2021年11月27日

薪材の最終搬入

一か月以上掛かった薪材の搬入がやっと終わった。
これが最後の50枚。
薪材最終搬入
毎回70枚ほどを積んで山入りしていたのだけれど、ずっとこれに
かかりっきりというのがきつかった。
他の事は何もできないし、kiiさんの膝の手術が月末に迫ってい
るしで、少々焦ってもいたのでホッとしている。

30センチ長にカットして積み上げ、完了!!
カット1

カット2
デッキの下に前後三列に積み上げた薪は壮観。


伐採した杉は放置したままで冬を越してしまうが、来年の薪作り
のために葉枯らしにしているのだと思うことにしよう。
玉切りを待つ木1

引き出したままで玉切りを待つ杉。
このままで越年です。
玉切りを待つ木2
杉が視野に入るたびに、ため息をつきたくはなるのだけれど。。。


経年劣化で朽ちてしまった、入口の垣を補修している。
補修工事
業者さんに来てもらうことが簡単ではない山奥の暮らしでは、何事
も自分でこなさなくてはならない。
大工仕事や水道工事全般、土木作業などはもうお手のものだ。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 09:00| 奈良 | Comment(1) | 薪オーブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月22日

薪材搬入&カメムシ出たぞ!

もう三度目の薪材搬入。
だんだん置き場所が狭まってきたので、下ろす端から30センチの
長さに切っていく。
薪材のカット1

薪材のカット2

確かに、長いままで積み上げるよりはロスが少ないかも。。。
積み上げた薪

中断している杉丸太の搬出や玉切りよりも、楽しげに見えるkii
さん。
チェーンソーよりも電ノコのほうが好きなのかな??


勝手に蛍光灯にぶつかって臭気をまき散らしているカメムシ。
もうログハウスの中に入り込んでいる。
昨年からカメムシが異常に多い気がする。
越冬部隊のテントウムシは歓迎すべき存在だけれど、カメムシは
遠慮してほしい。
昨冬は調理したものに付着したカメムシに気づかず噛んでしまい、
それも二度もだ。。。
何とも言えないあの悍ましさは、体験したいものではない。
「再びは絶対にゴメンだ!」と早速カメムシ捕獲器を作る。
カメムシ捕獲器
大量のカメムシ相手にガムテープではコストが高くつきすぎるので、
ペットボトル利用のこの捕獲器はとても重宝する。

一気に晩秋の気配が漂い始めたような山の庭では落葉が盛ん。
鳥たちの姿がよく目につくようになってきた。
ヤマガラ


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 15:59| 奈良 ☁| Comment(2) | 薪オーブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月18日

薪材の搬入と薪オーブン、手こね寿司のこと

先日木切れをたくさん運び込んだが、新たに出てきた廃棄材も頂け
ることになった。
早速第一陣の搬入。
板材搬入1
60〜120cmの板は、90〜120cmが一番多く、結構重い。
今回は70枚を搬入した。
使用済みのものなので土や粘土、モルタルなども付いているが、
掻き落とせばどうということはない。
乾いているので、薪オーブンの稼働には大いに役立ちそうだ。

薪材搬入2
搬入を待ち構えている薪材の第二陣。
厚みが3センチもあるので、綺麗なものはミツバチの巣箱作りにも
使えそうだというのが嬉しい。
当分、山入りの際にはこの板材がお供になりそうだ。

一桁気温はもうすぐかなと思っていたら、今朝は一気に5℃まで
下がった。
外気温

ついに薪オーブンが稼働。
薪オーブンの稼働
昨年の稼働開始が11月1日だから今年はかなり早い。
今年の冬はオーブン料理が多くなりそうな予感。

本日の夕食の一品は久々のカツオのてこね寿司。
kiiさんの生まれた地、三重県志摩の名物料理だが、このところ
ご無沙汰していた。
てこね寿司
ご飯としては勿論だが酒の肴としても最高の一品。
青紫蘇が僅かしかなかったので、あり合わせの三度豆も利用したが、
これが思いがけなくピッタリで、大発見や〜〜
食するのに忙しくて、盛り付け画像を撮り忘れた(^^;)

