2021年10月29日

シイラってご存じ?

荒仕事で疲れ果てていても、食い気と呑む気だけは旺盛な二人。
(といっても、暴飲暴食の徒ではありません!)

今回のお供は偶然見つけたシイラ。
シイラってご存じ??

Wikipediaのシイラの項によると
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%A4%E3%83%A9
塩焼き、フライ、ムニエル、バター焼き、干物など多用途だが、
筋肉質で脂質が少ないことから鮮度保持が難しく、日本では全国的
な流通はしていないが、旬の時期に切り身が販売されることもある
とある。
シイラ1
産地では刺身で食されるともいうが、残念ながら私たちにはそこま
で鮮度のいいものは届かない。
産地以外では味の評価が低いけれど、ハワイではマヒマヒと呼ばれ、
高級魚なのだそうな。
そういえば、最近は時折、マヒマヒという名称で回転寿司店などに
出ているのを目にすることがある。

シイラは秋は脂がのって旨味が増すそうな。
kiiさんの生まれ育った志摩半島には小振りのシイラの干物が
あり、そのお茶漬けが最高の旨さだったのを思い出す。

シイラ2
今回のシイラは捌いて貰ったのだが、身だけで全長は58センチ
も有った。
我が家は塩焼き、フライ、ムニエル、干物などに利用する。
鮮魚店の目玉として置かれていたのは、このシイラと太い太刀魚
だったが、迷わずシイラに手が伸びた。
魚屋さんいわく、「こんな大きいの、何に使います??」
聞くかな、それを。(笑)
先日のフカよりももっと多用途で美味しいのに、知られていない
のが残念です。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
ラベル:シイラ マヒマヒ
posted by けい at 08:33| 奈良 | Comment(2) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シイラ マヒマヒ 同じ魚なんですねえ!
60年ほど前 東京に居た時 シイラ食べた記憶あり。
25年程前 我が殿の母君がハワイへ行きたい、、行かんと友人と話が合わん、、
何故なら 当地の日系人高齢者は日本へ行く時は ハワイ経由。
何故なら 当時 こっちからの直行便が無かったから、、
、で オアフ島の田舎の方へ行き サンゴ礁に住むタコを捕まえて食べ 母君は大満足でした。

Keiさんにお願いがあります。
Sakkoさんとこへ 書込みしようと思ったら URL 書式が違うとやらで 拒否されてます。
以前は 野迫川さんとこに書込みがダメな時、Sakkoさんに助けて貰った経験あり!
外国からの 不審者と思われてるのかなあ?  です。
URL とは何ぞや? 

Posted by 草刈マッサオの妻 at 2021年10月30日 00:25
☆草妻さん、おはようございます。

パソコンを携行しないで移動していたものですから、カメレスに
なってしまい陳謝ですm(__)m

ハワイではタコは食べるの?
嫌う地域が多いと聞いてましたが。。。

>サンゴ礁に住むタコを捕まえて食べ
豪快な母君らしいエピソードですよね♪

シイラって美味しいですよ〜
フライが最高です。

書き込みができなくなっているのですか??
ネットのことは聞かないでください(^^;)
魑魅魍魎が跋扈する世界だという意識は一向に変わりません。
Posted by けい at 2021年11月01日 05:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。