくれない。
熱湯で溶かし濯ごうと思って水などを使うと、またまた一瞬の内に
固まってしまうという難儀な代物で、その始末に汗だくになり往生
した。
凄いものだなぁ、ミツバチの仕事というのは。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
【関連する記事】
posted by けい at 09:27| 奈良 ☀| Comment(4) | 日本蜜蜂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日の記事で蜂蜜はどうなるのと心配でしたが
取れたのですね
ズラリと並んだガラス瓶。
よかったですね
kiiさんもホッとしておられることでしょう。
よかった。よかった。
暑さに気を付けてください絵
Posted by sakko at 2021年08月05日 23:04
サプライズ続きの 野迫川さん、、ですねえ、、
暑さにも負けず 蜜蝋作り、、熱中症に気を付けて下さい!
こっち、内陸部は まだまだ雨降らずで 山火事煙 終息せず、、
でも、我が家辺りは 大きなダムがあるので 水まきも週2回スプリンクラー早朝からOK
ホースを持って手で撒くのは いつでもOKの状態です。
今晩からチョイ雨、明日 明後日は 雨予報。
でも 内陸部は 雨無し予報、、、

Posted by 草刈マッサオの妻 at 2021年08月05日 23:44
☆sakkoさん、おはようございます。

日本ミツバチ、味わいが違うんです!!
填まります♪
アクシデントで思いがけず手に入った蜂蜜ですが、崩壊した巣
でなければ純度の高いいいものが採れたはず。。。
来年に期待して、お世話させていただこうと思ってます。

連日の暑さに悲鳴を上げてます。
山は朝晩は涼しいので助かってますが、日中は熱中症が怖くて
外仕事などできません。
草ぼうぼうは見て見ぬふりをしています(^^;)
Posted by けい at 2021年08月06日 06:27
☆草妻さん、おはようございます。

アクシデントは身体に良くないです(^^;)
この歳になるとまず神経が持ちません。。。
次にじわじわ身に堪えます。
平穏無事が一番いいわ!!

メチャ暑くて、熱中症アラートは日本列島真っ赤ですし、
秋よ来い、早く来いと祈る毎日です。
Posted by けい at 2021年08月06日 06:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。