久々のてこね寿司はとても美味しくて、堪能した。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 07:47| 奈良 | Comment(2) | 薪オーブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月18日

再び、パンを焼く

「明太子パンが食べたいなぁ」と口癖のように言う連れ合いだが、自分
でこねて焼いてみようという気はさらさら無いようで、私は本整理の
キリが付かないとそれどころではなく聞き流していた。
ようやく時間が取れるようになり、「お待たせしました!!」

kiiさんは明太子パンが目の前にちらつくのか、薪オーブン用の薪を
運び込んだり、甲斐甲斐しくあれこれ手伝う素振りを見せたり、ルンルン
している。

私のパン作りはまったくの自己流。
習いに行けばしっかりと作ることができるのだろうが、そんな時間も生み
出せず、、、
でも、慣れてくるとそれなりにまとまってくるのが不思議です。
「その道の方たち」は素人のしていることだと見過ごしてください。
パン焼き1

「いい色に焼けてきたね!」
温度管理はkiiさんの役目。
パン焼き2
薪オーブンの前って暖かで気持ちがいい♪

我が家はどちらかというと、フワッとしたパンよりもハード系の食事
パンのほうが好き。
それも全粒粉入りが好みだ。

最初は懸案の明太子入りとロングソーセージ入り。
パン焼き3
形状には難ありだけれど、美味しそうに焼きあがった。

チーズ入りとベーコン+ほうれん草入りというのも作ってみた。
形が少しマシになってきた。(笑)
パン焼き4
コロンとしているほうは、椎茸の粉末とクルミが入っている。
椎茸の粉末は先の記事の「高野豆腐のブレンド粉」を作る際に、多めに
作り置いてあった。

どれも甲乙つけがたく美味しいのだが、一番好きなのは椎茸粉とクルミ
入りかな。
慣れてくれば、だんだん形よく早くできるようになるだろう。

今年こそ石窯を作ろうと、設置場所を模索しているkiiさんに、期待
している。
石窯でピザやパンを焼いたらどんなだろうかと、ワクワク。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 07:53| 奈良 ☔| Comment(2) | 薪オーブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月04日

薪オーブンを掃除してピザを焼く

薪オーブンがかなり煙るようになってきたので、暖かな日中を選んで
庫内と煙突の大掃除をした。
薪ストーブと異なりオーブン内は複雑な構造なので、そのせいか煤が
よく溜まるのだ。
薪オーブンの掃除
この冬はコロナの影響もあり山ごもりの日が多いので、薪オーブンで
暖をとることも多くなり、そのせいもあるのだろう。
まっくろくろすけになってkiiさんは煤の掃除である。

「薪オーブンが綺麗になったからピザを焼こうよ!!」とkiiさん。
まぁ、たまにはご要望にお応えしましょうか。
私としてはどちらかというとパンのほうが好きなんですけどね。
ピザ焼き中
美味しそうに焼けてきたよ。

タバスコは赤と緑の二種類を振りかけて、さぁ、いただきます!
ピザ
今回の生地にはちょっと工夫があり、ふんわりやわらか。
今までクリスピーが好みだったが、このほうが好きかも!

