2024年05月12日

シロヤマブキ、レンゲツツジや、伐採計画のこと

シロヤマブキは弱ってくると跡継ぎを残すのかな?
本体は後継者を二株残して枯れてしまい、これはその大きい方。
シロヤマブキ1

シロヤマブキ2
小さな黒い実は昨年のもの。
これが飛んで芽を出す、、、にしては、実の成りに比べると芽出し
が少ない。

レンゲツツジ
レンゲツツジ1

レンゲツツジ2
一昨年の雪折れ以来、このレンゲツツジも下の画像の西洋シャクナ
ゲもダメージがきつい。
西洋シャクナゲ

本シャクナゲに至っては、雪折れプラス日照不足もあり花もまばら
にしか咲かず、色も浅く可哀そうな有様だった。

ミツバウツギ
ミツバウツギ
食べられるそうだけれど、我が家では花木。


一昨年の冬は積雪で傷んだ木々が多かったのだが、その上に、周辺
の木々が大きく陰を作り、回復しないどころか瀕死の状況のものも
多い。

開拓を始めた頃は、老いることを考えるにはまだ早かった時期。
先を見通すことなど思いもよらず、町の庭では主木になるであろう
木々を植えすぎた。
今、伐採計画を巡らせているが、伐りたいけれど伐れないという
悩み多き日々を過ごしている。

ズミ
ズミ
灰緑色の新緑が美しい木だ。
もう10メートルにはなっているだろうか。。。

本体のクラブアップルは枯れてしまい、台木が成長してボコボコ
生えてくれる困りもの。
クラブアップルの台木

ヤブデマリ
ヤブデマリ1 ヤブデマリ2

カンボク
カンボク

伐採計画に上がっているのはまずはこの四種。
自生を大事にしてきたが、ズミ、ヤブデマリ、カンボクなどの近隣の
山にあるものは伐ってヨシと思い切ることにする。

他に上がっているのは、ナツツバキ、エゴ、ツバキ数種、マユミ
三株、クリスマスホーリーに大葉クロモジ、タムシバ、オトコヨウ
ゾメ、メグスリノキ、シロモジなど。
さて、いかなることに相成りましょうか。。。


♪ランキングに参加しています。
クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 15:40| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2024年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日は一日中雨でした。
寒かったですよ。
けいさんの所は未だ未だ花の写真が続きますね。
ツツジ、以前は私の辺りでもよく見かけましたが
最近、余り見かけません。
どの家もお庭が狭くなったのかな?
今は白い花が多いのですね。
緑と白、そして青空、良い景色ですね。
でも、伐採の計画ですか
Posted by sakko at 2024年05月13日 20:28
☆sakkoさん、こんばんは。

山のツツジはまだ咲いていませんが、一足お先のレンゲツツジです。
葛城山の山ツツジは有名なのだそうですね。
写真でしか見たことはないのですが。

伐採計画が浮上しています。
大きな木ばかりで陰が多すぎるんです。
年を取ることなどまったく考えずに、植え過ぎました。😥
Posted by けい at 2024年05月14日 20:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック