2021年11月29日

ナメコ鍋と鍋焼きうどん

日が落ちると一気に冷え込む。
そうなると「今夜は何を食べようか。。。」などと考えるまでも
なく、有り合わせの鍋が登場する。

不作なのか、もう榾木の寿命が尽きたのか、このところキノコの
収穫が思わしくない。
すっかり諦めていたのだが、思いがけず僅かだがナメコが採れた。
ナメコ

そうだ、ナメコ鍋にしよう。
ナメコ鍋1
相方は鶏の摘み入れと豚の薄切り肉。
ナメコは勿論だが、キクナと白ネギがとても美味しかった。
ナメコ鍋2
温もります。

一昨日は鍋焼きうどんだった。
鍋焼きうどん1

食べかけて気が付いた。
味噌煮込みうどんにするつもりが、いつの間にか鍋焼きうどんに
なっていたのだもの。(^^;)

ところで、先日来、庭の渋柿が熟すのを心待ちしていた。
渋柿1
木で熟した渋柿は、上品な甘みがありじつに美味しいのだ。

もう採り頃だろうなと木を見て吃驚した。
渋柿2
何にもない!!

カラスの仕業だろうか。
「だから網を被せておかなきゃダメだって言ったでしょ〜」
村の知人は笑うだろうなぁ。

少し離れた場所に、、、
渋柿2
枯葉に埋もれるようにして落ちていた柿が一個。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 06:56| 奈良 | Comment(2) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今朝は薄氷が張り、畑のピーマンは霜で駄目になりました。
暖かいお鍋の季節です
自家製のキノコ、いいですね。
鍋焼きうどんも具たくさんですね。
暖かいのが一番ですね。
渋柿、残念でしたね
彼らはよく見ていますよ
硬い間はやってきません。
柔らかくなる寸前に収穫して、熟すのを待つのが一番ですが
それが難しいですね
Posted by sakko at 2021年11月29日 23:31
☆sakkoさん、おはようございます。

一気に冬、ですね。
ログハウスって一度暖房を落とすと丸太の芯まで冷え切って
しまうのか、また温もるまでに時間がかかるので参ります。
その代わり、いったん暖まると天下無敵のじんわり感なんですけどね。

この季節、鍋がいいですよね。
滋養満点のスープとおかずが一度に作れてしまうのが最高です。
私も当分は一人鍋を楽しむことにします。

カラスね、怪しからん奴らです!
もう少し、もう少しが仇になりました。
来年は熟しかけたら摘んでしまいます。
富有柿と渋柿の熟柿は味わいが違いますものね。
ほんとうに残念です。
Posted by けい at 2021年11月30日 07:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。