本のクリーニングと整理はまだまだ続いている。
絵本が完了してようやく児童書に取り掛かったところだ。
本だな整理整頓中
児童書がこれまた多い。
「この本どんな内容だったけ」「アレッ、この本読んでないよ」
そんな本も多く、つい途中下車を決め込むのでなかなか進まない(^^;)
絵本の途中下車と違い、児童書は時間が掛かるのだ。

しかし、、、
児童書って比較的字が大きいし、行間もゆとりがあって読みやすいね。
内容もいやいや、どうして、子供向けといっても決して迎合していない。
特にヤングアダルト向きの本などは内容的にもとても優れている。
児童書は年寄りにはじつに優しい本なのだと、今回つくづく感じたのだった。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 10:03| 奈良 ☀| Comment(4) | 薪オーブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月08日

薪オーブンが大活躍

我が家の薪オーブンはオーブン機能は勿論だが、その天板の活躍度も半端で
はない。
今日は頑張って作ろう、、、そう思いつつなかなか始動できなかった私だが、
凍み豆腐と柿ジャムに冷凍庫を占拠されつつあり、ようやく動き出した。

広い天板に大鍋三つと薬缶を二つ、小鍋ならまだ余裕がある。
オーブン機能も使いたいところだが、そこまで手が回らないので今回は天板
を優先している。
薪オーブン稼働中

ひと月ほど前に、たまに行く鮮魚店でホタテのヒモを見つけたkiiさん。
その喜びようときたらなかった。
大好物だものね。
ホタテのヒモ1

いつも行く堺・大浜の魚市場で勧められたのが助子の樽入り。
「年末になるとメチャ高価になるし、今がお買い得だよ」
保存方法を教えてもらい、冷凍庫で寝かせてあった。
助子
確かに。。。
年末の助子の高価さは半端ではなかった。
何故年末に重用されるのか、縁起がいいのか、そこのところは定かではないが。

天板の上に置いてある鍋の中身は。。。
「チリメン山椒」
チリメン山椒

「ホタテのヒモの甘辛煮付け」
ホタテのヒモ2

「助子とコンニャクの炊いたん」
助子とコンニャクの炊いたん
「助子とコンニャクの炊いたん」は私たちもそうだが、娘の大好物。
年末には炊いて宅急便に入れたかったのだが、間に合わず今になった。

この煮付けには突きコンニャクを使うのだが、最近は突きコンニャクを置い
ている店舗が少なく、仕方なく美味しいと思われるコンニャク4丁分を下ご
しらえして刻む。
その手間が一番大きかったかも。

こうしてみると、茶色いものばかりだけれど。

発送用の煮炊きが終わったら、天板をまだ利用して再びの柿ジャム作り。
柿ジャム1

保存は冷凍庫で。
柿ジャム2
すぐに食べる分は保存容器に入れるが、置いておくものはこれが一番嵩が少
なくていいように思う。

塩とレモンを入れただけの柿ジャムが娘にも好評で、つい嬉しくなってまた
作りたくなる。

さて、今日はまたまたの柿ジャム作りの傍らでサムゲタン風のスープでも作ろ
うかな♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 06:50| 奈良 ☁| Comment(2) | 薪オーブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

再びのもちふわドデカパン

もちふわドデカパンの第二弾。
まだ慣れていないので基本には忠実にしながら、それでも少しずつカスタマイズ中。

前回よりは成形も慣れてきたかな、見た目が少しいいでしょ。
もちふわドデカパン2
セサミと明太子。

ホウレンソウとベーコンのソテー入りパン
もちふわドデカパン1

こちらは黒白の蒸し大豆入り
蒸し大豆入り

これはピザ風
もちふわドデカパン4

シーチキンと玉ねぎのパン
もちふわドデカパン3
シーチキンと玉ねぎをマヨネーズであえて、粒胡椒たっぷりの大人の味。
これが最高においしかった!!
しっかり填まってしまったのだ。。。

腹持ちがいいし、焼きあがったものは冷凍しておけるから嬉しい。
さて、今日も生地作りをしよう。
今度の具は何にしようかなぁ。

posted by けい at 06:20| 奈良 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 薪オーブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

