2021年10月08日

シュウカイドウにミズヒキ、サクラタデ、シモバシラ

日向へ日向へと移動しながら、勢力圏を拡大しているシュウカイド
ウの赤花と比べると、白花のなんと控えめなこと。
シュウカイドウ白花1

花は地味だけれど、白花の葉裏は赤くて華やか。
シュウカイドウ白花2

こちらは赤花。
年々広がって足の踏み場がなくなり、草刈りをするkiiさんの
ヒンシュクを買っている。
シュウカイドウ赤花1
赤花の葉裏は緑色。
赤い葉脈がきっちりと浮き出た白花の裏派手とは対照的だ。
シュウカイドウ赤花2

ミズヒキの赤花、こんな小花なのにピントがバッチリだよと喜んだ
のに、画像が消えてしまった。(^^;)

赤花と白花のミズヒキ、おめでたいようで何だか嬉しくなる。
ミズヒキ紅白

ミズヒキ白花

サクラタデもあまりに増えすぎるので、抜いて調整を図ったら探さ
なくてはならないほど減ってしまった。
もう抜かずにおこう。
サクラタデ
可愛くて大好きなんですけどね。

逆に白花が一気に増えてこの通り。
白花サクラタデ
思うようにいかないものだと笑ってしまう。。。
白花サクラタデ

シモバシラが咲いていた。
シモバシラ
この時期の花は目立たないけれど、シモバシラにできる真冬の霜柱
は見事でじつに美しい!
シモバシラ シモバシラ
この画像はこの冬撮ったもの。
齧ってみたいといつも思う。

ハッカの花も咲いている。
ミントやハッカは草引きの際に思い切りよく抜いているのだけれど、
これが日本ミツバチのダニ予防に効果があるそうで、そうと知ると
急に大事の子になるのだからゲンキンなものだ。
ハッカ

何だろう。。。
ひょっとしてハツユキカズラ??
かなり以前にポット苗を一つ貰い、枯らしてしまった覚えがあるけ
れど、まさか細々と根が残っていた??
???

山ウドがあちこちに生えっぱなしの庭。
花を食べそびれた株に実がついていた。
ウド


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 06:03| 奈良 ☀| Comment(2) | 2021年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雨が多かったので秋海棠がきれいですね
我が家も今、満開です。
サクラタデ、可愛い好きな花ですが
野原に咲いていたのを持ち帰って、花が咲いて
喜んだのは、その年だけ、
翌年からどんどん増えて困っています
野の花はやっぱり野原で咲くのを見るのがいいですね
けいさんちのお庭は広いですから、いくら増えても大丈夫ですね
シモバシラもいい花ですね
冬のシモバシラの実物見てみたいです

キーウィのこと
10月1日にシナノドルチェを入れたのが追熟完了で甘くなっていました
もう一つの方はフジ以外ですが、品名忘れて、これは2度目のお勤め❓
前回の使いまわしです。これは後一日くらいかな。甘くなっていたけれど
明日まで待ちます。
けいさんも同じころリンゴを入れられたので
もう出来ているかも、明日確かめてください。
私はキーウィ30個にリンゴ1個ですが
けいさんはキーウィ10個だったと思います
早く追熟しているかも?
今年最初のがちょっと、追熟し過ぎだったので気になります

Posted by sakko at 2021年10月09日 00:06
☆sakkoさん、おはようございます。

シュウカイドウの白は目立たないですけど、紅花の方はとても
華やかな雰囲気ですね♪
雨が多かったのと伸び放題の雑草のせいで草丈が伸びすぎ、
今年は特に行儀が悪くてkiiさんに「切ってもいい?」と
嫌がられています。

サクラタデ、やっぱりそうですか。。。
最初は邪魔にならない所に出てきたので放置しておいたのですが、
あれよあれよという間に大場を取ってしまいました。(^^;)
白花は突然出てきたもので、それはそれで可愛いですけど、やはり
ピンクのほうが好きです♪
シモバシラは霜柱が素敵でしょ!
舐めてみたいと思うんです。(笑)
ミカエリソウにも霜柱ができるのですけど、シモバシラほど見事じゃ
ないです。

キーウィ情報をありがとうございます。
今年はリンゴも高いのかシナノ・・・を見たらとても高価でした。
私は小さい津軽を使い回ししようと。。。
もう出来ているかもですね。
楽しみです♪
食後のキウィは血糖値を上げ過ぎない、そんな効果があるとどこかで
読んだような記憶がありますけど、どうなんでしょうね?
Posted by けい at 2021年10月09日 06:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。