2021年11月10日

キチジョウソウ&十月桜

キチジョウソウ(吉祥草)
キチジョウソウ1
花が咲くといいことがあるといわれる。
花言葉も「吉事」や 「よろこび」、 「祝福」などとめでたい文言
が多い。
別名はキチジョウラン(吉祥蘭)
日本が原産とか。
半日陰や日陰でも育ち、手がかからない。
獣害でいっとき絶えたかに思えたが、復活してくれました!!
キチジョウソウ2
目覚ましい勢いで通路にまで張り出してくれている。
困ったと言いながら、花はとても可愛いし、ヨシとしますか。
この性分が庭中を混乱に陥れている原因なんですよね。
キチジョウソウ3

サクラタデを抜きすぎて減ってしまったと嘆いていたら、今頃
復活してきた。
ぼうぼうの草むらで、、、強いね!
サクラタデ1
秋が深まった庭で、色濃く咲いているサクラタデが美しい。
サクラタデ2

十月桜が咲かないと嘆いていたら、遥か彼方の枝先に咲いている
じゃありませんか。
十月桜
二季咲きの十月桜は春のほうが花数が多いし色も濃いのだけれど、
それにしても寂しい咲きようだ。
もう一株には花の気配もなかった。

三か月ごとの眼科の定期健診で町に戻ってきたのだが、吃驚した。
どうして今頃になってキンモクセイが満開なの!?
キンモクセイが満開
一か月ほど前にチョロッと咲いていたけれど、そのときは、今年
は花数が少ないなぁ、でも、このぐらいの微かな香りのほうがいい
な、と思っていたのだ。
あれは何だったのか。
不順だった気候のせいで開花期が狂って二度咲き?
濃厚な香りにくらくらしている。

白内障に関しては、著しい進行状況を認められないとのことでホッ
としている。
このところ左目がぼやけることが多く、ちょっと気がかりだった。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村
posted by けい at 06:25| 奈良 ☁| Comment(2) | 2021年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
急に冬です。
朝起きたら夜明けに雨が降ったような。
大きな虹が出ていました。
吉祥草の咲く季節ですね。
私のはどうかなと、コメントの途中で見に行ってきました。
まだ咲いて無かったです。
塀の際に植えてあるのですが南天がどんどん増えてしまって困っています
サクラタデも秋色、濃くなりましたね。
十月さくら青空をバックにいいですね
キンモクセイは2度咲く?
チャイブの花はピンクですがもう何年も咲いていません
キーウィの棚の下に植えています

白内障、進んでいなくてよかったですね。
私はこの26日に硝子体内の注射です。
この間から少しずつ見えにくくなっています
パソコンは文字を200倍くらいにしています
新聞が読み辛くスマホは拡大鏡を使ってみています。
4か月〜5か月に一度の注射です。
一回15万円しますが後期高齢者で1割です。
3日前の23日から目薬、一日5回
白内障の手術並みです
嘆いても仕方ないです、頑張ります
Posted by sakko at 2021年11月11日 08:29
☆sakkoさん、おはようございます。

冷え込んできましたね。
山は今日も降ってますよ〜

吉祥草ってどうということのないさり気無い草なのに、妙に
存在感がありますよね。
最初に自生を見つけたときは、信じられない思いでした。

今頃のサクラタデは濃くて美しいですね。
秋の十月桜は寂しげです。

キンモクセイが二度咲くなんて、今まで聞いたことがないです。
それに、町では今が満開なんですよ〜

白内障、左目がぼやけていたので気にしていましたが、白内障自体は
進んでいないそうでよかったです。
目には神経過敏になります(^^;)

sakkoさんは例の硝子体内の注射ですか。
いつも感じているのですが、その準備が大変ですね。
お大事になさってくださいね。
Posted by けい@野迫川 at 2021年11月12日 06:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。