薪オーブンの稼働、キウィやカリンのこと

Kiiさんが少し多忙だったので冬支度が遅れている。
薪オーブンの整備や薪の準備も後手後手になっている。

ファンヒーターでやり過ごしていたが、午前6時の気温が2℃になり、流石に慌てた。
午前6時

薪オーブンの掃除をして
薪オーブンの掃除1

薪オーブンの掃除2

やっと稼働した。
薪オーブン稼働
遠赤外線効果なんだろうか、じんわりと暖かい。

天板で沸かしたお湯で作る焼酎のお湯割りはなかなか冷めず、味わいもまろやか
なのが不思議だ。

カリンを摘み終えた。
カリン
ただいま追熟中、いい香りがログ内に漂っている。

大きいものから小さいものまで今年は見事に不揃いだが、数は多くこれだけで
89個。
上の枝は取り難くて残したままだが、まだ10個以上は残っている。
鳥さんたちへのプレゼントにしたいが、不味いのか、彼らもカリンだけは突こうと
しない。

これだけ漬けるとなるとリカー用の焼酎は何本要るだろうか。
昨年は不作で漬けられなかったので、できるだけ多く作りたいとは思うが。

古傷の喉の左側が炎症を起こし、一昨年のカリン酒を出してきて、今年はもう早や
お世話になっている。


知り合いからのいただきもの。
「レインボー レッド」といって、これもキウィなんですって。
キウィ

キウィとは思えない不思議な味わいでとっても甘い。
綺麗でしょ♪
キウィ
味見用の3個を出して残りは娘宅への宅急便に入れたが、美味しいと喜んでいた。

苗木は一本8000円ほどするそうな。
産地は静岡や福岡で暖かい場所らしいから野迫川では絶対に育てられないだろう。

せめてゴールデンキウィだけでも育てたいと思うのだが、ゴールデンの苗木もまだ
高めなので、寒さに耐えられるかどうかを考えると躊躇してしまう。

posted by けい at 16:01| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 薪オーブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

薪オーブン稼働中(2)

娘宅を含めて最近のマイブームは、スペアリブの煮込み、イカジャガ、イカメシ。
すぐに飽きてしまうだろうと思いきや、なかなかの好評につき再びの登場になった。
イカジャガはさっちゃんの要望なのだが、これって渋すぎない??

じつは、宅急便を仕立てるために一気に調理することはかなり面倒である。
プラス、同じものを作ることに飽きているものが一名。(笑)
それでも、待っているであろう孫たちの顔を思い浮かべるとなんのそのという気持
になるもの。
全体に今までの量よりもかなり多いので味の調整にひと苦労した。

いか飯
20パイのいか飯は壮観である。
「最高の出来だね!」と絶賛するKiiさんの声にも、「ほんとかなぁ?」と。。。

お惣菜各種
いか飯、イカジャガ、スペアリブの煮込み。
スペアリブは2.8キロを一気に煮込んだ。
緑色の豆類はイカジャガの彩り用。

ホタテのヒモもマイブーム。
揉んで洗って、でも、ぬるみを取りきってしまうと美味しくないし、かといって
残しすぎると口当たりが悪くて不味い。
そこのところがなかなか難しいのだ。
ホタテのヒモ
煮付けてお弁当のお菜や酒の肴に重宝する。

一部を薪オーブンで干してみたらこれがまた絶品の旨さで、またまた
填まってしまった。
ホタテのヒモ

ところで、とろろ焼き。
前回はネギと紅ショウガだけだったが、そこに桜エビを入れて焼いてみた。
とろろ焼き とろろ焼き
これって最高だわ!!

posted by けい at 07:49| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 薪オーブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月21日

薪オーブン稼働中(1)

冬場は薪オーブンでの暖房が主流の我が家。
ということは、天板のみならずオーブン機能も常にスタンバイなのだ。
熱源は目いっぱい利用しなくてはという、強迫観念に駆られてしまう私である。
オーブン料理はあれこれと極めてみたいものだが、これが今まで私の苦手分野
だったもので構えてしまい、学習は思うように進まない。

