2023年06月23日

英彦山ヒメシャラや桃色ナツツバキ、カルミア

樹高が高いので株元にに落ちている花柄を見つけて、アッ、咲いて
る!!と気づく。

敷地内にはツバキ科ナツツバキ属の樹木が四種あるのだが、(ナツ
ツバキ四株、英彦山ヒメシャラと桃色ナツツバキが各一株、ヒメ
シャラが二株、ヒメシャラはただいま養生中につき開花までには
至っていない)中でも英彦山ヒメシャラは大好きな木だ。
名前の由来は九州の英彦山からとったもの。
ヒメシャラと名付けられているが、花はヒメシャラよりも大きく、
ナツツバキより少し小振りといったところか。
英彦山ヒメシャラ1

英彦山ヒメシャラ2
ぷっくりとした姿は何んとも愛らしい。

桃色ナツツバキはたくさんの花を咲かせているが、今年は色が浅い。
桃色ナツツバキ1

桃色が花弁の縁に濃く出るはずなのだが、天候のせいだろうか?
桃色ナツツバキ2

ナツツバキ系の中では英彦山が一番開花が早く、次いで桃色ナツ
ツバキ、最終がナツツバキになるのだが、ナツツバキはまだ蕾の
状態。

カルミア、ツツジ科 / 別名アメリカシャクナゲ
品種名はもう定かでない。。。
何種かあったのだが、濃いのと薄いのと、この二種だけが残った。
カルミア1a
蕾の状態が金平糖のようでとても可愛い。
カルミア1b

こちらは濃いめのカルミア。
カルミア2
濃いほうがインパクトがあるかも。。。


♪ランキングに参加しています。
クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 15:05| 奈良 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 2023年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カルミヤの花、可愛いですね。
今年も咲きましたね。
ヒメシャラやナツツバキも花盛りですね。
これらの木も剪定されるのですか。
我家は数少ない木ですが、その剪定に困っています。

バラも色々植えて居られるのですね。
何回かバラの苗木を買ったのですが
直ぐ、虫にやられてしまいました。
今は昔から(義父が居た頃から)ある、赤いバラとピンクの
二株だけです。
虫も余り来ず、病気もしません。
野性的な強い品種なんでしょうね。
Posted by sakko at 2023年06月24日 23:37
☆sakkoさん、おはようございます。

この数日、パソコンが絶不調でカメレスになりました(^^;)
まだ調子は悪いのですが、遅いものの何とか書き込みはできるようで。。。

カルミヤは金平糖の頃が可愛いですよね。

木々は自然樹形でありたいのですが、さすがにのびのびしすぎでは困った
問題もでてきますね。
樹高が高いので大変ですよ〜!

バラは苦手です。
いっとき填まってたくさんの苗木を植えこみましたが、残ったものは
少ないです。
今はあるものだけを育てているという状況です。
薬剤を使わないバラ育ては難しいですね。
Posted by けい at 2023年06月27日 08:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック