2021年11月13日

懐かしい中学校給食煮込みうどん&お惣菜作り

薪オーブンの天板を利用しないのはじつに勿体ないと、追われる
気持ちになる。
何しろ大鍋4個が余裕で乗るんですもん。
少し早上がりした夕方、お惣菜づくりをする。
炊いてます1

冷凍しておいて小出しにしようと一度に作ってしまう。
合理的といえば聞こえはいいけれど、実際にはずぼら精神が勝って
ます。

賀名生(あのう)の上辻豆腐店で揚げさんを買った折に、おからを
戴いてきた。
大量に煮すぎてしまい困ったことになる。
かき混ぜにくいし、おからは撥ねて周囲に飛び散るし。。。
お惣菜1
横の鍋で煮ているのはひじき。

薪オーブンの天板活用調理は最高だが、一つ困ったことがある。
それは鍋が煤で「まっくろくろすけ」になること。
かなり根性を入れて磨くことになる。(笑)

先日のみどり豆もおからに入れてしまった。
お惣菜2

使い残してしまった豚のミンチを見ながら、そうだ、玉ねぎやニン
ジンのほかに、白菜とナスビ、モヤシがある。
昔を思い起こして煮込みうどんを作ろう。

北海道は帯広の第一中学校時代、今はどうか知らないけれど、その
頃の中学校は給食があったのだ。
ご飯と漬物だけ持参するというシステムだったはず。
給食の中で一番記憶に残っているのが、ミンチと野菜の煮込みうど
んだった。
その日もご飯を持っていったのだろうか、記憶は定かでない。
煮込みうどんと小鉢いろいろ
小鉢は今年最後のきゅうちゃん漬け、ニンジンのナンプラー和え、
ひじきの炊いたん、おからの炊いたん、セロリの胡麻油炒め。
このほかに小松菜の胡麻和えも有ったのだけれど、一緒に撮るの
を忘れていた。(^^;)
セロリの胡麻油炒めとニンジンのナンプラー和え、小松菜の胡麻
和えは、今のところ私の一番の好物です♪


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 16:00| 奈良 ☀| Comment(2) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
薪オーブンは優れものですね。
大きなお鍋が4個も同時に煮炊きできるのですね。
おからや、ひじきなどは一度にたくさん炊いて、小さな容器に
小分けして冷凍庫に。
昼ごはん食べたら晩ご飯のおかずを冷凍庫から冷蔵庫に移しておきます
私の保存食も手抜きのためのものです。
それにしても一番下の写真、美味しいもの並びましたね。
こういうご馳走が一番好きです。
今日は寒いですね。
この秋初のかす汁を作りました。
22cmの鍋に一杯。なんかいたべるの?です。
Posted by sakko at 2021年11月14日 00:16
☆sakkoさん、おはようございます。

煮込みうどんの記事を書いたのはいいのですが、今日upする
予定が、設定を間違っていたようです(^^;)

薪オーブンは熱源確保で威力を発揮してくれるのですけど、私は
メチャ追われる気分です。
だって、、、熱源が勿体ないですものね。

sakkoさんも多めに煮て小分けして冷凍庫へ、やはり一緒
ですよね。
もっとも、sakkoさんの「多種類」には到底及びませんが。。。
小鉢にいろいろ並ぶと、メインは無くても豊かな気持ちになります。
メインは手抜きしていたりして。(笑)
Posted by けい at 2021年11月14日 08:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。