久しぶりのグラタンはホウレンソウと鶏肉、きのこ。
グラタン
今度は海鮮もいいねとKiiさんには好評だった。

おやつには焼き芋。
焼き芋

「オーブン機能をもっと利用しなくちゃ勿体ないよ」って、言うかなぁ。
ズッキンと来るのに、そんなこと。

少し忙しモードに入るKiiさん。
キリがついて休めるようになったら、ケークサレのオンパレードといきたいものだ。

posted by けい at 20:42| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 薪オーブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

この冬最初のピザ屋さん

年末までの二か月間は多忙のうちに過ごしていたので、山の家でゆっくりする
時間がとれず、薪オーブンが稼働し始めたら孫たちに届けていたピザはずっと
お預けになっていた。
2日、Kiiさんの作業開始に合わせて、私はごそごそピザの具を作り出す。
ピザの具を作る
子供たちのリクエストはキンピラ、ポテトサラダ、レンコンが各一枚、ミックス
ピザが二枚。
まずはポテトサラダときんぴら作りだが、多めに必要なので結構大変。
それ以外のトッピングのいろいろも用意するのだが、暫しご無沙汰していたピザ
焼きなので手順がメチャクチャ。
鶏そぼろやトマトソース作りの頃になるとこれはもう間に合わないと、Kiiさん
が助っ人に入る。
レンコンには鶏そぼろを組み合わせてみようと、発案者はKiiさん。

午後6時からピザ焼き開始。
二時間もあれば我が家の二枚も入れて全部終わるしと、気楽に構えて一枚目は
すんなり美味しく焼けた。
ピザ一枚目
う〜〜ん、いい匂いだ!!

ところがである、一枚焼いては温度を上げるその待ち時間の長いこと。
こんなことは初めてで、結局10時過ぎまで掛かり疲労困憊の二人。
焼き上がったピザ
約束の枚数は何としても焼かなくては、との思いだけで頑張ったのだ。

翌朝、冷えている間に薪オーブンを点検したKiiさん。
熱をオーブンに回す煙道が煤で細っていたのが原因かなとのこと。
この冬、薪オーブンに火を入れてから以降、オーブン部分を利用することは
少なかったが、冷えている室内に暖気を早く取り入れたいとオーブンに熱を
回し開放にしていた、それぐらいでこんな現象が起こるものだろうか、その
間に燃やした薪の種類にも原因があるのか。。。
まぁ、早めに掃除をしなくてはいけないだろう。

宅急便を仕立てて発送して、これで約束を果たせたねと安堵する。

この正月休暇には凍み豆腐作りも。
凍み豆腐作り

凍み豆腐作り
御影石のカットサイズが丁度手頃な重しになった。

凍っては融けを数日繰り返して、そろそろ美味しそうな凍み豆腐になってきた。

ラベル:ピッツァ
posted by けい at 11:23| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 薪オーブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

シラスピザ、登場

前回は大量に焼いて少しくたびれたから、今回は5枚ぐらいにしよう。
私たちの口に入るのは残り物一掃ピザというのが定番なので、きちんとした
ピザを焼いて食べよう!
一応はそういことを考えつつ食材を用意していたつもりだったが。。。

トマトソースを作るのは最近kiiさんの役目。
トマトソース
うまい具合に仕上がった。

どうせ焼くなら何枚かは子供たちに送ろうか。
どうせ送るなら宅急便代を最大限利用しなくてはもったいないよね。

結局焼いたのは9枚。
ミックスが3枚、シーフードが2枚、ポテサラ2枚、そして新手が2枚。
「そうなると思ってたよ。前回より二枚少ないだけじゃないの」とkiiさん。
ピザ
腰をさすりながら終わった、終わった!!

ところで新手の二枚だが、これがまた出色の出来だった。
娘のレシピからヒントを得て、レンコンやサトイモはスライスして茹で、シラスと
トッピング。
大人用には山椒の佃煮も乗せるがこれがまた抜群に合う。
焼き上がりに刻み海苔を散らして。。。
レンコンとサトイモとシラスと山椒のピザ、、あぁ、ややこしい。
簡単に呼んでシラスピザ、これ病みつきになりそうです!!

ラベル:ピザ
posted by けい at 09:55| 奈良 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 薪オーブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

ピザを焼く

根性だして頑張りました。

強力粉4キロ、チーズ3キロ。。。
焼き方を請け負うkiiさんも大変だけれど、練りまくる私も力が尽き
そうになった。
ホームベーカリーだと生地は簡単にできるよとは知人の言葉。
道具の力も借りたいけれど、4キロを練るのにかかる時間を考えたら
ホームベーカリーよりは手ごねのほうが早い??
もう少し手早く大量にできるものがあればと模索している。
ピザを焼く

この大きさで11枚は壮観でしょ。
ピザを焼く
うち6枚は娘宅へ。。。

今回はボイルしたレンコンスライスに山椒の実の佃煮をトッピングするという
試作品を作りたかったのだが、力尽きて次回に持ち越しとなった。
レンコンスライスに山椒の実の佃煮、アカイカなども添えたら美味しいかも。
何が合うと思われます??

夕方から別荘地の知人宅で新年会。
新年会
寛いで過ごさせていただいた。
ありがとう!!

ラベル:薪オーブン ピザ
posted by けい at 19:20| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 薪オーブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

レンコンとチーズの不思議な関係

雪と寒さに閉じ込められたらどうする?
薪をゴンゴン燃やさなきゃ、ログの中はまるで冷凍庫。
薪を燃やすなら暖房と熱燗だけというのも勿体ない。
ピザでも焼かなきゃね。。。

今回は娘のリクエストに応えて、試作品のレンコンピザ。
レンコンピザにポテサラピザ
鶏ムネ肉のそぼろにレンコンをトッピングしたが、これが実に美味しい。
目からウロコのレンコンピザに、「何で!?」「うそ!!」「信じられない!!」
キンピラも美味しいが、それよりも数段上かも。
我が家のイチオシとして躍り出たレンコンピザである。
娘一家の希望通り、キンピラとポテサラも。
キンピラピザとレンコンピザ

凍み豆腐も作って埼玉への荷物の中へ。
凍み豆腐
寒さが厳しいせいで、今回の凍み豆腐は最高の出来だった。

水が止まって不自由だけれど、開拓の当初はこうだったのだものね。
寒さを愉しむ。。。その気持ちをこのところ忘れていた。
でもこれって、負け惜しみ半分かな?(笑)
posted by けい at 20:22| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 薪オーブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

ピザを焼いてます!

今年初めてのピザ焼きに薪オーブンがフル稼働。
10枚が目標だけれど根気が続くかどうか、危うい。

一枚につき250度10分が目安だから計100分といいたいけれど、
生地を伸ばしてトッピングして温度を上げて。。。思うようにはいかない。
焼くだけで毎度3時間コースだから、もっとスピードアップしたいと思うが
なかなか。

今日は午前中にブルーベリー救出作戦でヘロヘロになり、午後からごぼうと
人参のきんぴらやポテトサラダ作り。
孫たちのためでなけりゃしないわね、こんなこと。
材料いろいろ取り揃え。

頑張っている薪オーブン

シーフードミックス

シーフードミックス
シーフードはエビとアカイカのエンペラーがメイン。
いつもと代わり映えしないけれど、シーフードときんぴら、ポテサラは
リクエスト。
私たちの夕食もそのうちの一枚を摘まむつもり。

きんぴらとポテトサラダ。
きんぴらとポテトサラダ

今回はきんぴらを多くとのこと。
どっさり作ったごぼうと人参のきんぴらもすっかり無くなった。
07.jpg
ベースにはいつものガーリックオイルともう一枚、トマトソースも使ってみた。
はたしてどちらが好みだろう。。。

ただ今8枚目が焼きあがり。
・・・もうアウトだわ。
posted by けい at 19:30| 奈良 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 薪オーブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする